DMOS-ASIC

DMOS-ASIC

DMOSの構造

DMOSとは、Double-Diffused MOSFETの略称です。DMOSは、一般的なバイポーラに比べて、ベース電流が必要ないため、高耐圧・大電流を実現しながら、低消費電力を実現するトランジスタです。 エプソンでは、このDMOSプロセスにてASIC製品を展開しております。DMOS-ASICは、基板の面積を占有している電力用半導体素子、専用IC、高耐圧・電流部を1チップ化することで、部品点数削減・省電力化・故障率低下を可能にするセミカスタムICです。用意されたIPを組み合わせることにより、フルカスタムICに比べ開発期間の短縮、開発費の削減が可能になります。

製品コンセプト

製品コンセプト


提供する価値

DMOS-ASICがするする価値

DMOS-ASICに関する詳細資料

「DMOS-ASIC」の詳細については、下記の「DMOS-ASICの詳細資料」をご確認ください。


DMOS-ASICの「S1X8H000/S1K8H000シリーズ」
概要・仕様・システム構成例がわかるPDF詳細資料

高耐圧・大電流対応DMOS+ASIC IP仕様とソリューション案
DMOS-ASICの概要、IPロードマップ、仕様、システム構成の例(外付けディスクリートを取り込む例、小型化を必要とする製品構成の例、バッテリー駆動を有する製品構成の例、IO-Linkシステム構成例、BLDCモータ制御システム構成例)をご紹介したPDF資料です。