製品OS対応情報

型番検索

複合機(レーザー/LED) ドライバー
Mac OS X® v10.5 "Leopard" 対応表


Mac OS X® v10.5 "Leopard" での全般的な注意点
( 3 ) AppleTalkには対応しておりません。

表の見方

表示欄 意味 凡例
OS対応
その製品が各OSで使用できるかどうかを示しています。また、対応している場合、使用するドライバーの種別を表示しています。
◎:EPSON製ドライバーにて対応します。(※)
○:OS添付のドライバーにて対応します。(※)
-:非対応です。
接続対応詳細
各インターフェイスごとの対応可否を示しています。
◎:標準対応しています。
○:オプションにより対応します。
-:非対応です。
(※)接続方法によっては、対応しない場合もあります。詳しくは、下表の接続対応詳細でご確認下さい。
   最新のドライバーはダウンロードページにてご提供しております。

OS対応表

2014年9月2日現在
機種名 OS対応 接続対応詳細 備考
USB TCP/IP FireWire Bonjour
(Rendezvous)
LP-1000 - - - - -
LP-1200 - - -
LP-1300 - - -
LP-1300U - - -
LP-1400 - - -
LP-1500 - - - - -
LP-1500ART - - - - -
LP-1500C ○※3 - - ※8
LP-1500S - - - - -
LP-1600 - - - - -
LP-1700 - - - - -
LP-1700S - - - - -
LP-1800 - - - - -
LP-1900 ○※3 - -
LP-1900N ◎※3 - - ※8
LP-2000 - - - - - ※8
LP-2000C ○※3 - -
LP-2000LT - - - - -
LP-2200 ○※3 - - ※8
LP-2400 ○※3 - - ※8
LP-2500 ○※3 - ※7
LP-3000 - - - - -
LP-3000C - ○※3 ○※4 -
LP-6100 - - -
LP-7000 - - - - -
LP-7000C ○※3 - ※7
LP-7000G - - - - -
LP-700W - - - - -
LP-7100 - - -
LP-7500 ○※3 - - ※8
LP-7700 ○※3 - - ※8
LP-7800C ○※3 - - ※8
LP-7900 ○※3 - ※7
LP-800 - - - - -
LP-8000 - - - - -
LP-8000C - - - - -
LP-8000CPS - - - - -
LP-8000S - - - - -
LP-8000SE - - - - -
LP-8000SX - - - - -
LP-800S - - - - -
LP-8100 ○※3 - - ※8
LP-8200 - - - - -
LP-8200C - ○※3、※5 ○※4 -
LP-8200CPD - - - - -
LP-8200CPS - - - - -
LP-8200PS2 - - - - -
LP-8300 - - - - -
LP-8300C - ○※3 ○※4 - ※8
LP-8300CPD - ○※3 - - ※6
LP-8300CPS - - - - -
LP-8300F - - - - -
LP-8300S - - - - -
LP-8400 - - - - -
LP-8400F - - - - -
LP-8400FN - - - - -
LP-8400FX - - - - -
LP-8400FXN - - - - -
LP-8400PS3 - - - - -
LP-8500 - - - - -
LP-8500C - ◎※3 ○※4 -
LP-8500CPD - - - - -
LP-8500CPS - - - - -
LP-8600 - - - - -
LP-8600F - - - - -
LP-8600FN - - - - -
LP-8600FX - - - - -
LP-8600FXN - - - - -
LP-8700 ○※3 - - ※8
LP-8700PS3
(ESC/Pageモード)
- ○※3 - - ※8
LP-8700PS3
(PostScript)
- - - ※6
LP-8800C ○※3 ○※4 - ※8
LP-8800CPS - - ※6
LP-8800CSM - - - -
LP-8800CSR - - - -
LP8800CSR2 - - - -
LP8800CSR3 - - - -
LP-8900 ○※3 - - ※8
LP-900 - - -
LP-9000 - - - - -
LP-9000B ○※3 ○※4 ※7
LP-9000C ○※3 ○※4 ※7
LP-9000CPL - - ※6
LP-9100 ○※3 - ※7
LP-9100PS2 - - - - -
LP-9100PS3 - - ※6
LP-9200 - - - - -
LP-9200B ◎※3 ○※4 ※7
LP-9200C ◎※3 ○※4 ※7
LP-9200CPL - ※6
LP-9200PS2 - - - - -
LP-9200PS3 - - - - -
LP-9200S - - - - -
LP-9200SX - - - - -
LP-9300 - ◎※3、※5 - -
LP-9400 ○※3 - ※7
LP-9500C ○※3 ○※4 ※7
LP-9500CPS - - ※6
LP-9600 - - ◎※3、※5 - -
LP-9600S - ◎※3 - - ※8
LP-9600SPD - - - ※6
LP-9800C ◎※3 ○※4 ※7
LP-9800CPL - ※6
LP-S100 - - -
LP-S1100 - ※10
LP-S120 - - - ※13
LP-S2000 ○※3 -
LP-S210 - ※10
LP-S2200 ○※3 -
LP-S230DN - ※13
LP-S230DW - ※13
LP-S300 - ※10
LP-S3000 ◎※3 -
LP-S3000PS - ※6、※9
LP-S300N ◎※3 - ※7
LP-S310 - ※10
LP-S310N ◎※3 - ※7
LP-S3200 ◎※3 -
LP-S3200PS - ※6、※9
LP-S3250 - - - - -
LP-S3250PS - - - - - ※9
LP-S340D - - -
LP-S340DN -
LP-S3500 ◎※3 - ※7
LP-S3500PS - ※6、※9
LP-S3550 - - - - -
LP-S3550PS - - - - - ※9
LP-S4000 ◎※3 - ※7
LP-S4000PS - ※6、※9
LP-S4200 ◎※3 - ※7
LP-S4200PS - ※6、※9
LP-S4250 - - - - -
LP-S4250PS - - - - - ※9
LP-S440DN -
LP-S4500 ◎※3 - ※7
LP-S5000 ◎※3 - ※7
LP-S510 - - - - -
LP-S520 - - - ※13
LP-S5300 ◎※3 - ※7
LP-S5500 ◎※3 - ※7
LP-S6000 ◎※3 - ※7
LP-S620 - ※12、※13
LP-S6500 ◎※3 - ※7
LP-S6500PD - ※6
LP-S7000 ◎※3 - ※7
LP-S7000SR - ※6、※11
LP-S7100 - ※7
LP-S7500 ◎※3 - ※7
LP-S7500PS - ※6、※9
LP-S8100 - ※7
LP-S8100PS - ※6、※9
LP-S820 - ※7
LP-S9000 ◎※3 - ※7
LP-S9000PS - ※6、※9
LP-S950 - - - - -
LP-V1000 - - -
LP-V500 ◎※3 - ※7
※1: FireWireで接続するには、オプション増設スロットにPRIF14を装着する必要があります。
※2: プリンター側で、"Rendezvous"/"Bonjour"機能をONに設定する必要があります。設定方法については製品添付のマニュアルをご参照ください。
※3: 接続は、「プリンタとファクス」のデフォルトブラウザーで表示されるEPSON製のポートドライバー[EPSON TCP/IP]をご使用ください。「ほかのプリンタ」から選択できる[EPSON TCP/IP]はご使用いただけません。
※4: 接続は、「プリンタとファクス」のデフォルトブラウザーで表示されるEPSON製のポートドライバーを[EPSON FireWire]ご使用ください。 「ほかのプリンタ」から選択できる[EPSON FireWire]はご使用いただけません。
※5: 内蔵ネットワークI/Fでは非対応となります。オプションのI/Fを装着してください。
※6: クライアント用PPDインストーラーを、ダウンロードページからダウンロードしていただけます。
※7: OS添付ドライバー使用時に、「プリンタとファクス」のデフォルトブラウザーで[EPSON TCP/IP]が表示されない場合には、以下のいずれかの方法でご対応ください。
・「プリンタとファクス」の IP設定ダイアログで[LPD(Line Printer Daemon)]を選択し、
 アドレス欄にプリンターのIPアドレスを入力して、プリンターを追加してください。
・プリンター側のBonjour(Rendezvous)機能を”ON”に設定することで、デフォルトブラウザーで
 [EPSON TCP/IP]が表示されますので、デフォルトブラウザーの[EPSON TCP/IP]を選択して
 プリンターを追加してください。
※8: OS 添付ドライバー使用時に、「プリンタとファクス」のデフォルトブラウザーで[EPSON TCP/IP]が表示されない場合には、「プリンタとファクス」の IP設定ダイアログで[LPD(Line Printer Daemon)]を選択し、アドレス欄にプリンターのIPアドレスを入力して、プリンターを追加してください。
※9: オプションのPSモジュールを装着した場合も同様となります。
※10: ネットワーク接続には、オプションが必要です。
※11: クライアントのみ。サーバーは非対応です。
※12: TCP/IP接続の場合ドライバーの自動選択には非対応です。
※13: 一部機能制限があります。詳しくは製品情報ページをご覧ください。
※ Apple、Mac、Macintosh、Mac OS、OS X、Bonjour は、米国およびその他の国で登録された Apple Inc. の商標です。

カテゴリーを選び直す