製品OS対応情報

型番検索

コピーサーバー および ネットワークスキャニングボックス
Windows® 2000 対応表


表の見方

表示欄 意味 凡例
OS対応
その製品が各OSで使用できるかどうかを示しています。
◎:対応しています。
- :非対応です。

OS対応表

2009年9月17日現在
機種名 機能 ユーティリティー OS対応 備考
CS-5000N ネットワークスキャン EPSON Scan
CS-5000N サーバースキャン ManagamentConsole ※1
CS-5000N ネットワークプリント プリンタドライバー -
CS-5000N ネットワークプリント エプソンプリンタウィンドウ!2 -
CS-5000N リモートコピー Internet Exproler6.0にて動作可能
CS-5000N 状態確認 Internet Exproler6.0にて動作可能
CS-5500N ネットワークスキャン EPSON Scan
CS-5500N サーバースキャン ManagamentConsole ※1
CS-5500N ネットワークプリント プリンタードライバー -
CS-5500N ネットワークプリント エプソンプリンタウィンドウ!2 -
CS-5500N リモートコピー Internet Exproler6.0にて動作可能
CS-5500N 状態確認 Internet Exproler6.0にて動作可能
CS-6000N ※2 ネットワークスキャン EPSON Scan
CS-6000N ※2 サーバースキャン ManagamentConsole ※1
CS-6000N ※2 ネットワークプリント - ※3
CS-6000N ※2 状態確認 Internet Exproler6.0にて動作可能
CS-7000 ネットワークスキャン EPSON Scan -
CS-7000 サーバースキャン(ファイル機能) EpsonNet ScanComposer -
CS-7000 状態確認 CS-7000パネル上にて動作確認 -
CS-7000 宛先名称登録 FAXユニット登録ツール
CS-9000 ネットワークスキャン EPSON Scan ※4
CS-9000 サーバースキャン(ファイル機能) EpsonNet ScanComposer
CS-9000 状態確認 CS-9000パネル上にて動作確認 -
CS-9000 宛先名称登録 FAXユニット登録ツール
CS-9200 ネットワークスキャン EPSON Scan ※4
CS-9200 サーバースキャン(ファイル機能) EpsonNet ScanComposer
CS-9200 状態確認 CS-9200パネル上にて動作確認 -
CS-9200 宛先名称登録 FAXユニット登録ツール
CSFAX1 宛先名称登録 FAXユニット登録ツール
ESNSB1 ネットワークスキャン EPSON Scan
ESNSB1 サーバースキャン EpsonNet ScanAgent
ESNSB1 サーバースキャン EpsonNet ScanEditor
ESNSB1 状態確認 Internet Exproler6.0にて動作可能
ESNSB2 ネットワークスキャン EPSON Scan
ESNSB2 サーバースキャン EpsonNet ScanAgent
ESNSB2 サーバースキャン EpsonNet ScanEditor
ESNSB2 状態確認 Internet Exproler6.0にて動作可能
ESNSB2 ネットワーク設定ツール EpsonNet Config Ver.2のみ対応
※1: Windows® 2000で使用するためにはManagementConsole3.12以降で対応となります。
※2: Windows® 2000で使用するためにはCS-6000N ファーム3.01以降が対応となります。
※3: LP-8200Cに標準装備のネットワークI/Fをご利用ください。(CS-6000NとネットワークI/FにそれぞれIPアドレスとEthernetケーブルが必要です)
※4: CS-9000でネットワークスキャンを行う場合には、最新のEPSON Scanをご使用ください。
※ Microsoft、Windows 2000は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

カテゴリーを選び直す