導入事例 社会医療法人 愛仁会様

社会医療法人 愛仁会様

社会医療法人 愛仁会様
導入製品:DS-1630

業務用途で使い分けていた2種類のスキャナーを
1機種に統一しシンクライアント環境下のもと効率化を実現。

導入事例TOPへ

導入製品

DS-1630

ACアダプター不要で、すっきり省スペース。
生産性の高いコストパフォーマンスモデル。

フラットベッドスキャナー
DS-1630

製品の詳細はこちら

■設置場所:病院受付、各科受付やバックヤード

お客様のご紹介

社会医療法人 愛仁会様

社会医療法人 愛仁会様

愛仁会は1958年の創立以来、一貫して地域の医療、介護、福祉、保健のトータルヘルスケアをめざす法人。千船病院(大阪府大阪市)、高槻病院(大阪府高槻市)などの3施設の急性期病院と、愛仁会リハビリテーション病院(大阪府高槻市)のリハビリ専門病院を中心に、グループ内の介護老人保健施設、訪問看護ステーション、在宅介護支援センター、ケアプランセンター、ヘルパーステーション、看護助産専門学校などと互いに連携をとる。大阪・兵庫の両府県で急性期から回復期・慢性期・療養期、さらには在宅へとスムーズに繋がる地域包括ケアシステムの実現に向けた取り組みを精力的に進めている。

■お客さまデータ

所在地: 大阪府大阪市など
従業員数: 従業員数4,200名(2018年2月実績)
ホームページ: http://www.aijinkai.or.jp

導入ご担当者に聞きました

シンクライアント環境下でも安心稼働(注1)。1台で2役の用途に対応できるスキャナーで業務効率化

電子カルテシステムの導入に伴い、シンクライアント環境下でも
稼働できる周辺機器のリプレイスを検討していました

愛仁会本部 医療情報部 部長代理 井内 伸一 氏

愛仁会本部
医療情報部 部長代理
井内 伸一 氏

私たち愛仁会では、千船病院の新築移転にあたり、電子カルテシステムのリプレイスを計画しました。この電子カルテシステムは、データセンターを利用したクラウド型電子カルテですので、管理工数を大幅に削減でき、さらにシンクライアント環境下で動作させるためセキュリティ面も安心です。また、各個人が業務で使う端末の機能を必要最小限に抑えることができます。ただし、この構成は周辺機器の動作環境にも大きく影響するので、シンクライアント環境下で動作ができる製品であることが必須条件でした。

シートフィードとフラットベッド。
これまでは業務用途によって使い分けていた2種類のスキャナーを1機種に統一できました

愛仁会本部 医療情報部 課長 田中 信吾 氏

愛仁会本部
医療情報部 課長
田中 信吾 氏

他院からの紹介状など定型文書がメインで、且つスキャン枚数の多い部署ではシートフィードタイプのスキャナーを、保険証など不定形文書のスキャン頻度が高い部署ではフラットベッドタイプのスキャナーを、というように以前は2種類のスキャナーを導入していました。しかし、新たに更新するシンクライアント環境下では、機種が別々であることにより、利用する度にドライバーを切り替えねばならず、その作業に手間と時間がかかり、非効率となることが予想されました。
そこで、1台で両機能を備えたスキャナーを探していたところ、グループ内の高槻病院で導入実績のあるエプソン製のスキャナーDS-1630が検討対象になりました。このスキャナーはフラットベッドタイプでありながら、ADF(オートドキュメントフィーダー)対応もしているので、シートフィードタイプのように高速スキャンも可能です。また、サイズやスピードなどの性能面もすでに高槻病院で評価されていたこともあり、グループ全体のスキャナーすべてをDS-1630にリプレイスしました。

システム構成図

(注1):お客様環境下で動作確認したものです。

ご利用の感想を聞いてみました

グループ全体で多様な業務に対応した1台の機種に統一。また、スピーディーなスキャンで効率化も実現

シンクライアント環境下での動作テストをクリアし、グループ全体で導入を決定。導入後の初期設定も
ドライバー・ソフトウェア1つで容易。操作性、保守サービスも満足です

千船病院 診療情報管理室 副主任 森岡 大貴 氏

千船病院
診療情報管理室 副主任
森岡 大貴 氏

シンクライアント環境下での動作検証を行い、導入を決定しました。これにより、導入後の初期設定もドライバーが1つで済むため大幅に手間を削減できました。また、同一機種をグループ全体で138台導入しているため製品保守も容易で、コスト面や操作性に関しても満足しています。
どの部署も、設置場所が広くとれるわけではないので、このコンパクトさは高評価です。保険証や診療情報提供書、枚数が多い紹介状などのスキャンもスピーディーに行うことができ、患者さまを待たせず業務の効率も上がったとの報告を受けています。特に、スキャン枚数が1日に50枚から100枚にもなる地域医療連携室では大きな戦力になっているようです。

コンパクトサイズで、狭いスペースにも設置可能。

コンパクトサイズで、狭いスペースにも設置可能。

フラットベッドご利用シーン。保険証などの不定形文書をスキャン。

フラットベッドご利用シーン。保険証などの不定形文書をスキャン。

まとめ

ご導入ポイント
  • コンパクトサイズでかつスピーディーにスキャンできること
  • ADF(オートドキュメントフィーダー)とフラットベッドの両方の性能を兼ね備えていること
ご利用メリット
  • 省スペースであるため、設置場所の自由度が拡大
  • 機種を統一したため保守が容易でコストも削減
  • 1台で定型文書・不定形文書のどちらもスキャンできる

導入事例PDFダウンロード

PDFダウンロード
(PDF:1.48MB)
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

エプソンインフォメーションセンター

TEL050-3155-8100

上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-585-8444までおかけ直しください。

お知らせ

PDFに記載のエプソン販売株式会社の住所が、本社移転に伴い変更となっております。
【2016年3月7日(月)以降の新住所】
〒160-8801 東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー 29階