マルチインターフェイス・コンパクト&フリーレイアウト。スマートデバイスPOSに必要な要素をこの一台に

NFC標準搭載。USB・Ethernet・Bluetooth®に加えWi-Fi®にも対応

スマートフォンやタブレット端末との通信に必要なBluetooth®やWi-Fi®にこの1台で対応。店舗内での複数の通信環境からもプリンターを共有することができます。またスマートデバイスとのペアリングが簡単に行えるNFCを標準搭載。端末から使用したいプリンターのNFCタグ部分にタッチしてプリンター情報(MACアドレス)を取得後、印刷データなどを無線接続(Bluetooth®/無線LAN(注1))で送信することができます。

(注1)無線LAN接続にはオプションの無線LANユニット(OT-WL05またはOT-WL06) が必要です。

インターフェイス

インターフェイス

プリンター本体にオプションの無線LANユニット(OT-WL05またはOT-WL06)を無線LANユニット付属の延長ケーブルを使って接続することで、無線LAN接続を実現。アンテナ位置調節も可能に。

(注)無線オプションを利用される場合、無線をお使いになる環境によっては、電波の強さ、障害物の影響などにより印刷ができない場合があります。無線をお使いになる場合は現地にて無線通信が良好な状態か十分に調査をお願い致します。

  • 無線LANユニット・電源ケーブル装着時
  • 無線LANユニット・
    電源ケーブル装着時

  • オプション:無線LANユニット OT-WL06(延長USBケーブル同梱)
  • オプション:無線LANユニット
    OT-WL06(延長USBケーブル同梱)

導入・設置時のWi-Fi®設定が簡単に行えるSimpleAP機能

Epson TM Utilityを使って直接プリンターと通信することで、アクセスポイントなどネットワーク環境を準備することなくスマートデバイス(iOS端末/Android端末)からプリンターのSSIDやパスワードなどWi-Fi®設定を簡単に行うことができます。

2WAYカバー・壁掛け対応・専用スタンド

従来機の約2分の1(注1)のコンパクトサイズと2WAYカバーでフリーレイアウト

従来機(TM-T20II)に比べて約2分の1(注1)のコンパクトサイズを実現。さらに2WAYカバー採用により着脱式の背面カバーと底面カバーを入れ替えて前方向排紙または上方向排紙に変更が可能です。設置したい場所や業務に合わせてこの一台で対応することができます。スマートデバイスの色に合わせて選べるホワイトとブラックをラインアップ。カウンター越しにお客様から見える後姿にも配慮した全方向統一デザインを採用しました。

(注1)従来機(2013年12月発売「TM-T20II」)の容積を100とした場合の削減率(53.5%)。
各機種の容積はTM-T20II:4,067,560mm³、TM-m30:2,177,415mm³。

前面排紙

前面排紙

上面排紙

上面排紙

壁面を利用した省スペースレイアウトを可能に

オプションの壁掛け金具(OT-WH30)を使って壁面に設置すれば、用紙前面排紙の壁掛けプリンターとして使用できます。

  • 壁面設置イメージ
  • 壁面設置イメージ
  • オプション:壁掛け金具(OT-WH30)
  • オプション:壁掛け金具(OT-WH30)

専用スタンドでレジ周りをすっきり演出

オプションのプリンター&タブレット一体型スタンド(OT-YSシリーズ)を使えばタブレットもプリンターもすっきり収納。お客様からの視線に配慮して、様々なオプションを組み合わせてレジ周りをすっきり演出することができます。

プリンター&タブレット一体型スタンド

OT-YS

(ベーススタンド)

タブレット用受け台(チルト式)標準装着済(注1)

OT_YS

店員側のタブレットとTM-m30シリーズを設置することが可能なベーススタンド。購入後すぐにタブレットとTM-m30シリーズを設置することが可能です。

(注1)タブレットは厚さ13mm以下、重量は必ず2.5kg以下のものをご使用ください。

TM-m30シリーズとDM-D30設置時

TM-m30シリーズとDM-D30設置時

ベーススタンドにカスタマーディスプレイ用受け台(OT-YSCD)を組み合わせるとカスタマーディスプレイDM-D30シリーズを接続したPOS機器をシンプルにまとめることができます。

TM-m30シリーズ専用カバー・電源カバー装着時

TM-m30シリーズ専用カバー・電源カバー装着時

ベーススタンドにカスタマーディスプレイ用受け台とTM-m30シリーズ専用カバー・電源カバーを装着することで一体感のあるレジを演出することができます。

節約と表現の両立を目指した印刷機能

用紙節約機能

オートカット後の「用紙逆送り制御」を有効化することで直前のレシートをカットした後、次の印字データが送信された際に用紙を逆送りしてから印字を始めます。これによりトップマージン最小2mmを実現します。

用紙節約機能

ロゴ先打ち機能を使えば、用紙カット前にレシートのトップロゴを印字することで、10.5mmの余白を2mmまで節約することができます。

ロゴ先打ち機能

(注)印刷時、ロゴに白スジが入る場合があります。

(注)レシートはイメージです。

レジはもちろんキッチンプリンターとしても活用可能に

オプションの外付けブザー(OT-BZ20)を接続すればキッチンプリンターとしても活用可能。短冊伝票印刷や害虫の侵入を防ぐ対策を施しました。

  • レジはもちろんキッチンプリンターとしても活用可能
  • 外付けブザー(OT-BZ20)
  • 外付けブザー(OT-BZ20)

Apple社 MFi(注1)ライセンスプログラム認定を取得

  • iPod/iPad/iPhoneなどのiOS端末との簡単接続を実現。

  • Made for iPod iPhone iPad

(注1)Made for iPhone / Made for iPad / Made for iPodとは、iPhone/iPad/iPod専用に接続するよう設計され、Apple社が定める性能基準を満たしていると認定された電子アクセサリーであることを示します。

(注)Apple社は、本製品の機能および安全および規格への適合について一切の責任を負いません。