導入事例
ランナーズホールディングス 株式会社アールビーズ 様

業務用写真・プリントシステム導入事例:ランナーズホールディングス 株式会社アールビーズ 様 高画質プリントと高生産性の両立が、 顧客満足度向上に寄与

導入モデル

SureLab SL-D700

コンパクト・軽量ながら高いプリントクオリティーで幅広いニーズに応える業務用フォトプリンター

SureLab SL-D700

製品の詳細はこちら製品の詳細はこちら

導入会社様のご紹介

ランナーズホールディングス 株式会社アールビーズ様

2017年11月26日(日)山梨・富士河口湖で「第6回 富士山マラソン」が1万人を超える参加者を集めて開催された。雄大な富士山の絶景と紅葉が人気のこの大会では、完走者への新たなサービスとして会場で写真入りの完走証をプレゼントする「ランフォト+(プラス)」を実施。この企画の実施にあたっては、プリント出力をエプソンのSureLab SL-D700が担った。そこで、イベント会場での顧客サービスとして写真プリントが持つ可能性を、サービスを実施したランナーズホールディングスの大池氏に伺った。

プリント企画開催にあたって

「念願の写真画質での完走証をプレゼントできました!」

今回の富士マラソンでは、ゴール地点での自動撮影のほか、6名のカメラマンを各ポイントに配置。富士山や河口湖を背景にした写真を選ぶことも可能になった。

今回の富士マラソンでは、ゴール地点での自動撮影のほか、6名のカメラマンを各ポイントに配置。富士山や河口湖を背景にした写真を選ぶことも可能になった。

走行記録の自動計測システムを用いた大会では、マラソンなどの記録の速報値をリアルタイムに確認でき、従来から完走記録などをプリントアウトして完走者に提供するサービスを行っていました。その後、ゴールシーンを一定間隔で自動撮影するシステムを用い、写真入りの完走証をプリントできるサービス「ランフォト」を実施しましたが、大会当日にプレゼントするのは難しく、参加者が後日、自宅でダウンロードを行いプリントする方式でした。ここ1年で、ようやく当日にプリントしてお渡しするシステムを構築できましたが、プリンターがビジネスインクジェットだったことから、写真画質でのプリントを求める声が多く聞かれました。そこで今回は、高速かつ高画質にプリントできるSureLab SL-D700を12台導入。写真画質での完走証をプレゼントできました。

SureLab SL-D700

高速かつ優れた色再現で満足度の高い写真が提供可能

メイン会場のランフォトブースには10台のSureLab SL-D700と20台のパソコン&QRコード読み取り装置が設置され、トップランナーがゴールしてからの数時間は大勢の参加者で賑わった。このほか、別会場にも2台の同モデルが設置され、合計12台で数千人の参加者にプリントをプレゼントすることができた。

メイン会場のランフォトブースには10台のSureLab SL-D700と20台のパソコン&QRコード読み取り装置が設置され、トップランナーがゴールしてからの数時間は大勢の参加者で賑わった。このほか、別会場にも2台の同モデルが設置され、合計12台で数千人の参加者にプリントをプレゼントすることができた。

今回「ランフォト+」で用いられたシステムでは、カメラマンが撮影した写真を即時に専用サーバー上にアップ。選手のゼッケンナンバーを自動的に読み取って振り分けすることで、スマートフォンの専用アプリを用いて各選手が好みの写真を選択し、その場でプリントするというワークフローが構築されました。こうした複雑なシステムにもSureLab SL-D700は柔軟に対応でき、プリントもL判で約455枚/時と高速。実際、当日の会場では完走した数千人の選手がプリントに訪れましたが、大きなトラブルもなく出力することができました。それでいてプリントは染料の UltraChrome D6-Sインクの採用により、階調豊かで肌の色や暗部の再現にも優れたプロ向け品質を得られ、会場の参加者の皆様からも、その優れた画質に「富士山が背景の写真があってよかった」「とてもいい記念になりました」といった声が数多く聞かれました。

ご感想

高画質でワンランク上のサービス提供ができたことが何よりの喜びです

まず、何といっても参加者の皆さまに満足いただける写真画質で完走証により、これまでにないワンランク上のサービスをご提供できたのではないかと思います。さらに言えば、ランナーにとっての王道であるフルマラソンの大会でこれが提供できたことは大きいと思います。ほとんどの参加者は一般のいわゆる市民ランナーです。日本国内だけでなく大変多くの海外から来られたランナーにもご参加いただきました。とうぜんながら、選手達にとっては大会に参加できたことや大会で完走できたことは何よりの喜びだと思います。この大切な思い出を写真画質の完走証というかたちでプレゼントできたことは重要なことだと感じています。今後もフルマラソンや100kmマラソンなどで、こうしたシステムを駆使して、より多くのランナーの皆さまにサービスをご提供できたらと考えています。

「ランフォト+」のサービスがスタンダードになるよう育てて行きたい

今回構築したシステムは、まだまだ発展途上な部分があります。例えば、スマートフォンとシステムとの連携や操作性、海外ローミングでのスムーズなサーバー接続など改善の余地があると思います。また、外国人選手の参加も多かったことから、オペレーションの面でも日本語以外のさまざまな外国語でも対応できるようにしなければならないと考えています。とはいえ、実際にオペレーションしていただいた現地の学生ボランティアの皆さんや「ランフォト+」のスタッフからは概ね好評で基本的な操作の面で困るようなことはなかったようです。プリンターが大きなトラブルを起こすこともありませんでした。大型のインクカートリッジや65mのロール紙が採用されていることもあって、途中でインクや用紙の交換を行う必要もほとんどありませんでした。ランナーの皆さまには、アプリをダウンロードしてサーバーに繋ぎ、写真をセレクトしてプリントするという作業をお願いしていますが、これも一度覚えれば、作業として難しくはないと考えています。現在のシステムをさらに発展させ、今後は「ランフォト+」のサービスがスタンダードになるよう育てたいと思います。その意味では、今回の大会を通じて告知の方法も工夫が必要だと感じました。海外の皆さまも含めてより多くの方々にシステムをご理解いただき、大会への参加をより楽しいものにしていただけたらと思います。

ランフォト+ 大会会場にて、ランナーを撮影 システムがゼッケンナンバーを読み取り、認識 速報記録とランナー写真を、記録証としてプリント
スマートフォンで写真を選ぶと、QRコードが表示。これをパソコンに読み込ませると自動的に完走証がプリントされる。今回は1台のプリンターとPC2台を1セットとして運用したが、概ね順調にプリントされた。

スマートフォンで写真を選ぶと、QRコードが表示。これをパソコンに読み込ませると自動的に完走証がプリントされる。
今回は1台のプリンターとPC2台を1セットとして運用したが、概ね順調にプリントされた。

サーバーからの画像読み取りやパソコンでの処理に多少時間が必要だが、プリント自体は数秒で完了。トータルでも1枚あたり1分弱で完了する。

サーバーからの画像読み取りやパソコンでの処理に多少時間が必要だが、プリント自体は数秒で完了。トータルでも1枚あたり1分弱で完了する。

プリント用紙には65mロール紙を使用。大容量給紙により1ロールでおよそ600枚の完走証がプリントできる。

プリント用紙には65mロール紙を使用。大容量給紙により1ロールでおよそ600枚の完走証がプリントできる。

熱気あふれるなか1万人以上のランナーが一斉にスタート。富士山が舞台ということもあり、外国人ランナーも数多く見受けられた。

熱気あふれるなか1万人以上のランナーが一斉にスタート。富士山が舞台ということもあり、外国人ランナーも数多く見受けられた。

評価のポイント

高速プリントによる高生産性 優れた色再現力 様々なシステムへの対応力

会社概要

ランナーズホールディングス 株式会社レックス 業務管理部 大池 篤 氏 ■利用ソフト 自社オリジナルソフトウェア 専用スマートフォンアプリ ほか

ランナーズホールディングス
株式会社レックス 業務管理部
大池 篤 氏
■利用ソフト
自社オリジナルソフトウェア
専用スマートフォンアプリ ほか

1976年ランニングの専門誌、『月刊ランナーズ』を創刊。1985年にランニング大会の自動計測システムを導入し、以後数多くの大会に協力。1997年にはランニングのポータルサイトである「RUNNET」をスタートし、現在の登録者数は212万人以上を誇る。 24時間リレーマラソンや各地での30kmイベントの開催、東京マラソンなどの大型シティマラソン大会の競技運営など、多くの大会運営にかかわる。 RUNNET/https://runnet.jp/

導入事例PDFダウンロード

本内容は、PDFでもご覧いただけます。

PDFダウンロード
(約4.56MB)
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。

製品に関するお問い合せ・資料請求

エプソン販売株式会社
プリンター購入ガイドインフォメーション

TEL050-3155-8100

受付:月曜日~土曜日(祝日、および弊社指定休日を除く)

(注) 上記電話番号はKDDI株式会社の電話サービスを利用しています。
上記番号がご利用いただけない場合は、携帯電話またはNTT東日本、NTT西日本の固定電話(一般回線)からおかけいただくか、042-585-8444までおかけ直しください。

本ページ記載の商標について

(注) 「QRコード\QR Code」は(株)デンソーウエーブの登録商標です。