活用ガイド

  • ご購入はこちら
  • 無線LANカンタン接続ガイドTOP
  • 基礎編
  • 実践編
  • 応用編

基礎編 メリットがいっぱい!プリンター無線化で快適パソコンライフを送ろう

プリンターを無線LANでつなぐとどんなメリットがあるの?

プリンターを無線LANでつなぐとどんなメリットがあるの?

近年、パソコンをはじめゲーム機などにも広く普及してきている無線LAN(通信)。

「でも家のプリンターはまだUSBケーブルでつないで使っている」という人はいませんか?

プリンターを無線化するとワイヤレスになるのはもちろん、家中どこからでも印刷できたり、複数のパソコンで1台のプリンターを使えたり、とにかくメリットがいっぱい。
あなたもプリンターの無線化にチャレンジしてみましょう。

プリンターの無線化に必要な機器は?

この3つの機器で無線LAN接続はバッチリ!

無線化に必要なのは「パソコン」と「無線LAN親機」、そして「無線LAN対応プリンター」の3つの機器です。
ここでは無線LAN対応のプリンター EP-883Aシリーズを使用した接続方法を紹介します。

無線LAN対応プリンター

無線LAN対応プリンターのなかでも、「AOSS」「WPS」などの自動接続規格に対応した製品だと設定が簡単です。無線LAN非対応のプリンターを使用する場合は、プリントアダプターが必要になります。

EP-883Aシリーズ

EP-883Aシリーズ

便利な機能がいっぱい

  • 置き場を選ばないスタイリッシュなコンパクトボディ。
  • 6色インクで、写真も文字も高画質。
  • 背景も文字も細線も、コピーがキレイ。
  • 使うときのことをトコトン考えた前面2段給紙。
  • 4.3型タッチパネル液晶で文字が大きく読みやすい。

製品情報を見る>>

パソコン

現在使用しているデスクトップパソコン、ノートパソコンなど。

無線LAN親機

「無線ルーター」「アクセスポイント」とも言われています。パソコンが無線LAN非対応の場合は、子機も用意します。

3つの機器の関係とDHCP機能

無線LAN通信ではパソコンやプリンターが「子機」となり、無線LAN「親機」を仲介して、データをやりとりします。

DHCP機能とは、ネットワーク通信で必要となるIPアドレスを自動的に取得できる機能のこと。この機能を使用すれば簡単に接続できます。

プリンターを無線LAN化する前に知っておきたいポイントは?

POINT1 無線LANの規格とは?

新たに無線LAN親機を購入する場合、通信規格を確認します。最も普及しているIEEE802.11bまたはIEEE802.11gに対応している親機を用意しましょう。

CHECK POINT

規格は11b/11g/11nのどれかに対応していればOK!

POINT2 「SSID」「WEP」「WPA」ってなんのこと?

「SSID」は無線LAN接続に必要なIDです。最大32文字の英数字で設定し、アクセスポイントとクライアントが同じSSIDでないと接続できません。「WEP」「WPA」は無線通信のための暗号化技術です。通信内容を暗号化することで第三者による傍受を防ぎます。

CHECK POINT

規格は11b/11g/11nのどれかに対応していればOK!

POINT3 設定するのって難しい?

特別な知識がなくても設定可能な「AOSS」「WPS」対応の機器なら、ボタンを押すだけで自動的に設定できます。「AOSS」「WPS」非対応の機器でも最新の無線LAN対応カラリオの「EPSON 簡単セットアップ」で自動設定(注)できます。

(注):Windows® 10、Windows Vista®、Windows® 7、Windows® 8、Windows® 8.1、Mac OS X が対象。Windows® XPでは、無線LAN設定のみ可能。

CHECK POINT

規格は11b/11g/11nのどれかに対応していればOK!

POINT4 パソコンを使わないと設定できないの?

無線LAN親機と対応プリンターがあれば、パソコンは必要ありません。EP-883Aシリーズでは本体の指示に従って、無線接続の設定を簡単に行うことができます。

CHECK POINT

プリンターでの設定も液晶画面&カンタンLEDナビの操作で簡単!

無線LANについて理解したら、無線LANの設定方法を知ろう