ニュースリリース
2022年3月8日
エプソン販売株式会社

製造現場における色検査工程の品質確保に貢献する『分光ビジョンシステム SV-700SIO』受注開始

- 色検査の定量化・自動化を、小型・軽量のシステムで実現 -

製品ページ

エプソンは、製造現場における色検査の自動化を実現するソリューションとして『分光ビジョンシステム SV-700SIO』の受注を、本日3月8日より開始します。

<『分光ビジョンシステム SV-700SIO』構成>

分光カメラ

※レンズは別売

分光ビジョンコントローラー

- コントローラーインストール済みソフトウェア -

オフラインソフト
(Epson Spectroscopic Vision Tools)

インラインソフト
(EPSON RC+7.0/Vision Guide 7.0)

製造業では、製造工程で発生するロットごとの色の違いを一定程度に抑え、製品品質を確保するために、色のバラツキや表面コーティングの確認など様々な色に関する検査を行います。これらの色検査において、現在普及しているRGBカメラでは微妙な色の違いを判別できない場合があるため、人の感覚に頼った目視での確認検査が多く行われていますが、作業者ごとのバラツキ、検査ミスの発生により不良品を市場流出させるリスクがあります。

エプソンは、これらの色検査の課題を解決するソリューションとして、自社開発の新技術「MEMS Fabry-Perot Tunable Filter(MEMSファブリ・ペローチューナブルフィルター)」搭載により高精度、小型化を実現した分光カメラ、分光スペクトルの測定が可能なオフラインソフトウェア(Epson Spectroscopic Vision Tools)を開発しました。これにより、今まで困難であった色の定量管理を実現し、特定の検査技能者に依存せずに、製造ラインにおける色の安定した品質確保に貢献します。さらに、検査の自動化を実現するインラインソフトウェア(EPSON RC+7.0/Vision Guide 7.0)により、検査員の工数削減や製造ライン全体の生産性向上に貢献します。

<分光カメラ/RGBカメラの比較>

分光カメラ

RGBカメラ

【エプソンの分光ビジョンシステムの特長】

■RGBカメラと同程度の小型・軽量サイズ

幅49mm、高さ73.5mm、奥行30mm、重さ175gの小型サイズのため、RGBカメラの置き換えや製造ラインで人が立っていたスペースにも置き換え可能です。

■面で計測する面分光

任意に指定した面の分光情報を非接触かつ一括で取得できます。分光測色計による検査では難しい面内の色ムラなどをとらえることが可能です。

■画像処理機能にも対応

製造ラインで流れてくる検査対象を画像処理機能で認識し、分光スペクトル測定機能で品質基準を満たしているか判断できるため、色検査を自動で行うことが可能です。

検査の自動化により検査員の工数削減に貢献できます。

【分光ビジョンシステム商品概要】

型番 詳細 受注開始日
SV-700SIO 分光カメラ本体
分光ビジョンコントローラー
オフラインソフトウェア(Epson Spectroscopic Vision Tools)
インラインソフトウェア(EPSON RC+ 7.0/Vision Guide 7.0)
2022年3月8日

【新商品プロモーションについて】

2022年3月9日から12日まで開催される「2022国際ロボット展」に出展予定です。

「エプソンが変える、これからのものづくり。」をメインコンセプトに、各種生産プロセスにおける自動化を提案します。

エプソンの出展詳細については下記よりご確認ください。

www.epson.jp/products/robots/event/2022irex.htm

新商品の詳細および販売方法については、商品ページをご覧ください。

www.epson.jp/products/robots/

エプソンロボットに関するメールマガジンを定期的に配信しています。

pd.epson.jp/robots/lp_form/mailmagazine

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。