ニュースリリース
2021年3月19日
エプソン販売株式会社

「エプソン チームラボボーダレス」が「クールジャパン・マッチングアワード 2021」でグランプリを受賞

エプソンは、クールジャパン官民連携プラットフォームが主催する「クールジャパン・マッチングアワード 2021」において、最高賞であるグランプリを「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」(以下、「エプソン チームラボボーダレス」)を運営する森ビル株式会社とアート集団・チームラボとともに共同受賞いたしました。

本アワードは、日本の魅力を海外に伝える商品やサービスを生み出す異業種間連携事業を称え、その効果を広く社会に共有することで、このような活動をさらに普及・促進することを目的としたものです。

今回、「エプソン チームラボボーダレス」では、エプソンのプロジェクターが繰り広げる映像演出によって、国内外の多くの方々がその作品表現や世界感を体験し、共感を得られた点が評価されました。

エプソンは、2018年6月の「エプソン チームラボボーダレス」オープン当時より、プロジェクションパートナーとして協賛しています。「エプソン チームラボボーダレス」では、現在約500台ものプロジェクターが使用され、プロジェクターが実現する高画質な映像表現技術により、空間全体を覆いつくす演出にてチームラボの作品の世界感を表現し、驚きと感動の体験価値を提供することで、作品をお楽しみいただいております。

エプソンは、今後も業種・業態の枠を越えたオープンイノベーションへの取り組みを推進していくとともに、長年培ってきたエプソンのあらゆる技術によって、世界中のお客様に期待を超える商品・サービスをお届けして参ります。

◆「クールジャパン・マッチングアワード 2021」の詳細は、以下ホームページをご覧ください。
https://www.cjma.go.jp/

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告なしに変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。