ニュースリリース
2020年1月27日
セイコーエプソン株式会社

『point 0 marunouchi』での未来のオフィス空間づくりプロジェクトに参画


『point 0 marunouchi』のイメージ(撮影:株式会社ナカサアンドパートナーズ)

セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市、社長:碓井稔)は、このたび、会員型コワーキングスペース『point 0 marunouchi(ポイントゼロ マルノウチ)』において、未来のオフィス空間づくりに向けたプロジェクトに参画します。

■『point 0 marunouchi』について

『point 0 marunouchi』は、空間データの協創プラットフォーム「CRESNECT*1の第1弾プロジェクトである「未来のオフィス空間」を実現していくための会員型コワーキングスペースです。

多種多様な企業が参画し、実際に人が働くオフィス空間を活用して、オフィスでの動線や仕事中の姿勢、室内の温湿度や内装のデザイン、照明・音・香り、アルコールも含めた飲食など、さまざまな要素が働く人に及ぼす効率性や創造性、健康への影響を収集・分析します。実際にワークスペースの利用者のフィードバック情報も活用し、効果を検証しながら空間コンテンツの高度化を図ります。またこれらの空間コンテンツを通じて、働く人の快適性やウェルネスが重要な評価ポイントとなるオフィス空間の認証制度「WELL Building Standard」のコワーキングスペースでの国内初の獲得も目指します。

*1:協創プラットフォーム「CRESNECT」:ダイキン工業株式会社が提唱する空調機をはじめとした機器、各種センサーから得られるさまざまなデータや、各パートナー企業が持つデータやノウハウを蓄積し、活用しながら、空間にまつわる新たな価値やサービスを創出していくための協創型プラットフォーム。

エプソンは、身近なオフィス改革から持続可能な社会の実現を目指す取り組みのひとつとして当社製品、サービスの強みを生かした「環境配慮型オフィス」を推進しています。今後、各参画企業との協創によりさらにその取り組みを発展させ、より豊かなオフィス空間づくりを目指します。

『point 0 marunouchi』において異なる分野・領域の企業の皆さまと協創することで、幅広い異業種間でのオープンイノベーションを活性化させ、新しい市場価値を創出する取り組みを進めてまいります。

【参考】コワーキングスペース『point 0 marunouchi』:https://www.point0.work

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。