ニュースリリース
2019年10月1日
セイコーエプソン株式会社

PrecisionCoreプリントヘッド搭載の『R&D用インクジェット装置』を開発


R&D用インクジェット装置

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、このたび、PrecisionCoreプリントヘッドを搭載した『R&D用インクジェット装置』を開発しました。

本製品は、インクジェット技術の応用に関する研究開発を促進し、インクジェット技術の新たな用途を拡大することを目的に開発したものです。インクジェット技術を用いた生産プロセスの革新や、インクジェットに適合した新素材の開発などに取り組む企業・研究機関向けに、2020年3月から日本国内での販売を開始する予定です。

エプソンは、長期ビジョン「Epson 25」の第2期中期経営計画において、基本方針のひとつとして「資産の最大活用と協業・オープンイノベーションによる成長加速」を掲げています。特に、インクジェットイノベーションにおいては、PrecisionCoreを中心としたコアデバイスを用いたインクジェットヘッド外販ビジネスとオープンイノベーションの強化を目指しています。

『R&D用インクジェット装置』の開発は、この方針に基づく、インクジェット技術を軸としたオープンイノベーションの取り組みの一つです。エプソンは1990年代からインクジェット技術の工業分野への応用に取り組み、2006年にはインクジェット印刷による液晶カラーフィルターの製造装置を実用化した実績があります。また、回路基板などのデバイスの試作やOLEDインクの開発も、自社開発したインクジェット描画装置を用いて行っており、そのノウハウが本製品に生かされています。

『R&D用インクジェット装置』は従来の社内装置と比較して大幅に省スペース化しながら、お客様の使いやすさを高めており、インクの噴射性能評価から任意の素材を用いた試作まで行うことができる点が特長です。また商品化後も、導入されたお客様のニーズに応じて継続的に機能を拡充し、オプションとして提供する予定です。

さらに、この『R&D用インクジェット装置』には、高精度で耐久性に優れたエプソン最先端のインクジェットプリントヘッド「PrecisionCoreプリントヘッド」を搭載しています。「PrecisionCoreプリントヘッド」は、最小単位であるプリントチップを組み合わせることで、多様なヘッド構成に対応できる拡張性も有しているため、『R&D用インクジェット装置』を用いた研究開発を通じてインクジェット技術の新たな用途が確立された際には、同品質のプリントヘッドを実用に適した構成で供給することも可能となります。

なお、本製品の開発に先行する取り組みとして、7月にはインクジェットを用いたフレキシブル基板の製造・販売を行うエレファンテック株式会社と資本業務提携を行いました。また富士見事業所(所在地:長野県諏訪郡富士見町)に開設した「インクジェット イノベーションラボ富士見」を拠点として、同社を含め、企業・研究機関等と連携した研究を開始しています。

エプソンは、インクジェットをはじめとする独自の技術を生かして、社会課題の解決や持続可能な社会の実現に寄与する新しい価値を創造してまいります。

■開発製品の概仕様

名称 R&D用インクジェット装置
サイズ 横幅910mm×奥行900mm×高さ1860mm
プリントヘッド PrecisionCore
主な機能 インク滴の飛行観察機能、インク滴の着弾観察機能、
100mm角ステージへの高精度描画機能
販売開始時期 2020年3月予定

■「第2回 高機能 塗料展」出展について

2019年12月4日(水)~12月6日(金)に幕張メッセで開催される「第2回 高機能 塗料展」にブース出展し、『R&D用インクジェット装置』の展示・デモンストレーションを行います。

※インクジェット技術の応用

「液状の材料を正確な位置に、必要な量だけ吐出する」というインクジェット印刷の特性を生かして、紙に文字や画像を印刷する従来の用途だけではなく、新たな用途に技術を応用する取り組みのこと。
一例として、銀ナノインクを基材に印刷して配線基板を作る、OLEDインクを印刷してディスプレイのカラーフィルターを作るといった用途があり、今後はバイオプリンティングなど幅広い分野への応用可能性も期待されています。

【関連リンク】

エプソンのインクジェット技術の工業応用については、下記ウェブページをご参照ください。

www.epson.jp/prod/inkjet_application/

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。