ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 EMPUSB2Setup.exe 1,233,387バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ドライバー
ソフトウェア名称 EPSON Projector USB-COM Driver
ソフトウェアID 5103
Ver/Rev 1.11
公開日 2007年3月22日
対応OS Windows XP / Windows 2000 / Windows Me / Windows 98(DOS/V) / Windows 98(NEC98) / Windows 98SE(DOS/V) / Windows 98SE(NEC98)
製品型番 EB-1720 / EB-1725 / EB-1730W / EB-1735W / EB-1750 / EB-1751 / EB-1760W / EB-1761W / EB-1770W / EB-1771W / EB-1775W / EB-1776W / EB-S02 / EB-S02H / EB-S10 / EB-S12 / EB-S12H / EB-S62 / EB-S8 / EB-W10 / EB-W12 / EB-W6 / EB-W8 / EB-X10 / EB-X12 / EB-X14 / EB-X6 / EB-X8 / EMP-1700 / EMP-1705 / EMP-1710 / EMP-1715 / EMP-1810 / EMP-1815 / EMP-1825 / EMP-61 / EMP-732 / EMP-737 / EMP-740 / EMP-745 / EMP-750 / EMP-755 / EMP-760 / EMP-765 / EMP-7800 / EMP-7850 / EMP-7900 / EMP-7950 / EMP-81 / EMP-82 / EMP-821 / EMP-830 / EMP-8300 / EMP-835 / EMP-8350 / EMP-9300 / EMP-S3 / EMP-S4 / EMP-TW10 / EMP-TW10G / EMP-TW10H / EMP-TW20 / EMP-TW200 / EMP-TW200H / EMP-TW500 / EMP-X5
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
<使用時の注意>
 本USBドライバをインストールし、PCとプロジェクタを接続することにより、
 PC上ではCOMポートが追加されます。
 しかし、このCOMポートはEPSON プロジェクタを制御するための物であり、
 通信ソフト等のアプリケーションではご使用にならないでください。

 また、プロジェクターを複数台同時に接続した場合、USBドライバとしては
 それぞれのプロジェクターに異なるCOMポートを割振り、同時に制御することが
 可能なドライバ構成になっています。

<インストール時の注意>
 USB接続時は、EMPLink21L及びUSBドライバをインストールしてから
 プロジェクターとPCの接続を行ってください。
 プロジェクターとPCを先に接続してしまうと、不明なデバイスとして
 検出される場合があります。

使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
  本ドライバは、EMP Link 21Lを使う為に、プロジェクタとUSB接続をして制御するための
  USBドライバソフトです。EMP Link 21をご使用になる場合は、本USBドライバソフトを
  必ずインストールしてください。

  また、EMP-9300用アプリケーションソフト(EMP Multi Screen Adjustment)をUSB接続にて
  行う場合にも、本USBドライバをインストールしてください。

  本ドキュメントには EPSON ESCVP21 プロジェクターUSBドライバをご使用いただく場合の
  注意事項が記載されています。


ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
1.11 2007年3月22日
  • 1つ前に戻る