ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 elsr22a.hqx 556,597バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 プリンタードライバー
ソフトウェア名称 VP/FBP/AP/MJモノクロシリーズ Macドライバ Driver Ver.2.20J
ソフトウェアID 4677
Ver/Rev 2.20J
公開日 1997年6月24日
対応OS 漢字Talk
製品型番 AW-100 / MJ-1000 / MJ-1000V2 / MJ-1010 / MJ-1050 / MJ-1050V2 / MJ-1100 / MJ-400 / MJ-450 / MJ-500 / MJ-500V2
作成方法 BinHex形式の登録ファイルをデコード後、自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
EPSON Link!2用ドライバはEPSON Link!3ケーブルではご使用頂けません。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
 本ドライバは、EPSON Print!2 (EPSON Link2対応版)Disk Rev.2.2aのうち、上記対象機種用ドライバを
 抜粋したものです。


【ファイル内容について】
本ダウンロードファイルには以下のファイルが含まれています。

 始めにお読みください    2.2a   本ドライバについてのドキュメント
 24ESC/P         2.20J  ESC/P 24ドットプリンタ用ドライバ
 48ESC/P         2.20J  ESC/P 48ドットプリンタ用ドライバ
 V2ESC/P         2.20J  ESC/P ラスタモード用ドライバ
 EPSONモニタ       1.10J  スプール印刷用プログラム
 ダウンロードファイルについて      ドキュメントファイル


【各ドライバの適合プリンタ】
 24ESC/P VP-600/870/1800/2200/4000/4100/4200/5000/5100/5200/6000
          FBP-3000
 48ESC/P AP-700
 V2ESC/P AP-400V2/1000V2,AW-100
         MJ-400/450/500(V2)/1000(V2)/1010/1050(V2)/1100


【制限事項について】
 本ドライバにはいくつかの制限事項があります。
 それらは「始めにお読みください」に記載してありますので、ご使用に先立ってお読みください。


【取り扱い説明書について】
 本ダウンロードファイルには、取り扱い説明書は含まれておりませんので、ご了承のほどお願いいたします。
 インストール方法、選択方法については、以下の記載をご参照くださるようお願いいたします。
 ドライバの各種設定項目についての説明は、ドライバ画面内の「ヘルプ」を参照してくださるようお願いいたします。


【インストール方法】
(1)StuffItやCompactProで、ダウンロードしたELSR22a.hqxファイルを、「BinHex形式のデコード」してください。
(2)デコードされたELSR22a.seaファイルをダブルクリックし自己解凍します。
(3)お使いになるプリンタに適合するドライバと、「EPSONモニタ」をシステムフォルダの機能拡張フォルダへ
    ドラッグコピーしてください。
(4)ASFU Fixerがシステムフォルダの機能拡張フォルダに組み込まれている場合は、機能拡張フォルダから取り除いて
    ください。
(5)Macintoshを再起動してください。


【ドライバの選択方法】
(1)セレクタの起動
   アップルメニューからセレクタを選択して開きます。
(2)ドライバの選択
   お使いになるプリンタに適合するドライバを選択してください。
(3)ポートの選択
   EPSON Link2を実際に接続しているポート(モデムポートまたはプリンタポート)を選択してください。
   その後、「セットアップ」ボタンをクリックし、表示されたダイアログボックスで「ESPON Link」を選択し、
   「OK」をクリックします。
(4)バックグラウンドプリントの設定
   バックグラウンドプリントをするときは、バックグラウンドプリントの項目を「入」にします。
(5)AppleTalkの設定
   プリンタポートにEPSON Link2を接続している場合は、AppleTalkを「不使用」にします。
(6)セレクタの終了
   クロージングボックスをクリックしてセレクタを閉じます。


【ASFU Fixer(機能拡張) について】
 AVシリーズ/PowerMacシリーズにて従来バージョンドライバをご使用時に、システムフォルダの機能拡張フォルダに
 組み込んでいたASFU Fixerは、本バージョンでは不要です。
 ASFU Fixerがシステムフォルダの機能拡張フォルダに組み込まれている場合は、機能拡張フォルダから取り除いて
 ください。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
2.20J 1997年6月24日
2.15J 1996年12月10日
  • 1つ前に戻る