ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(TM-C7500用プリンタードライバー(64bit OS))

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 TMC7500_64bit_v1800.exe 24,598,304バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 プリンタードライバー
ソフトウェア名称 TM-C7500用プリンタードライバー(64bit OS)
ソフトウェアID 36947
Ver/Rev 1.8.0.0
公開日 2022年12月21日
対応OS Windows 11 / Windows 10 64bit版 / Windows 8 64bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows Server 2022 / Windows Server 2019 / Windows Server 2016 / Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2
製品型番 TM-C7500
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
■バージョンアップ
旧バージョンの環境に、本ドライバーを上書きインストールする場合、印刷設定情報を引き継ぐことができません。印刷設定情報を引き継ぐためには、下記の作業を実施してください。

(1)	印刷設定情報を設定ファイル(BSFファイル)へ書き出します。
(2)	本ドライバーを上書きインストールします。
(3)	上記(1)で書き出した設定ファイルを取り込みます。

■サポート
本ドライバーは、下記のファームウェア以降の製品をサポートしています。

 TM-C7500シリーズ Firmware Ver.WAI32700以降

製品の本体ファームウェアバージョンをご確認の上ご使用ください。
対応していないファームウェア製品をご使用の場合は、プリンター本体のファームウェアを更新したうえでご使用ください。

■プリンターファームウェアの確認方法
 (1)プリンターに用紙を入れた状態でFeedボタンを押します
 (2)Feedボタンを押しながらプリンターの電源を入れます
 (3)印刷が開始されたらFeedボタンを離します
 (4)印刷結果にファームウェアバージョンが印刷されますのでご確認ください

■制限事項
・電源ON状態のプリンターを接続したままOSをアップデートするとユーザー設定が消えることがあります。OSアップグレード後にはドライバーの再インストールを推奨します。
・Microsoftサポート終了OSはインストールができなくなった時点でドライバーのサポートOSから除外します。
・windows11に同一機種を複数台USB接続した場合は、2台目以降のプリンターキュー(コピー)が作成されません。
変更点
【サポートOS】
下記 OS のサポートを追加
・Windows11
・Windows Server 2022
下記 OS のサポートを終了
・Windows 7 SP1 (32/64bit)
・Windows Vista SP2 (32/64bit)
・Windows Server 2008 R2 SP1
・Windows Server 2008 SP2 (32/64bit)
【新機能追加】
以下の機能を追加
・共有接続機能
・Driver Isolation 機能
【機能変更】
・ステータスモニターを完全に無効化できるように変更
・(Printer Setting) USB Information Setting 機能を削除
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【過去のバージョン履歴】
Ver.1.5.0.0
・同梱するPrinterSettingユーティリティーのバージョンがVer.1.4.0.0に変更になりました。
・1台のPC上に複数のプリンターがネットワークで接続されかつ、オフラインのプリンターキューが一つ以上存在するとき、印刷開始が遅延する不具合に対応しました。

Ver.1.2.0.0
・全面ラベル(ブラックマーク無し)用紙に対応しました(本体ファームウェア WAI32000以降使用時)

Ver.1.1.0.0
・製品型番TM-C7500Gに対応しました。
 ※ドライバーパッケージ(ダウンロードファイル)は、TM-C7500GとTM-C7500は別になります。 
・ユーザー定義用紙レイアウトの登録可能最大数を30から100へ変更しました。 
・黒比率補正の設定範囲を-6~4から-6~0へ変更しました。
・部数印刷時の処理を見直してスループットを改善しました。
・製品型番TM-C7500用ドライバーで、対応していない用紙「光沢紙」が用紙種類に表示される不具合を修正しました。
・ネットワーク接続で大量のラベル印刷を実行すると、途中で印刷されなくなる不具合を修正しました。 

Ver.1.0.0.0b
・新規リリースしました。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
1.8.0.0 2022年12月21日
【サポートOS】
下記 OS のサポートを追加
・Windows11
・Windows Server 2022
下記 OS のサポートを終了
・Windows 7 SP1 (32/64bit)
・Windows Vista SP2 (32/64bit)
・Windows Server 2008 R2 SP1
・Windows Server 2008 SP2 (32/64bit)
【新機能追加】
以下の機能を追加
・共有接続機能
・Driver Isolation 機能
【機能変更】
・ステータスモニターを完全に無効化できるように変更
・(Printer Setting) USB Information Setting 機能を削除
1.7.0.1 2021年8月5日
【不具合修正】
・特定サイズのフォントを含むラベルが印刷されない現象を修正
・印刷可能領域が狭くなる現象を修正
1.7.0.0 2021年4月26日
【サポートOS終了】
・windows XP
・windows Server2003 R2
・windows Server2003

【不具合修正】
・脆弱性対応
1.6.0.0 2019年8月19日
・サポートOSにWindows Server 2019が追加されました。
  • 1つ前に戻る