ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(CSシリーズ用 Management Console)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 csmcw312.exe 1,400,639バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ユーティリティー
ソフトウェア名称 CSシリーズ用 Management Console
ソフトウェアID 331
Ver/Rev 3.12
公開日 2000年2月17日
対応OS Windows 2000 / Windows 98(DOS/V) / Windows 98(NEC98) / Windows 95(DOS/V) / Windows 95(NEC98) / Windows NT 4.0(DOS/V) / Windows NT 4.0(NEC98)
製品型番 CS-5000N / CS-5500N / CS-6000N
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
ソフト紹介 本ユーティリティはCSシリーズ用サーバスキャン管理ユーティリティ ManagementConsole(Windows2000対応)用のDISK1、DISK2に相当します。
変更点
・Windows2000に対応しました。
・CS-6000N使用時のES-8000に対応しました。

ソフトウェア詳細情報

【動作環境】Microsoft Windows 95 日本語版
      Microsoft Windows 98 日本語版
      Microsoft Windows NT4.0  Server/WorkStation  日本語版
      Microsoft Windows 2000  Server/Professional 日本語版


【ご注意】CS-5000N/5500N/6000NをWindows2000でご使用になる場合、次の点に注意してください。
 ●サーバスキャンを使用する場合の注意
   サーバースキャンの機能を、Windows2000でご使用になる場合の注意点は、以下のとおりです。
   <WindowsNTをWindows2000にアップグレードする前の注意>
     WindowsNTのバックアップドメインコントローラにサーバスキャンを設定している場合、
     WindowsNT上で登録済みのネットワークスキャナを削除してからサーバを
     Windows2000 Serverにアップグレードし、アップグレード後にネットワークスキャナを登録し直してください。
     (ネットワークスキャナの削除と登録は、Management Consoleで行います。)

     上記の作業を行わずにWindows2000にアップグレードした場合、次の現象が発生しますが、
     Windows2000上で登録済みのネットワークスキャナの削除と登録を行うと正常に戻ります。

     ・操作パネルからのスキャン実行時にエラーが発生する
      (Windows2000 Serverのドメインコントローラにアップグレードした場合に発生します。)

     ・クライアントPCからメンバーサーバにログオンしたユーザーが、スキャンフォルダにアクセスできない
      (Windows2000のメンバーサーバーにアップグレードした場合に発生します。)


   <Windows2000上でネットワークスキャナの登録を行う場合の注意>
     サーバスキャンのファイルサーバがWindows2000 Serverの場合、Management Consoleで
     [新規登録]ボタンをクリックすると「未登録のネットワークスキャナはありません」と表示され、
     スキャナの登録ができない場合があります。

     この場合は、Windowsフォルダ中のImhostsファイルに下記の行を追加して、
     新規スキャナ設定をやり直してください。(下記の_は、半角スペースまたはタブです。)

      コピーサーバのIPアドレス_ASCANNIS_#PRE

     新規スキャナ設定が終了したら、上記の行はImhostsファイルから削除してください。


   <Windows2000上でサーバの構成を変更する場合の注意>
     Windows2000 Serverにサーバスキャンを設定している場合、サーバの構成を
     「ドメインコントローラ」->「スタンドアロンサーバ」に変更すると、コピーサーバから
     Windows2000 Serverにログオンできなくなります。
     このため、サーバ構成変更の前にManagement Consoleでネットワークスキャナを削除し、
     サーバ構成の変更後、改めて新規スキャナの設定を行ってください。
     サーバ構成の変更を先に行った場合は、Management ConsoleとWebAdminで
     サーバスキャンの設定をやり直す必要があります。
     Management Consoleで登録済みのネットワークスキャナを削除し、WebAdminで
     サーバスキャンを無効に設定した後に、WebAdminとManagement Consoleで
     サーバスキャンの設定を再度行ってください。


   <サーバスキャンのファイルサーバがNetWareサーバの場合の注意>
     サーバスキャンのファイルサーバがNetWareサーバの場合、Windows2000の
     コンピュータ上からはManagement Consoleを使用できません。
     この場合、ネットワークスキャナの設定は、Management ConsoleをWindows95/98または
     WindowsNT3.51/NT4.0 Workstationのコンピュータ上で使用して行ってください。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
3.12 2000年2月17日
・Windows2000に対応しました。
・CS-6000N使用時のES-8000に対応しました。
  • 1つ前に戻る