ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(ファームウェア)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 SB01906260.fpg 4,210,961バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ファームウェア
ソフトウェア名称 ファームウェア
ソフトウェアID 28190
Ver/Rev SB001H6
公開日 2019年9月11日
対応OS Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8 64bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版 / Windows Vista 32bit版 / Windows Vista 64bit版 / Windows XP / Windows XP x64 Edition / macOS Mojave(Mac OS 10.14) / macOS High Sierra(Mac OS 10.13) / macOS Sierra(Mac OS 10.12) / OS X El Capitan(Mac OS 10.11) / OS X Yosemite(Mac OS 10.10) / OS X Mavericks(Mac OS 10.9) / OS X Mountain Lion(Mac OS 10.8) / OS X Lion(Mac OS 10.7) / Mac OS X 10.6 (Intel) / Mac OS X 10.5 (Intel/PPC) / Mac OS X 10.4.11 (Intel) / Mac OS X 10.4.11 (PPC)
製品型番 SC-S70650
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
変更点
<プリンター本体>
 変更なし

<ネットワーク>
・海外向け製品のフォント規格の変更に対応しました。
・ネットワーク機能の脆弱性に対応しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
 SC-S70650本体/ネットワークのファームウェアを、LFPリモートパネル2 を使用して、
 一括でアップデートすることができます。

【内容詳細】
 本ファイルには以下のファームウェアが含まれます。
   プリンタ本体:SB001H6
   ネットワーク:01.12

【ご使用方法】
 最新の「LFPリモートパネル2」を利用してアップデート頂けます。
  
【アップデート方法】
 「LFPリモートパネル2」と同時にインストールされる取扱説明書を確認ください。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
SB001H6 2019年9月11日
<プリンター本体>
 変更なし

<ネットワーク>
・海外向け製品のフォント規格の変更に対応しました。
・ネットワーク機能の脆弱性に対応しました。
SB025FC 2016年1月22日
・メンテナンスコール2000の判定方法を変更しました。
・電源ON後のロゴ表示時に電源をOFFするとハングアップする
 ことがある点を修正しました。
・廃インクタンクのニアエンドが表示されない場合がある点を
 修正しました。
・クリーニング動作を一部変更しました。
SB022F7 2015年8月24日
・ホワイトとメタリックシルバーインクのプリント
  信頼性を向上しました。
・特定条件下で稀に、「非純正カートリッジです。
 本来の性能が発揮できないことがありますが、
 使用しますか?」とパネルに表示される場合が
 ある点を修正しました。
・特定条件下で稀に、「しばらくおまちください」と
 パネルに表示されたままフリーズする場合がある点を
 修正しました。
・ステータスシートの「Printer Initatial Setup Date」
 の印刷内容を修正しました。
SB010F4 2015年5月20日
・OR+インク対応F/W(Ver.SB010F2)に更新後、
 パネルに「しばらくお待ちください」の
 表示のままフリーズする現象を修正しました。
・ユーザーメンテナンスの実施を促すワーニングの
 表示を1週間毎から2週間毎に変更しました。
SB010F2 2015年2月26日
ファームウェアバージョンSB027D2以降の主な変更点は、以下のとおりです。
・オレンジプラスインクに対応しました。(SB010F2で対応)
 メンテナンスメニュー内の「オレンジインク切り替え」からオレンジインクと
 オレンジプラスインクの切り替えが可能です。
 切り替え時は、イエローインク及びクリーニング液2本が追加で必要です。
 切り替え手順詳細は、マニュアルダウンロードページから「オレンジインクを
 お使いの方へ」をご参照ください。
・電源ボタンを使用せず、コンセントを抜いて電源をOFFしてしまった場合、
 次回電源ON時に前回のプリンター設定情報が保持されない場合がある点を
 修正しました。(SB010F2で対応)
・カラーモード切り替え機能に対応しました。(SB018EAで対応)
 ご購入時に10色モデルをお選び頂いたお客様は、8色/9色/10色の組み合わせから
 自由にインクセットを選択できるようになりました。
 切り替え時はクリーニング液、モードに応じたインクが必要です。
 切り替え手順詳細は、マニュアルダウンロードページから「ユーザーズ
 ガイド」をご参照ください。
・自動メディア調整機能を追加しました。(SB018EAで対応)
・ユーザーメディア設定内の一部設定項目を「高度な設定」の下に階層を
 変更しました。(SB018EAで対応)
・ホワイト、メタリックシルバーインク以外のその他の色も「インクリフレッシュ」
 が実施できるように変更しました。(SB018EAで対応)
・キャリッジ副軸のグリスが消耗するタイミングで、注油を促すメッセージを
 表示するようにしました。メッセージが表示された際は注油キットを使って
 注油を行ってください。(SB017E1で対応)
・メンテナンス動作中、内部部品に一定の負荷が生じた場合、操作パネルの
 プログレスバーの左に「*」を表示するよう変更しました。「*」表示が
 消えるまでの間は、プリンターの電源を切らずにお待ちください。
 (SB002DCで対応)
・自動メディア送り調整の調整精度を向上しました。(SB005D8で対応)
・ノズルチェックパターンの印刷位置を選択できるように変更しました。
 (SB005D8で対応)
  • 1つ前に戻る