ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 JW01905300.fpg 4,801,677バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ファームウェア
ソフトウェア名称 ファームウェア
ソフトウェアID 27948
Ver/Rev JW01905300
公開日 2019年7月19日
対応OS Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8 64bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版 / Windows Vista 32bit版 / Windows Vista 64bit版 / Windows XP / Windows XP x64 Edition / OS X Mountain Lion(Mac OS 10.8) / OS X Lion(Mac OS 10.7) / Mac OS X 10.6 (Intel) / Mac OS X 10.5 (Intel/PPC) / Mac OS X 10.4.4 (Intel) / Mac OS X 10.4.5 (Intel) / Mac OS X 10.4.6 (Intel) / Mac OS X 10.4.7 (Intel) / Mac OS X 10.4.8 (Intel) / Mac OS X 10.4.9 (Intel) / Mac OS X 10.4.10 (Intel) / Mac OS X 10.4.11 (Intel) / Mac OS X 10.4.0 (PPC) / Mac OS X 10.4.1 (PPC) / Mac OS X 10.4.2 (PPC) / Mac OS X 10.4.3 (PPC) / Mac OS X 10.4.4 (PPC) / Mac OS X 10.4.5 (PPC) / Mac OS X 10.4.6 (PPC) / Mac OS X 10.4.7 (PPC) / Mac OS X 10.4.8 (PPC) / Mac OS X 10.4.9 (PPC) / Mac OS X 10.4.10 (PPC) / Mac OS X 10.4.11 (PPC)
製品型番 PX-H9000
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
変更点
・ネットワークの脆弱性に対応しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
  PX-H9000/ネットワーク/オプション(自動測色器・自動巻取り装置)の
  ファームウェアを、LFPリモートパネル2 または MAXARTリモートパネル2 を
  使用して、一括でアップデートすることができます。


【内容詳細】
  本ファイルには以下のファームウェアが含まれます。
   プリンタ本体: JW124G5
   ネットワーク: 01.13
   オプション(自動測色器・自動巻取り装置): AJ3085


【ご使用方法】
  製品同梱ソフトウェアCD「LFPリモートパネル2」または「MAXARTリモートパネル2」を
  利用してご使用できます。


【アップデート方法】
  「LFPリモートパネル2」または「MAXARTリモートパネル2」と同時にインストールされる
  取扱説明書を確認ください。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
JW01905300 2019年7月19日
・ネットワークの脆弱性に対応しました。
JW01710060 2017年11月17日
・WebConfigの脆弱性に対応しました。
JW01605260 2016年8月3日
・自動測色器ILS30で、蛍光増白剤が多量に用いられた用紙を
 測色した際、測色エラーとなってしまう場合がある点を
 修正しました。
・ユーザー用紙設定で、セットした用紙の厚みを検出する
 [用紙厚検出パターン]の精度を改善しました。
JW01505130 2015年5月20日
・自動測色器ILS30/20の初期設定直後、自動測色器
 ユーティリティーを起動するとエラーが発生する点
 を修正しました。
JW01410170 2015年2月16日
・ILS30に対応しました。
JW01409090 2014年9月17日
JW01408250 2014年9月8日
・量産対応におけるLCDパネルの仕様変更に対応しました。
JW01303280 2013年7月10日
・四辺フチなし(はみ出し量設定:少ない)で印刷をおこなった際に、
 余白が発生する場合がある点を修正しました。

JW01210240 2012年10月26日
・ブラックインクチェンジ後に自動ノズルチェックが正常に作動しない
 ことがある点を修正しました。

JW01207090 2012年7月10日
・MacOS X 環境から左右フチなし(はみ出し量設定:少ない)
 印刷をおこなった際に余白が発生する場合がある点を修正
 しました。本現象につきましては本ファームウェアと最新
 プリンタードライバーの両方を適用することで回避されます。

・紙送り補正機能の追加
 本体パネルより、
 「ユーザー用紙設定」-->「用紙送り補正」-->「パターン」
 を実行することにより、紙送り補正用のパターンを印刷し、
 パネルの指示に従って最適なパターンを選択することで、
 その用紙に合った紙送りに補正します。

・簡易キャリブレーション機能の追加
 カラーキャリブレーションツールを利用して簡易的な
 色補正をおこなうことができます。
 本機能のご使用いただくことにより印刷環境等による
 色の変動を改善します。

・高速フォトモードの追加
 EPSONプロフェッショナルフォト<薄手 光沢>または
 <薄手 半光沢>を選んだ際、印刷品質から「速い」が
 選択可能となります。
 ※但し従来の「きれい」は選択できなくなります。
  従来の「きれい」相当の印刷をおこないたい場合は
  印刷品質の「詳細設定」から「レベル2」を選択して
  印刷してください。

・普通紙使用時のファン吸引量を最適化しました。

・左右フチなし印刷の際に余白が発生する場合がある点を
 修正しました。

・複数台のクライアントからネットワーク経由で印刷を
 行った際に印刷できないことがあった点を修正しました。

JW01111010 2011年11月17日
・自動ノズル抜け検出にて、ノズル抜けを検出した場合の
 クリーニング動作を最適化いたしました。

・パネルの分割クリーニングに“実行(強力)”クリーニング
 を追加いたしました。

・Macドライバーから上下フチなし長尺設定で印刷した場合、
 後端に2~3mmの余白ができてしまう不具合を修正しました。

・インクカートリッジの検出処理精度を向上いたしました。

・自動測色器を使用し、紙送り後にバックフィード動作が
 入った場合に、紙端(PE)検出が正しく機能せず、
 結果として印刷済み領域へ重なって印刷される問題が
 発生する可能性があった点を修正いたしました。

JW01108170 2011年9月6日
以下の修正/改善を行いました。
・以下のエラーコードを変更しました。
  旧:サービスコールエラーD131
  新:メンテナンスコール0010
・まれに「サービスコールエラーD131」が発生することがある点を
 修正しました。
・切取り線印刷時にハングアップすることがある点を修正しました。
  • 1つ前に戻る