ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(ファームウェア)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 AN01902280.fpg 4,593,492バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ファームウェア
ソフトウェア名称 ファームウェア
ソフトウェアID 27561
Ver/Rev AN01902280
公開日 2019年4月8日
対応OS Windows 11 / Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8 64bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版 / Windows Vista 32bit版 / Windows Vista 64bit版 / Windows XP / Windows XP x64 Edition / Windows 2000
製品型番 PX-W8000
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
変更点
・ネットワーク脆弱性に対応しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
  PX-W8000 / ネットワーク / オプション(自動測色器)のファームウェアを、LFPリモートパネル2 または 
  MAXARTリモートパネル2 を使用して、一括でアップデートすることができます。

【内容詳細】
  本ファイルには以下のファームウェアが含まれます。

   プリンタ本体: AN111GB
   ネットワーク: 01.18
   オプション(自動測色器):AA3085

【ご使用方法】
  製品同梱ソフトウェアCD「LFPリモートパネル2」または「MAXARTリモートパネル2」を利用してご使用できます。

【アップデート方法】
  「LFPリモートパネル2」または「MAXARTリモートパネル2」と同時にインストールされる取扱説明書を確認ください。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
AN01902280 2019年4月8日
・ネットワーク脆弱性に対応しました。
AN01709210 2017年11月17日
・WebConfigの脆弱性に対応しました。
AN01611150 2016年12月6日
・自動測色器ILS20で測色時にエラーとなる場合がある点
 を修正しました。
・ユーザー用紙を使用する際、用紙厚パターン調整にて、
 適切な用紙厚値が得られない場合がある点を修正しました。
AN01505010 2015年5月20日
・ロール紙残量検知の精度を向上しました。
・自動測色器ILS20の初期設定直後、自動測色器
 ユーティリティーを起動するとエラーが発生す
 る点を修正しました。
AN01409040 2014年9月8日
・量産対応におけるLCDパネルの仕様変更に対応しました。
AN01205170 2012年7月10日
複数台のクライアントからネットワーク経由で印刷を
おこなった際に、印刷できないことがあった点を修正
しました。
AN01110250 2011年11月16日
以下の修正/改善を行いました。

・自動ノズル抜け検出にて、ノズル抜けを検出した場合の
 クリーニング動作を最適化いたしました。

・パネルの分割クリーニングに“実行(強力)”クリーニング
 を追加いたしました。

・インクカートリッジの検出処理精度を向上いたしました。

・自動測色器を使用し、紙送り後にバックフィード動作が
 入った場合に、紙端(PE)検出が正しく機能せず、
 結果として印刷済み領域へ重なって印刷される問題が
 発生する可能性があった点を修正しました。
AN01108180 2011年9月6日
以下の修正/改善を行いました。
・以下のエラーコードを変更しました。
  旧: サービスコールエラー D131
  新: メンテナンスコール 0010
・まれに「サービスコールエラーD131」が発生することがある点を
 修正しました。
・切取り線印刷時にハングアップすることがある点を修正しました。
AN01104180 2011年6月22日
・プリンターが待機モード後、印刷ができない、操作パネルがフリーズ
 するなどが発生する場合があった点を修正しました。

・自動測色器マウンタにて測色中、用紙を誤検出してしまい用紙を途中で
 カットしてしまう、または用紙認識エラーなどが発生する場合があった
 点を修正しました。

・プリンターが待機モード時、インクカバーオープン実行後、メンテ
 ナンスタンク挿抜等を行った場合、サービスコールエラーが発生する
 場合があった点を修正しました。
AN01102080 2011年4月4日
・対応メディアを追加しました。
  - メタリックプルーフフィルム
  - クリアプルーフフィルム <薄手>
  - クリアプルーフフィルム <のり付>

・自動ノズル抜け検出時のメッセージについて、パネル上の
 表示を消去するタイミングを以下のように変更しました。
  1) 手動クリーニング実施後
  2) ノズルチェック印刷開始時
  3) パネル設定 "自動ノズル抜け検出"を OFF に設定時

・印刷中断時、メモリ領域が不正となる場合がある点を修正しました。
 <発生条件>
 電源ON してから1回も印刷(ページ開始処理)が実行されていない
 状態において、ホストから印刷データを送信し、印刷開始前に
 ジョブ キャンセルを実行した場合。
 <現象>
 メモリ領域が不正となる可能性があり、その場合、動作が一時的に
 停止するなど予期しない現象につながることがあります。

・自動測色器の仕様変更
  1) 自動測色器の高速化を行いました。
  2) ジョブ 開始時にキャリブレーションが失敗していた場合
     「自動測色器エラー」のメッセージを表示します。

・「自動カット長」メニューを追加しました。
 <フィルム系ロール紙最短カット長>
 「自動カット長」>「デフォルト」を選択の場合: 約420mm(従来通り)
 「自動カット長」>「節約」を選択の場合: 約80mm
   ※ カット後の丸まりを考慮した場合 420mm を推奨としますが、
     お客様の判断により上記選択が可能となります。
AN01007050 2010年8月26日
・ジョブキャンセル後に不必要な紙送りがされることがあった点を
 修正しました。
・ノイズによりモーターの発熱計算に影響を及ぼし、場合によっては
 プリンターがハングアップする可能性がある点を修正しました。
・RIP使用時、ドライバーでマイクロウィーブが設定された状態で
 印刷中に、パネルにてリセット or 電源OFF するとハングアップする
 ことがあった点を修正しました。
  • 1つ前に戻る