製品情報

モバイル&クラウド

3DフレームPrint

メールプリント LINEアプリからのプリント/AIスピーカーからのプリント

パソコン、携帯電話、スマートフォンなどメールが送信できる機器から、メールアドレスを持つネットワークプリンターへ、印刷したいファイルを送信するだけで印刷ができます。送信時に特別なアプリケーションは必要なく、友達にメールを送る感覚で、どこからでも簡単に印刷ができます。また、AIスピーカーをお持ちであれば、音声でプリントすることができます。

ご利用のための準備(メールプリント)

メールプリントに利用にあたり、下記の動作環境が整っていることを確認してください。また、セットアップをおこなってメールプリントを使えるようにしてください。

動作環境

  • ・プリンターがメールプリントに対応している
  • ・プリンターがネットワーク接続されている
  • ・プリンターがインターネットに接続できる
    正常に印刷するためには下記の接続速度が必要です。
    最低速度環境:下り512Kbps以上、推奨速度環境:下り1Mbps以上
  • ・5222ポートが解放されている(企業内ネットワーク環境)
  • ・インターネットに接続したネットワーク環境が必要です。

セットアップ方法

あらかじめセットアップをおこなって、メールプリントサービスにプリンターを登録する必要があります。
メールプリントのセットアップは、同じネットワークに接続されているパソコンでおこないます。セットアップの手順は、お使いのパソコンのOSによって異なります。

Windowsをご利用の場合Mac OS Xをご利用の場合

メールプリントサービスのユーザーページにログインすれば、プリンターの近くにいなくても印刷状況を確認できます。下のボタンからログインページへお進みください。

メールプリント ログインページはこちら
このページの先頭へ

メールプリントの使い方紹介

メールプリントの使用方法、機能については下記ページにてご紹介しています。

カラリオでメールプリントへビジネスでメールプリントへ
このページの先頭へ

メールプリントの対応ファイル形式

以下のファイルを印刷できます。

Microsoft® Word(doc、docx)、Microsoft® Excel®(xls、xlsx)、Microsoft® PowerPoint®(ppt、pptx)
Adobe® PDF(pdf)
画像ファイル(jpeg、gif、png、tiff※1※2、bmp)
メール本文(テキスト/HTML形式)

※上記のファイルであっても、下記に該当するファイルは印刷できません。

  • ・圧縮処理や、暗号化されているファイル
  • ・パスワードや、デジタル署名が設定されているファイル
  • ・印刷禁止を設定されているファイル
  • ・一部または全部が壊れているファイル
  • ・低解像度でのみ印刷許可設定されているPDFファイル
  • ・極端にベクターデータが多いPDFファイル
  • ・マルチページTIFFファイル
  • ※印刷可能な添付ファイル数、添付ファイルサイズは下記の通りです。
    添付ファイル数:合計10個
    添付ファイルサイズ:合計20MB(メール本文含む)
  • ※印刷待ちメールは最大72時間保存されます。
  • ※印刷待ちメールは100件まで保存されます。101件以降は受信しません。
  • ※プリンターのメールアドレスは、宛先(To)とCCに合計100件まで指定可能です。BCCにプリンターのアドレスを指定した場合は印刷されません。
  • ※1 ファクスなどで利用されるG3/G4形式は正しく印刷されない場合があります。
  • ※2 マルチページTIFFには対応していません。
このページの先頭へ

メールプリント for エンタープライス(オンプレミス版)の紹介

メールプリントをイントラネット内で実現する「メールプリント for エンタープライズ」については、こちらをご参照ください。

このページの先頭へ

LINEアプリからのプリント

まずはEpson Connectでプリンターとユーザーの登録をしてください。

Epson Connect登録方法はこちら

LINEアプリからのプリント方法・対応ファイルはこちら

LINEアプリからのプリント使い方はこちら
このページの先頭へ

AIスピーカーからのプリント

まずはEpson Connectでプリンターとユーザーの登録をしてください。

Epson Connect登録方法はこちら

対応スピーカー:Amazon Alexa 対応端末、Google アシスタント 対応端末

  • (注)Google は、Google LCC の商標です。

各AIスピーカーでの使い方はこちら。

Amazon Alexa 対応端末 使い方Google アシスタント 対応端末 使い方
このページの先頭へ

対応プリンター

カラリオプリンター(インクジェットプリンター)

  • EP-10VA
  • EP-30VA
  • EP-50V
  • EP-982A3
  • EP-979A3
  • EP-978A3
  • EP-977A3
  • EP-976A3
  • EP-907F
  • EP-906F
  • EP-905F
  • EP-905A
  • EP-904F
  • EP-904A
  • EP-882AW/AB/AR
  • EP-881AW/AB/AR/AN
  • EP-880AW/AB/AR/AN
  • EP-879AW/AB/AR
  • EP-812A
  • EP-811AW/AB
  • EP-810AW/AB
  • EP-808AW/AB/AR
  • EP-807AW/AB/AR
  • EP-806AW/AB/AR
  • EP-805A/AW/AR
  • EP-804A/AW/AR
  • EP-777A
  • EP-776A
  • EP-775A/AW
  • EP-712A
  • EP-711A
  • EP-710A
  • EP-709A
  • EP-708A
  • EP-707A
  • EP-706A
  • EP-306
  • PX-049A
  • PX-048A
  • PX-047A
  • EW-452A
  • EW-052A
  • PX-437A
  • PX-436A
  • PX-435A
  • PF-71(注1)
  • PF-70(注1)

(注1):ロール紙には印刷できません。AIスピーカーからのプリントには非対応です。

エコタンク搭載モデル

  • EW-M5071FT
  • EW-M970A3T
  • EW-M770T/TW
  • EW-M752T
  • EW-M670FT/FTW
  • EW-M660FT
  • EW-M630TB/TW
  • EW-M571T/TW
  • EP-M570T
  • EP-M552T
  • PX-M270FT
  • PX-M270T
  • PX-M160T
  • PX-S270T
  • PX-S170T
  • PX-S160T

ビジネスプリンター(インクジェットプリンター)

  • エプソンのスマートチャージ対応モデル
  • PX-M7110Fシリーズ
  • PX-M7050シリーズ
  • PX-M5081F
  • PX-M5080F
  • PX-M5041F
  • PX-M5040F
  • PX-1700F
  • PX-M860F
  • PX-M886FL
  • PX-M885F
  • PX-M884F
  • PX-M840F
  • PX-B750F
  • PX-M781F
  • PX-M780F
  • PX-M741F
  • PX-M740F
  • PX-M680F
  • PX-M650F
  • PX-M650A
  • PX-675F
  • PX-605F
  • PX-535F
  • PX-504A
  • PX-M381FL
  • PX-M380F
  • PX-M350F
  • PX-S7110シリーズ
  • PX-S7050シリーズ
  • PX-S5080
  • PX-S5040
  • PX-S5010
  • PX-S860
  • PX-S885
  • PX-S884
  • PX-S840
  • PX-B700
  • PX-S740
  • PX-S381L
  • PX-S380
  • PX-S350
  • PX-S06B
  • PX-S06W
  • PX-S05W
  • PX-S05B
このページの先頭へ

よくあるご質問

お問い合わせの多い質問をまとめました。セットアップや印刷がうまくできないときにご覧ください。

よくあるご質問はこちら