製品OS対応情報

型番検索

エプソンのスマートチャージ
Google Chrome OS 対応表


表の見方

表示欄 意味 凡例
OS対応 その製品が各OSで使用できるかどうかを示しています。 【プリンター対応】
 ○:OS標準の印刷機能にて対応します。
 -:非対応です。
【スキャナー対応】
 ○:OS標準の「スキャン」アプリケーションにて対応します。
 -:非対応です
接続対応詳細 各インターフェイスごとの対応可否を示しています。 〇:標準対応しています。
-:非対応です。
※製品添付またはダウンロード提供のソフトウェアは、Chrome OSには対応しておりません。

OS対応表

2021年6月4日現在

機種名 OS対応 接続対応詳細 備考
プリンター対応 スキャナー対応 ※1 USB 無線LAN USB接続時 無線LAN接続時
LX-10050MFシリーズ ※2 ※2
LX-7550MFシリーズ ※2 ※2
LX-6050MFシリーズ ※2 ※2
LX-10000Fシリーズ -
LX-7000Fシリーズ -
LX-10020MFシリーズ ※2 ※2
LX-10010MFシリーズ -
PX-M7090FX
PX-M7080FX
PX-M7070FX ※3
PX-M7050FX -
PX-M880FX
PX-M840FX -
PX-S7090X -
PX-S7070X -
PX-S7050X -
PX-S880X -
PX-S840X -
Chrome OS 86以降の環境に対応します。
注: 旧ChromeOS 79では、以下3点の制限事項がありますので、必ずChrome OS 86以降をご利用ください。
印刷設定において、"白黒"を指定してもカラーで印刷されます。
印刷設定において、"部数"で2以上を指定した場合、"部単位で印刷"オプションにチェックを入れても、部単位印刷が有効になりません。
印刷設定において、"部数"設定に2以上を指定しても機能しません。
Chrome OSでは、OS標準の印刷機能及びOS標準の「スキャン」アプリケーションでのみ使用可能です。ドライバーの追加インストールはできません。

※1: スキャン機能において、以下の制限事項があります。
1)A4、Letter以外のサイズをスキャンする場合は、スキャナーの最大読み取りサイズでスキャンされます。
保存後に、画像処理アプリで必要な領域を切り出してください。
(詳細設定>ページサイズで「スキャン領域に合わせる」を選択してスキャン。)
2)ADF(オートドキュメントフィーダー)からのスキャン時、読み取り画像がズレたり欠けたりする場合があります。
<回避方法>
原稿台からスキャンする(A3スキャナーの場合、原稿は横置きのみサポート)。
詳細設定>ページサイズ「スキャン領域に合わせる」でスキャンし、保存後に画像処理アプリで必要な領域を切り出す。
3)ADF(オートドキュメントフィーダー)での両面スキャン時、偶数ページが180度回転した画像になります。
保存後に画像処理アプリで修正してください。
※2: ESC/P-Rを指定した場合、印刷速度が低下します。
※3: 無線LAN接続時は、スキャン機能は使用できません。(スキャンアプリで機種名は表示されますが、スキャン動作しません。)
スキャン機能はUSB接続でご利用ください。
※ Chrome OSは、 Google LLCの商標です。

カテゴリーを選び直す