スマートデバイスから直接印刷、周辺機器を制御

WebアプリケーションからXML送信のみで印刷や周辺機器(バーコードスキャナー、POSキーボード、カスタマーディスプレイ、磁気カードリーダー、自動つり銭機、決済端末)の制御が容易に行えるWebサービス(ePOS-Device)を搭載。

【POINT 1】 子機プリンターの制御が可能

以下のプリンターを子機に設定し、印刷の制御ができます。
TM-T88VI(注1)/TM-T88V/TM-T70/TM-T70II/TM-T90/TM-T90II/TM-T90KP/TM-L90/TM-T20III(注2)/TM-T20II/TM-P60II/TM-P20

(注) 最大20台まで、ネットワークインターフェイス仕様限定
(注1) ネットワークプリンターとして「TM-T88VI」を登録する場合は、機種名は「TM-T88VI」または「TM-T88V」をお選びください。
(注2) ネットワークプリンターとして「TM-T20III」を登録する場合は、機種名は「TM-T20II」をお選びください。
【POINT 1】子機プリンターの制御が可能

【POINT 2】 Webサーバーからダイレクト印刷

Webサーバーとの間で、印刷データの取得から印刷結果の通知までを自動的に行うサーバーダイレクトプリント機能を搭載。Web環境での印刷処理を容易にします。(HTTPS対応)

【POINT 2】 Webサーバーからダイレクト印刷

【POINT 3】 簡易Webサーバーとしての運用に対応

内蔵されたSSD上にWebアプリケーションを実装し、Webサーバーとして利用することが可能です。ネットワークが断線しクラウド上のWebサーバーが利用できない状況でも、業務を継続して行うことができます。
また、あらかじめ設定したタイミングで本体内のWebコンテンツを自動更新することができます。

【POINT 3】 簡易Webサーバーとしての運用に対応

【POINT 4】 複数端末からの印刷指示もスプーラーが解決

TM-DTのスプーラーを有効にすると、印刷データを保存してすぐに応答を返します。実際の印刷完了を待たずに次の印刷オペレーションに移ることができます。

【POINT 4】 複数端末からの印刷指示もスプーラーが解決

NEWOPOS標準仕様準拠の周辺機器との接続性が向上し、タブレットPOSでの自動釣銭機・決済端末の導入を強力にサポート。

TM-DTシリーズに搭載される新しいePOS-Deviceサービス(Ver.4.0以降)では、従来のデバイス制御スクリプト方式に加えて、デバイス制御プログラム方式を新設。
標準仕様準拠のOPOSドライバーが完備されたデバイスであれば容易に接続することができます。
アプリケーション開発キット Epson ePOS SDKはiOS/Android/Windows®10/JavaScriptのパッケージをご用意、Webアプリ/ネイティブアプリいずれの開発にも対応できます。

Webアプリケーションの開発やタブレットPOSでの自動釣銭機・決済端末の導入を強力にサポート。POS周辺機器の接続性が向上しました。
  • インテリジェントモデル
  • モバイルモデル
  • スタンダードモデル
  • スタンダードモデル対応(複写紙対応)