M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
いますぐ100切り90切りしたい人へ いまどきのスピード上達法 GOLF Waggle

第3回 石井忍の100切りレッスン「ミスヒットを減らす」

急加速せずに「等速・等圧」でスイングしよう

沼田さんのスイングデータを見た石井は、アマチュアに多いもうひとつの問題点を指摘する。

石井プロ:テークバックにかかる時間とダウンスイングにかかる時間の差が、スイングごとにバラバラなんです。ひと口にいうと「リズムが悪い」。これはミート率が低い人に多い傾向です。

沼田さん:たしかに、よく「リズム悪いね」と指摘されます。でも、どうすればよくなるんですか?

石井プロ:スイング中のどこかでリキみが入ったりゆるんだりして、スイングの速度が変わってしまうんです。力を入れるべきポイントを意識して、「等速、等圧」で振れればリズムもよくなりますよ。

急加速せずに「等速・等圧」でスイングしよう

石井プロの解説

Point1

等圧・等速を意識して切り返す

スイング中の力感を変えないこと、急加速しないことがいいリズムを生むカギ。とくに切り返しはリキみやすいので注意しよう。

等圧・等速を意識して切り返す
Point2

左ワキを締めて構えその力感をキープ

アドレスでの左ワキの締まり感をスイング中崩さないようにする。左腕はカラダの真横よりもやや前に出て、腕の重みで軽く締まる感じ。

左ワキを締めて構えその力感をキープ左ワキを締めて構えその力感をキープ
Point3

左手の3本指をしっかりと握る

スイング中に「締める」べきもうひとつのポイントは左手。とくに小指、薬指、中指の3本は比較的しっかり握り、その力感を保ってスイングしよう。

左手の3本指をしっかりと握る

Check!

スイングテンポをそろえよう

左手と左ワキに“締まり”をつくる

“上げる時間”と“下ろす時間”の差がいつもバラバラ

テークバックよりもダウンスイングが4.4倍も速く、しかも毎回バラバラ。そのためミート率が低かったが、石井の指導で3.0倍前後に安定し「等速」に近づいたことで芯に当たるようになった。

沼田 陽司さん ムダな「リキみ」がなくなりました!
Before

Before

After

After

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!