M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
石井忍のパッティングドリル パットは自宅でうまくなろう! GOLF Waggle

打点編 パッティングの基本にして結論

“芯で打つ”のがパター巧者の条件です

打点にはストロークの乱れが現れる

いつも同じコロがりの球を打つには、つねに芯でボールをとらえることが大事。石井は、インパクトの打点はストロークのズレの鏡であると話す。

石井プロ:「芯で打つという意識自体も大事ですが、打点はストロークのクセによってズレやすい方向があります。自分の打点がズレる傾向を知れば、自分のストロークのどこが悪いかもわかるのです。打点のズレを見ながら、つねに芯で打てるようにここまでのレッスンを見直してみるとより上達のスピードも上がると思います」

「Mトレーサー」で、打点のズレを視覚的にチェックしてみた。「打点解析」のデータを見ながら練習すれば、「パター巧者」と呼ばれる日も近い!

正しく芯で打てているかを確認しよう

「打点解析」では、フェースのどこでインパクトしたかを視覚的にチェックできる。どこに外したかだけでなく、過去の傾向も踏まえて自分の傾向を知り、ストロークと関連付けて修正していこう。

打点解析○打点解析×

Drill

トップで一度止めてから打つ

芯でとらえるには、スクエアで真っすぐなストロークが重要。トップの位置で一度ストロークを止め、軌道やフェースの向きをチェックしてから球を打つ練習をし、正しいポジションを覚えよう。

ストロークによって外れやすい傾向がある

ストローク軌道のクセによって、打点が外れやすい方向はある程度決まっている。たとえば、ヒールに当たる人は、アウトサイド・インのカット軌道。ストロークを直すことで打点も芯に近づくのだ。

トップで一度止めてから打つ
打点がヒール→アウトサイド・イン

打点がヒール→アウトサイド・イン

打点がトウ→インサイド・アウト

打点がトウ→インサイド・アウト

打点が下→アッパー

打点が下→アッパー

打点が上→ダウンブロー

打点が上→ダウンブロー

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!