M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
永井延宏のフェースコントロール スコアアップのヒントはフェースコントロールにあり!

第11回 フェースコントロールはすべてこの瞬間のため!

インパクトのイメージは「ちょっと閉じる」が正しい

いよいよこの企画も佳境に差し掛かり、核心へと迫っていきます。デスムーブの矯正も正しいフェースコントロールもすべてはこの瞬間を正しく迎えるために行っていると言っても過言ではない。そう、インパクトです。「フェースを開きすぎるデスムーブAもクラブがインサイドに倒れてしまうデスムーブBも、インパクトで正しい角度にフェースを戻すのが困難になるから修正しなければならないのです。では正しいインパクトとはどのような形なのか。どのように動けば正しい角度で迎えられるのか。順番にご説明していきましょう。」

インパクトのイメージは「ちょっと閉じる」が正しい

正しいインパクトの形は下を向いたハンドファースト

まず正しいインパクトの形からご説明しましょう。形を一言でいうならば“下を向いたハンドファースト”です。これはドライバー、アイアン、どのクラブにも共通します。ドライバーの場合はボールを左足よりに置き、最下点より先にボールをおくことでレベルブローやアッパーブローになり、アイアン等短いクラブはボール位置を最下点より手前にすることで正しいダウンブローの形を作ります。クラブが変わったからといってスイングを変えるわけではありません。ここを勘違いしないでください。では下を向いたハンドファーストとはどのような形なのかをご説明しましょう。

正しいインパクトの形は下を向いたハンドファースト

左腕とクラブが作る面が下を向く形が正しいインパクト

以前、デスムーブAの解説の時に左肘とクラブヘッドと左手が作る面(三角形)を意識して振るという話をしました。この左肘、左手、クラブヘッドが作る面が地面に向いている状態が、正しいハンドファーストなのです。この3点が作る三角形の面は、デスムーブのようなフェースが開いた状態では目標方向に対して右方向を向き、ダウンスイングでコックが早めにほどけてしまうと今度は上を向きます。正しいインパクトを迎えるにはまずこの三角形の面が下を向くハンドファーストの形を覚えてください。

左腕とクラブが作る面が下を向く形が正しいインパクト

それ以前の過程のせいでインパクト勝負となってしまう

アマチュアゴルファーの多くは、このようにインパクトの話をするとこの部分だけに集中し、テークバックやトップ等のインパクトを迎えるまでの過程を考えなくなってしまう傾向があります。これは左肘、左手、ヘッドが作る三角形で説明することが出来ます。これまでにやってきた正しいフェースコントロールとは、この三角形を開かない様に、やや閉じ気味に使いながら、アドレスからフィニッシュへ向かうというものです。この三角形がコントロールできれば、フェースもコントロールできるというのが考え方です。しかし、多くの方はこの三角形のコントロールを失ってしまう中で、インパクトでフェースをスクエアに戻す術を見つけるのに四苦八苦していると言えます。

それ以前の過程のせいでインパクト勝負となってしまう

ハンドファーストという言葉で陥りがちなミス その1

ハンドファーストは正しいインパクトの形を現す言葉です。しかしこのハンドファーストという言葉のイメージが強くなり過ぎて、手を身体の左に引っ張り過ぎてしまい、フェースが開いてしまうゴルファーが多く見られます。文字通りのハンドファーストは、実はデスムーブのひとつで、ヘッドレイトという表現の方が適切かもしれません。つまり手をヘッドよりも先行させて振るイメージではなく、手よりヘッドを遅らせて振るイメージです。ダウンスイングで手がアドレスの位置に戻った時、ヘッドは7時の位置となるのが正しいインパクト。そして身体を5時にシフトさせ6時のボールを打つという仕組みです。

ハンドファーストという言葉で陥りがちなミス その1

ハンドファーストという言葉で陥りがちなミス その2

ハンドファーストを意識しすぎて陥りがちなミスのもう一つが、インパクトでの手元の浮き上がりです。コックが早めにほどけてしまうタイプの方が、手を先行させる意識を持つと、重いヘッドの遠心力に手が引っ張られ、手元が体から離れて浮き上がってしまいます。この形になってしまうと正しいインパクトを迎えることは非常に難しく、シャンクやプッシュアウト、チーピンなど大きなミスの原因となってしまいます。この場合、左脇を締めて三角形の面を下に向ける意識を強く持ち、手元を低く身体に近い所でインパクトすることを意識しましょう。

ハンドファーストという言葉で陥りがちなミス その2

インパクトはちょっとフェースを閉じる意識をもつと良い

正しいインパクトは、左腕、左手、クラブヘッドが作る三角形の面が下を向きます。その正しいインパクトを迎えるためには、その過程である正しいテークバック、正しいトップが必要になります。正しいトップが作れていれば、フェース面はトップで約50度開いた状態になっており、これをインパクトでスクエア、つまり0度に戻す必要があるわけです。その際に持っていただきたいのが、インパクトで少しだけフェースを閉じるイメージです。三角形の面は、フェースの面と連動しています。面を下に向けるには、フェースをやや閉じるぐらいのイメージを持った方が下を向きやすく、正しいハンドファーストの形を結果的に作りやすくなるのです。

インパクトはちょっとフェースを閉じる意識をもつと良い

三角形の面を意識し身体全体の回転でスイング

正しいインパクトを迎えるにあたって効果的なイメージを紹介しましょう。インパクトで左腕とクラブヘッドが作る三角形の面を下に向けるお話はしましたが、スイング中の8時から4時のゾーンを通過する際に背中を使ってこの面を回転させていくイメージを持つことで正しいインパクトを迎えることができます。面を意識することで必要以上の手の操作がなくなりますし、背中の回転を意識することでしっかりとフェースをターンさせることができます。

三角形の面を意識し身体全体の回転でスイング

練習方法として、壁ぎりぎりに背中を寄せてアドレスし、ゆっくりとハーフスイングをしてください。三角形の面を意識しながら始動し、8時の位置でこの面が壁と平行になるようにします。背中で回転しながらその面を下に向けてインパクト、そのまま振り抜いてフォローを迎えるときにその面がまた壁と平行になるようにするのです。これを繰り返せば、正しいインパクトが意識しやすくなります。是非試してみてください。

三角形の面を意識し身体全体の回転でスイング

フェースコントロールを身に付けるにはまず自分の欠点を知ること

ゴルフスイングの動きのすべてはボールを遠くに正確に飛ばすためにあります。フェースコントロールという考え方も再現性の高いスイング、インパクトをするための考え方のひとつです。なぜボールが思い通りに飛ばないのか?フェースに当たらないのか?を解明するにはまず原因を知る必要がありますが、自分でチェックするのはとても難しい。しかし、現在はM-Tracerといった今まで目で見えなかった部分まで数値化し、記録できる素晴らしいアイテムがあります。うまく活用し、自分のスイングの欠点や問題点を把握することが正しいフェースコントロールを身に付ける上でとても重要な要素となるのです。

(注) 本サービスはYoutube™のサービスを使って提供しています。

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!