M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
石井忍のパッティングドリル パットは自宅でうまくなろう! GOLF Waggle

フェースコントロール編 真っすぐ打てる方向性を手に入れよう

フェースをボールに向けたままテークバックしよう

パッティングにフェースの開閉は不要

ストロークの軌道に加えて、方向性を左右する重要な要素がフェースの向きだ。石井は、パッティングのストロークにフェースを開閉する意識は不要だと話す。

石井プロ:「アップライトに構え、短いストロークで球を真っすぐコロがしたいパッティングにおいては、ストロークの軌道も、フェースの向きも、できる限り真っすぐに動かしたい。一度開いたものを、この小さな動きの中でスクエアに戻すのは難しいからです。テークバックでは、つねにフェース面がボールを向いたまま動くようにしましょう」

パッティングにフェースの開閉は不要

フェースを開くと戻さなければならない

テークバックで開いたフェースは、インパクトまでにスクエアに戻す必要があるが、振り幅が小さく精度の高い動きが要求されるパッティングでは難しい。フェースはつねにボールに向けておこう。

フェースを開くと戻さなければならない

スクエアフェースが方向性アップのカギ

「方向解析」では、アドレスとインパクトのフェース向きの差を小さくストローク軌道にスクエアにインパクトすることを心がけよう。フェース角が緑の扇形の中に収まるようにしよう。

方向解析○方向解析×

旨の前で素振りすると「スクエア」がわかる

前傾せずに「スクエア」なストロークをしてみる

前傾せず、ヘッドを胸の前まで上げた状態で、フェースを開閉しない振り子ストロークをしてみる。ここから前傾して同じ動きをすると、スクエアフェースをキープしたままのストロークがわかる。

これがホントのスクエアです/同じカタチで前傾してみる
前傾せずに「スクエア」なストロークをしてみる×

本当のスクエアはちょっとシャットに感じる

この動きは、ストロークしている本人からすると、少しシャットフェースに感じるという。「違和感がある人は、前傾せずにカラダの前でストロークしてスクエアな動きをチェックし、そこから前傾をして同じ動きをしてみてください。この動きがスクエアだと信じて、違和感に慣れることが大事ですよ」スクエアなフェース使いは、「Mトレーサー」の「方向解析」のデータを利用するとよくわかる。軌道に対してどれだけスクエアに動いているか、アドレス時から変化していないかをチェックできる。

真っすぐな軌道にスクエアを保つ

パターマットの線などの真っすぐなラインに沿ってヘッドを動かしたときに、フェース面はつねにその軌道に対してスクエアになっていることが大事。視覚的には少しシャットに感じるがそれでOK。

真っすぐな軌道にスクエアを保つ

Check!

トップの「解析画面」でストローク軌道がチェックできるので、ヘッドが真っすぐ動いているか確認しながら練習しよう。

解析画面

ソールをちょっと浮かせて構えよう

始動時に手の力でヘッドを動かすと、振り子の動きが崩れ、フェースの向きも狂いやすい。アドレスでヘッドを地面に押し付けているとリキみやすいので、わずかに浮かせた状態から始動しよう。

○
×

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!