M-Tracerでお悩み解決レッスン!

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら
石井忍のパッティングドリル パットは自宅でうまくなろう! GOLF Waggle

ストローク編 安定した距離感を手に入れよう

首の後ろが支点の「六角形」を崩さず「振り子」でストローク

首のうしろを天井から吊られているような感覚

インパクトはアドレスを再現することが大事だという石井。では、それを可能にするストロークのコツはあるのだろうか?

石井プロ:「パッティングのストロークは、『振り子』が理想です。自分の力を極力使わず、パターの重さを生かして、テークバックで上がった軌道とスピード、それと同じ軌道とスピードでダウンスイングが下りてくれば、ボールを真っすぐスムーズにコロがすことができます」

首の後ろが支点の「六角形」を崩さず「振り子」でストローク

石井によれば、ストロークの「振り子」の支点は、首の付け根のうしろあたりが理想だという。

石井プロ:「パッティングは、よく両肩、両ヒジ、手元でできる五角形を維持して振れといわれますが、それに加えて、その五角形が首の付け根から吊るされているような感覚をもってほしいですね。五角形というより六角形で、その一番高い位置にある角となる首の付け根を支点に、六角形が揺れるようなストロークをイメージしてください」

「Mトレーサー」の「ストローク解析」画面で、振り幅とストロークスピードをチェックしてみよう。クラブに仕事をさせる「振り子」のストロークができれば、この数値がそろってくるというわけだ。

ストロークは「六角形」を意識

両肩、両ヒジ、手元に首の付け根を加えた6つの頂点のある六角形が崩れないようにストロークする。ストロークの支点となる首の付け根が天井から吊られているような感覚をもつとよい。

ストロークは「六角形」を意識
ストロークは「六角形」を意識

ストロークの軌道とスピードをそろえよう

「振り子」のストロークを習得したら、「ストローク解析」で振り幅とヘッドスピード、リズムがそろってくるのを確認しよう。そろってくるとヒストグラムの棒グラフがバラつかない(画像左)。

ストローク解析○ストローク解析×

安定したストロークには正しいアドレスが不可欠

振り子の動きをしやすい自然な構えをつくろう

アドレスのカタチがゆがんでいると、いかに振り子をイメージしてもストロークは安定しない。肩、ヒジ、手元などを正しい位置に収めたバランスのいい構えをマスターしよう。

鏡を見て確認しよう Point1.手元は肩の真下にくる Point2.ヒジが腰骨を指すように/左ヒジからヘッドまで一直線
Point1

手元は肩の真下にくる

後方から見たときに、手元が肩の真下にくる位置にあるのが理想。前傾角度や手首の角度、パターのライ角などに注意しよう。

Point2

ヒジが腰骨を指すように

両ヒジはカラダに近い位置に、ヒジが腰骨を指すようにセットする。ヒジの向きが悪いと、ワキが開いて六角形が崩れやすい。

ヒジが腰骨を指すように
Point2

左ヒジからヘッドまで一直線

後方から見たときにヒジからクラブヘッドまでが一直線になる。ここが狂うと、カラダが正しく動いてもヘッドの動きがずれてしまう

左ヒジからヘッドまで一直線

ストロークは肩をタテに動かすイメージ

首の付け根を支点とした振り子でストロークすると、肩はタテ方向に動く。肩にクラブを当てて素振りをし、グリップエンドの動きを確認してみよう。ヨコに動くとインサイド・インの軌道になる。

ストロークは肩をタテに動かすイメージ×

どこか1カ所を意識的にリキんでおく

ストローク中のゆるみやリキみは、急な力感の変化が原因。これを防ぐには、最初からどこか1カ所を意図的にリキんでおき、そのテンションを崩さないように意識してストロークするとよい。

どこか1カ所を意識的にリキんでおく たとえば左ワキ/どちらかのヒジでもOKオススメは左手の3本指

一覧へ戻る

MT500GP M-Tracer For Golf待望のパッティング解析対応!