ニュースリリース
2019年12月16日
セイコーエプソン株式会社

複数のエプソン製ロボットを一括管理できる「ロボット管理システム」を開発

- 工場運営やロボット保守作業の効率化を実現 -

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)は、製造ラインにおいて複数のエプソン製ロボットを、ネットワーク接続されたPCやタブレット端末で一括管理できる「ロボット管理システム(Epson Robot Management System)」を開発しました。本システムにより、エプソン製ロボットを用いてものづくりをするお客様の工場運営やロボット保守作業の効率化を実現します。

今回開発した「ロボット管理システム」では、ネットワーク(イントラネット)接続されたPCやタブレット端末で工場内の産業用ロボットの集中監視とロボットの状態バックアップの取得、ファームウェア更新、動作プログラムの更新などを一括で行うことができます。

従来、産業用ロボットを導入されたお客様は、複数台のロボット1台1台を個別に監視、プログラム設定などを行う必要があり、現場の多数のロボットの定期的なバックアップやメンテナンス作業は煩雑で工数がかかり、トラブルが発生した場合は、復旧までに時間や手間を要しました。本システムを導入いただくことで、これらの課題を解決し、現場作業の効率化を図ることが可能となります。


システムイメージ

エプソンはこれまで、シミュレーター機能を用いた装置設計の効率化への貢献や、エプソン製ロボットと統合された力覚センサーや画像処理センサーによる装置立ち上げ時間の短縮など、お客様が複雑なアプリケーションをより簡単に実現できる環境づくりへの貢献に注力してきました。今後は、今回開発したロボット管理システムに加え、IoTにおける業界標準プロトコルOPC-UAへの準拠、AIを用いたロボット動作の効率化や故障予知システムなど、よりスマートなものづくり、工場運営をサポートするための開発、ソリューション提供を行ってまいります。

12月18日から12月21日まで、東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開催される「2019国際ロボット展」のエプソンブースにおいて、「ロボット監視システムによるブース内ロボットの稼働状況の表示」、「AIによる力覚センサーを用いたアプリケーションの機械学習による効率化」、「OPC-UAプロトコル対応に向けたコンセプト」の参考展示を行います。ぜひご来場ください。なお、エプソンブースの展示概要は下記ウェブサイトをご覧ください。

<参考>

■「2019国際ロボット展」公式サイト https://biz.nikkan.co.jp/eve/irex/

■「2019国際ロボット展」エプソンブース出展案内 www.epson.jp/ec/event_t/robot2019/?fwlink=sa603

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。