ニュースリリース
2019年11月5日
セイコーエプソン株式会社

令和元年秋の褒章 時計技能士 小松 郁清が黄綬褒章を受章

セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市)の時計技能士である 小松 郁清(こまつ いくきよ)が、このたび令和元年秋の褒章において、黄綬褒章を受章いたしましたので、お知らせします。

【受章者】

小松 郁清(こまつ いくきよ)

勤務:セイコーエプソン株式会社 塩尻事業所
技能強化チーム 作業長

【受章理由】

このたびの受章は、以下の功績が認められたものです。

  1. 1985年(昭和60年)に行われた第28回技能五輪国際大会時計修理職種で金賞を獲得した実績を持ち、以降指導者として多数の優勝者、入賞者を輩出し、時計技能者の指導・育成は、実力・実績共に第一人者である。
  2. 厚生労働省管轄の技能検定(時計修理職種)検定委員、技能五輪(時計修理職種)の競技委員、Jow Japan主催の時計技能競技全国大会 競技委員、長野県の技能評価認定制度(信州匠の時計修理士)の養成講座 講師や試験委員などを務め、全国の時計産業発展及び業界の技能継承と向上に多大な貢献をした。
  3. 長年小中学校や各種イベントなどで、時計組立体験教室を実施し、ものづくりの楽しさや感動などを伝え、地域社会への貢献と青少年育成にも寄与している。

【受章者のコメント】

黄綬褒章の受章について、小松 郁清は次のように述べています。

「この度、多くの皆様のお力添えにより『黄綬褒章』を受章できましたことは、身に余る光栄と関係者の皆さま方に、心より感謝申し上げると共に、厚く御礼申し上げます。

入社まもなく、技能研修所で指先訓練や道具作りなど時計に係わる基本的なことから全て教えて頂き、何もわからない不器用な自分を、技能五輪国際大会で金賞を獲得するまで、熱心に育てて頂いた指導員には、今でもとても感謝しています。その技能や知識をこれからも次世代の若年者に「たすき」のように受け伝えていくことが、自分の責務と思っています。

今後ともさらなるご指導とご支援ご鞭撻をよろしくお願いいたします。」

※黄綬褒章概要

褒章は顕著な功績を認められるものに対して授与されるものであり、その貢献の内容により紅綬、緑綬、黄綬、紫綬、藍綬、紺綬に分かれている。黄綬褒章は『その道一筋に業務に精励し衆民の模範となる者』に贈られる。令和元年秋の褒章伝達式は、12月17日(火)に厚生労働省で行われ、その後皇居宮殿で天皇陛下に拝謁予定。

【受章者の経歴】

1982年(昭和57年)4月 浜沢工業(株)に入社<後、サンリツ工業(株)、現セイコーエプソン(株)>
(株)諏訪精工舎<現セイコーエプソン(株)>技能研修所で技能五輪特別訓練実施
1985年(昭和60年)4月 第23回技能五輪全国大会 時計修理職種 金賞
1985年(昭和60年)10月 第28回技能五輪国際大会 時計修理職種 金賞
1985年(昭和60年)11月 セイコーエプソン(株)技能研修所で技能五輪の指導者として後進技能者の指導・育成
1992年(平成4年)1月 同社島内事業所にて新製品の品質評価・量産立ち上げの指導
2007年(平成19年)1月 同社本社事業所ものづくり塾にて人材育成・技能継承及び地域会貢献活動の実施
2010年(平成22年)5月 同社塩尻事業所にて技能系人材育成及び地域社会貢献活動の実施
2010年(平成22年)11月 卓越技能者知事表彰「信州の名工」受章
2011年(平成23年)8月 「信州ものづくりマイスター」認定
2014年(平成26年)11月 厚生労働大臣表彰 卓越した技能者 「現代の名工」 受章
2015年(平成27年)11月 「厚生労働省ものづくりマイスター」 認定

<公職歴>

2007年(平成19年)5月~現在 信州匠の時計修理士養成講座 講師
2007年(平成19年)10月~現在 信州匠の時計修理士認定試験 試験委員
2008年(平成20年)7月~現在 時計技能競技全国大会 競技委員
2010年(平成22年)1月~現在 技能検定(時計修理)検定委員
2012年(平成24年)10月~2015年(平成27年) 技能五輪全国大会(時計修理)補佐員
2016年(平成28年)10月~現在 技能五輪全国大会(時計修理)競技委員

【これまでの当社役員および社員の受章履歴】

藍綬褒章

1980年(昭和55年) 服部 謙太郎 (当時:会長)
1983年(昭和58年) 服部 禮次郎 (当時:株式会社服部時計店 取締役社長)
1986年(昭和61年) 中村 恒也 (当時:副社長)
1996年(平成8年) 安川 英昭 (当時:社長)
2006年(平成18年) 草間 三郎 (当時:会長)
2011年(平成23年) 花岡 清二 (当時:会長)
2018年(平成30年) 碓井 稔 社長

黄綬褒章

1956年(昭和31年) 高石 文
2005年(平成17年) 塩原 研治
2010年(平成22年) 竹岡 一男
2011年(平成23年) 柴田 浩一(エプソンアトミックス)
2015年(平成27年) 中澤 義房
2016年(平成28年) 飯森 尚
2018年(平成30年) 中田 克美

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。