ニュースリリース
2018年10月25日
セイコーエプソン株式会社

「平成30年度 信州の名工」(卓越技能者知事表彰)を当社社員が受賞

セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市 社長:碓井 稔)の社員が、長野県内の高度技能保有者を対象とした平成30年度卓越技能者知事表彰「信州の名工」を受賞しました。

1. 受賞者

増田 千登勢 (ますだ ちとせ)

勤務地 セイコーエプソン株式会社 塩尻事業所
所属 WPマイクロアーティスト工房

「信州 時の匠工房」マイクロアーティスト工房の詳細(PDF,520KB)

2. 受賞理由

入社以来、時計組立関係業務に携わり、時計技能競技全国大会(第二部門)で優勝した実績をもち、長野県技能競技大会(技能検定) 時計修理職種一級のなかでも一位と極めて高い時計組立及び修理技能を有する。また、長年技能検定の補佐員を務め、時計産業の発展や、後進技能者の育成に寄与した。

3. 受賞者コメント

この度は、多くの皆様のご指導とお力添えにより「卓越技能者知事表彰」を受賞できました事は、身に余る光栄と心から感謝するとともに厚く御礼申し上げます。

今後も時計を手にしたお客様に喜んで頂けるものづくりをするために、更に技術、技能の向上に励み後進への技能継承を進めて行きたいと思います。

4. 受賞者の経歴

昭和61年4月 塩尻工業株式会社(現 セイコーエプソン) 入社
時計のムーブメント組立業務に従事
平成10年4月 W(ウオッチ)匠工房
平成29年4月 WPマイクロアーティスト工房
(クレドール「叡智II」「ソヌリ」組立などを担当)

5. 表彰、資格等

平成11年3月 国家技能検定 時計修理一級 取得
平成11年5月 長野県技能競技大会 時計修理職種 一級 一位
平成11年10月 第12回時計技能競技全国大会 第二部門 優勝
平成24年12月 信州匠の時計修理士技能競技大会 一級 一位
信州匠の時計修理士 一級 取得

6. 卓越した技能者の表彰制度の概要

卓越した技能を持ち、その分野で長野県下第一人者と目されている方を、知事が表彰するもの。技能者の技能向上意欲の増進、技能水準の向上および技能者の社会的評価の高揚を図ることを目的として実施されている。

7. 当社社員の「信州の名工」受賞履歴

1972年 田中 功
1975年 鎌野 幸雄
1976年 松尾 敬三
1978年 牛山 薫
1985年 小池 健一
1987年 金子 盈造
1988年 武川 育司
1990年 細谷 千治
1991年 松澤 正尚
1994年 家塚 恒夫
1996年 兼田 精
1997年 内山 大治
1998年 北澤 猛
2000年 新津 勇一
2001年 小口 吉明
2002年 原 光男
2003年 酒井 貞明、飯森 尚
2004年 戸谷 悦男、上杉 良治
2005年 高田 一郎
2006年 中澤 義房
2007年 櫻井 賢治
2008年 中田 克美
2010年 小松 郁清
2011年 小松 寛
2012年 田代 雅之、吉江 徳夫
2015年 野村 信二
2016年 深井 英夫
2017年 塩原 正治

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。