ニュースリリース
2018年8月22日
セイコーエプソン株式会社

長野県 豊科事業所にロボット生産ラインを設置

- ロボットの生産能力を2025年度に約3.5倍に増強 -


自律型双腕ロボット製造イメージ

セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市 社長:碓井 稔、以下エプソン)は、このたび、長期ビジョン「Epson 25」におけるロボティクスソリューションズ事業の成長実現に向けた計画の一環として、エプソンの豊科事業所(所在地:長野県安曇野市)に、自律型双腕ロボットなどの製造を行う生産ラインを新たに設置、2018年9月より稼働を開始します。

新生産ラインは、自律型双腕ロボットなど難易度の高い機種を生産するとともに、組立効率化技術開発および人材育成の役目も担う予定です。これにより、研究開発を推進し生産技術などを進化させながら、2025年度にはエプソンの産業ロボットの生産能力を現在の3.5倍に向上させる予定です。

豊科事業所は、ロボティクスソリューションズ事業の研究開発拠点として、国内および海外の生産拠点と密接に連携しています。今回の豊科事業所における生産ラインの整備により、高難度要素開発から設計・量産技術確立、製造までのサイクルを効率よく回し、新製品立ち上げ期間の短縮と組立効率化技術のさらなる強化を推進していきます。

エプソンは、今後もロボティクスイノベーションを通して、お客様へ真の新しい価値を提供し、より良い社会の実現に中心的な役割を果たし、社会にとって「なくてはならない会社」の実現に努めてまいります。

■新生産ラインの概要

稼働時期 2018年9月
製造品目 自律型双腕ロボット他
延床面積 約3,522m²

■豊科事業所の概要

所在地 長野県安曇野市豊科田沢6925番地
事業内容 ビジュアルコミュニケーション事業の設計開発
ロボティクスソリューションズ事業の研究開発
土地面積 109,004m²
操業開始 1983年

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。