ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 KW01902280.fpg 5,417,504バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ファームウェア
ソフトウェア名称 ファームウェア
ソフトウェアID 27562
Ver/Rev KW01902280
公開日 2019年4月12日
対応OS Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8 32bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8 64bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版 / Windows Vista 32bit版 / Windows Vista 64bit版 / Windows XP / Windows XP x64 Edition / Windows 2000 / OS X Lion(Mac OS 10.7) / Mac OS X 10.6 (Intel) / Mac OS X 10.5 (Intel/PPC) / Mac OS X 10.4.4 (Intel) / Mac OS X 10.4.5 (Intel) / Mac OS X 10.4.6 (Intel) / Mac OS X 10.4.7 (Intel) / Mac OS X 10.4.8 (Intel) / Mac OS X 10.4.9 (Intel) / Mac OS X 10.4.10 (Intel) / Mac OS X 10.4.11 (Intel) / Mac OS X 10.4.0 (PPC) / Mac OS X 10.4.1 (PPC) / Mac OS X 10.4.2 (PPC) / Mac OS X 10.4.3 (PPC) / Mac OS X 10.4.4 (PPC) / Mac OS X 10.4.5 (PPC) / Mac OS X 10.4.6 (PPC) / Mac OS X 10.4.7 (PPC) / Mac OS X 10.4.8 (PPC) / Mac OS X 10.4.9 (PPC) / Mac OS X 10.4.10 (PPC) / Mac OS X 10.4.11 (PPC) / Mac OS X 10.3.9
製品型番 PX-F10000
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
注意・制限事項
ネットワークファームウェアのバージョンダウンは実施可能ですが、
バージョンダウンは実施しないでください。
変更点
<プリンター本体>
・変更なし

<ネットワーク>
・ネットワークセキュリティを強化しました。

<オプション(自動巻き取りユニット)>
・変更なし
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【ソフト紹介】
  PX-F10000本体/ネットワーク/オプション(自動巻き取りユニット)のファームウェアを、
  MAXART リモートパネル2を使用して、一括でアップデートすることができます。

【内容詳細】
  本ファイルには以下のファームウェアが含まれます。
   プリンター本体 : KW002C8
   ネットワーク : 01.18
   巻き取り装置用 : KR3085


【ご使用方法】
  製品同梱ソフトウェアCD「LFPリモートパネル2」または「MAXARTリモートパネル2」を
  利用してご使用できます。

【アップデート方法】
  「LFPリモートパネル2」または「MAXARTリモートパネル2」と同時にインストールされる
  取扱説明書を確認ください。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
KW01902280 2019年4月12日
<プリンター本体>
・変更なし

<ネットワーク>
・ネットワークセキュリティを強化しました。

<オプション(自動巻き取りユニット)>
・変更なし
KW01711200 2017年12月16日
<プリンター本体>
・変更なし

<ネットワーク>
・Web Config の脆弱性を修正しました。

<オプション(自動巻き取りユニット)>
・変更なし
KW01208060 2012年9月14日
CPSソフトリッパーLite2経由で連続して印刷ジョブを
プリンターに送信した場合、途中のジョブのインク使用量が
0mlで記録される場合がある点を修正しました。
KW01205170 2012年7月10日
・普通紙使用時のファン吸引量を最適化しました。
・複数台のクライアントからネットワーク経由で印刷を
 行った際に印刷できないことがあった点を修正しました。
KW01110250 2011年11月14日
以下の修正/改善を行いました。
・自動ノズル抜け検出にて、ノズル抜けを検出した場合の
 クリーニング動作を最適化しました。
・パネルの分割クリーニングに”実行(強力)”クリーニング
 を追加いたしました。
・Mac ドライバーから上下フチなし長尺印刷で印刷した場合、
 後端に 2~3mm の余白ができてしまう場合がある点を修正
 いたしました。
・インクカートリッジの検出処理精度を向上いたしました。
KW01108180 2011年9月12日
以下の修正/改善を行いました。
・以下のエラーコードを変更しました。
 旧:サービスコールエラー D131
 新:メンテナンスコール 0010
・まれに「サービスコールエラー D131」が発生することがある点を
 修正しました。
・切取り線印刷時にハングアップすることがある点を修正しました。
KW01104110 2011年4月28日
・プリンターが待機モード後、印刷ができない、操作パネルがフリーズ
 するなどが発生する場合があった点を修正しました。

・プリンターが待機モード時、インクカバーオープン実行後、メンテ
 ナンスタンク挿抜等を行った場合、サービスコールエラーが発生する
 場合があった点を修正しました。
KW01102040 2011年3月1日
・パネル設定のメディア名称の誤記を修正しました。
 誤) MC/PXクロス<防炎> --> 正) MC/PMクロス<防炎>
KW01011050 2010年12月14日
・ノズル目詰まり検出メッセージのパネル表示を消去するタイミングを
 変更しました。
 1) 手動によるクリーニング実施後
 2) ノズルチェック印刷開始時
 3) パネル設定で”自動ノズル抜け検出”を OFF に設定時
KW01007010 2010年7月23日
-
KW00911030 2009年11月20日
1)「ユーザー自動Uni-D調整」を使用した場合に限り、調整を繰り返す程
  調整値(ヘッドノズル列間補正)が合わなくなる点を修正しました。 
2)PXマット紙<薄手>線画モノクロモード(1440*1440)のスループットを
  向上しました。
  • 1つ前に戻る