ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(WristableGPSファームウェア(日本語版))

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 MZFirmware021200.exe 1,921,688バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ファームウェア
ソフトウェア名称 WristableGPSファームウェア(日本語版)
ソフトウェアID 27477
Ver/Rev 02.12.00
公開日 2019年3月14日
対応OS Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版
製品型番 MZ-500B / MZ-500L / MZ-500MS / MZ-500S / MZ-500Y
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
ソフト紹介 WristableGPSのファームウェア(Ver.02.12.00)です。
注意・制限事項
ファームウェア更新前にご確認ください。
・クレードルとPCはHUB等を介さず直接接続してください。
・WristableGPS本体内に保存した今までの走行履歴データが消去される場合があります。
・ファームウェアを更新する前に走行履歴データをNeoRunへアップロードしてください。

ファームウェア更新後の注意事項
・時刻表示が初期化されます。
 時刻合わせを実施するかGPSサーチを完了させて時刻合わせを行なってください。
・ユーザ情報、GPS情報、ストライドセンサーの学習データは保持されます。
 またスマートフォンを使用している場合、ペアリング情報は保持されます。


変更点
<不具合対応>
・ルートナビゲーション機能を使用すると稀にGPS衛星情報と気圧情報が取得
 できなくなる不具合を修正しました。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【接続方法】
 ・ファームウェアの更新をする時はクレードルとPCを直接接続してください。
 ・USBハブを経由して接続するとWristableGPSが動作しなくなることがあります。

【ファームウェアの更新について注意事項】
 ・WristableGPS本体内に保存した今までの走行履歴データが消去される場合があります。
  ファームウェアの更新前に、RunConnect for Trekを使用して走行履歴データをNeoRunへアップロードしてください。

 ・時刻表示が初期化されます。
  時刻合わせを実施するかGPSサーチを完了させて時刻合わせを行なってください。

 ・ユーザ情報、GPS情報、ストライドセンサーの学習データは保持されます。
  またスマートフォンを使用している場合、ペアリング情報は保持されます。
  

 ※ファームウェアの更新中にPCを操作したり、クレードルを動かしたりケーブルを抜くと更新は未完了になります。
  更新が未完了になるとWristableGPSが正しく動作しなくなることがありますので、必ず完了したことを確認して
 ください。

【更新方法】
 (注意)更新前に、必ずRunConnect for Trekを最新にしてください。
                      
 (準備)
  ・本プログラムをデスクトップまたは任意のフォルダーにダウンロードしてください。
  ・クレードルにWristableGPSをセットし、同梱のUSBケーブルでパソコンと直接接続してください。

 (ファームウェアの更新)
  ・ファイル(MZFirmware021200.exe)を[実行]すると、WristableGPSファームウェア更新ツールが起動し
   ファームが更新されます。
   PC画面の指示に従って操作してください。

 (更新完了)
  ・ファームウェアの更新が完了すると、WristableGPSの画面が充電状態に変わります。
     (充電状態の画面に戻るまで約3分程かかります)
  ・必ず、更新が完了したことを確認してから、WristableGPSの操作を行なって下さい。

【更新状態の確認方法】
  ・メニューボタンを押し【各種設定】から【システム設定】を選択して【バージョン】を選択するとバージョンが表示されます。
   ※バージョン表示が最新に更新されていたらファームウェアのアップデートは完了です。

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
02.12.00 2019年3月14日
<不具合対応>
・ルートナビゲーション機能を使用すると稀にGPS衛星情報と気圧情報が取得
 できなくなる不具合を修正しました。
02.11.00 2018年5月29日
<不具合対応>
・ヤマレコ連携時にスタートポイントが2箇所表示される場合がある不具合を
  修正しました。
・ヤマレコ連携時にペースが表示されない場合がある不具合を修正しました。
・その他、軽微な不具合を修正しました。 
02.10.05 2018年2月20日
<不具合対応>
・GPSを捕捉する際に稀に測位できない場合がある不具合を修正しました。
02.10.02 2017年4月26日
 <不具合対応>
・充電中のまま、いつまでも"充電完了"が表示されない場合がある不具
 合を修正しました。
02.10.01 2016年12月22日
<機能追加>
活動量計測機能をはじめ、以下の機能を追加しました。		
(1)活動量(歩数、距離、カロリー)計測、および時計画面への歩数表
   示を追加しました。		
(2)「時計+ABC表示」の気圧グラフに、「現在地気圧」を選択切り替
   え表示機能の追加しました。
(3)バックライトの長時間(1時間)点灯機能の追加しました。		
(4)サマータイム「DST」表示の追加しました。		
(5)マナーモード機能を追加しました。		
(6)ウェイポイント、計画ルートの初期化機能の追加しました。		
 
02.01.00 2016年11月10日
<機能追加>
(1)目視検出(腕の上下検出)による自動ライト点灯/消灯機能を、オ
  ートライト設定に追加しました。
  オートライトを有効にした状態で目視動作をすると、自動ライト
  点灯し、目視をやめる動作をすると消灯となるように使いやすさ
  を向上しました。
(2)軽微な不具合を修正しました。

02.00.00 2016年9月23日
<機能追加>
(1)「山と自然ネットワーク コンパス」が運用する山岳災害情報受信
  の通知機能を追加しました。
(2)操作性(メニュー並び、画⾯遷移、画⾯レイアウトなど)を改善
  しました。
(3)計画ルート、履歴ルートについて、逆⽅向のナビゲーションに対
  応しました。
(4)MGRS 表示に対応しました。
(5)ランニングのアクティビティ表示項目に「標高差」「ラップ標高差」
  を追加しました。
01.03.03 2016年6月30日
<不具合対応>
(1)「稀に標高が大きくかけ離れた値となる」、「稀に3D距離が大きく
   異なる値となる」などの不具合を修正しました。
(2)百名山ルート情報(荒島岳、阿蘇山)のコースタイムに誤りがあり
  修正しました。
01.03.02 2016年4月28日
1)不具合修正
・ナビゲーションメニューでポイント送りを行うと、ナビゲーションが
 終了する不具合を修正しました。
01.03.00 2016年3月23日
1)機能向上
・ウェイポイントへの到着を通知するように改善しました。
・目標標高の到着を通知するように改善しました。

2)不具合対応
・軽微な不具合を修正しました。
01.02.00 2015年11月19日
1)機能追加
・昭文社「山あるきデータ」の「日本百名山おすすめ登山コース」の百名山すべてに
  対応しました。
 https://go-wellness.epson.com/neo-run/html/JP/recommendedCourse.html 
 注)本製品のルート情報や、機器のGPS位置情報はあくまでも参考情報です。
   安全上、最新の状況を確認の上、自己の責任で判断しご利用ください。

2)仕様変更
・ランニングモード時の計測開始前・ポーズ中のタイムアウトを10分から60分に変更し
 ました。

3)不具合対応
・軽微な不具合を修正しました。
01.01.00 2015年9月16日
1)機能追加
・昭文社「山あるきデータ」の「日本百名山おすすめ登山コース」の50山(48ルート)に
 対応しました。
 50山(48ルート)はNeoRunの以下のURLで確認できます。
 https://go-wellness.epson.com/neo-run/html/JP/recommendedCourse.html 
 注)本製品のルート情報や、機器のGPS位置情報はあくまでも参考情報です。
   安全上、最新の状況を確認の上、自己の責任で判断しご利用ください。

2)精度向上
・消費カロリーの計測精度を向上しました。

3)不具合対応
・累積上昇・下降標高が実際より大きく計測される不具合を修正しました。

不具合対応で記載漏れがありましたので以下を追記します。
・実走行距離に対して、計測距離が著しく大きな値となる場合がある不具合
 を修正しました。
  • 1つ前に戻る