ドライバー・ソフトウェアダウンロード

型番検索

ドライバー・ソフトウェア基本情報(RunConnect)

  • 1つ前に戻る

使用許諾書

ダウンロードの前に下記使用許諾書を必ずお読みください。

ダウンロードする

内容 ファイル名 ファイルサイズ ダウンロードする
ソフトウェア本体 RunConnectSetup0337a.exe 6,005,056バイト 使用許諾に同意してダウンロード

ソフトウェア概要

ソフトウェア種別 ユーティリティー
ソフトウェア名称 RunConnect
ソフトウェアID 24738
Ver/Rev 3.3.7
公開日 2020年9月29日
対応OS Windows 10 32bit版 / Windows 10 64bit版 / Windows 8.1 32bit版 / Windows 8.1 64bit版 / Windows 7 32bit版 / Windows 7 64bit版
製品型番 SS-300B / SS-300G / SS-300P / SS-300R / SS-500R / SS-700S / SS-700T
作成方法 自己解凍
著作権者 セイコーエプソン株式会社
転載条件 他のメディアへの一切の転載を禁止します。
ソフト紹介 WristableGPSのデータをWebアプリケーション(NeoRun)へアップロードするためのソフトウェアです。
注意・制限事項
・WristableGPSのファームアップを行う前にRunConnectをインストールして下さい。
・PULSENSE Viewボタンで活動量データを確認する機能はSF-850の機能で
 他の機種ではご利用できません。
 
変更点
<修正点>
ウェイポイント設定の地図表示がMicrosoft Bing Maps V8に対応しました。
*Epson Run Connect Windows版 Ver.3.3.6以前をお使いの場合
今後地図または地形や住所が表示されないくなることが予想されますので
Ver.3.3.7へのアップデートをお勧めします。
使用条件
対象製品をご使用になる目的においてのみ、本ソフトウェアをご使用頂けます。

ソフトウェア詳細情報

【インストール方法】
  デスクトップまたは任意のフォルダーにダウンロードしてください。
  ファイル(RunConnectSetup0336.EXE)を実行すると自動で解凍され、インストーラーが起動されます。
  インストーラーが起動されない場合は、解凍されたフォルダーの中にあるsetup.exeを実行してください。 
  
  インストール中に再起動を確認する画面が表示されたときは、[はい]をクリックしてPCを再起動してください。
  [いいえ]をクリックした場合は、後で再起動を行なってください。

【NeoRunの利用方法】
  PCとクレードルをUSB接続して、クレードルにWristableGPSをセットしてください。
    自動でRun Connect が起動されます。

【アカウントの作成】
  初めてNeoRunを利用するときはアカウントを作成してください。
  Run Connect の[アカウント作成]ボタンを押すと、アカウント作成用のページが表示されます。

  アカウントを作成するためには、任意のログインID、パスワードが必要になります。

  ログインIDにはご使用しているメールアドレスを入力してください。
  既に同じログインIDが登録されている場合はアカウントを作成できません。
  ログインIDを変更してアカウントを作成してください。

  パスワードは半角で英小文字、英大文字、数字、記号から少なくとも2種類使用して、8~60文字
    で作成してください。
  例)ABCD123
  

ダウンロード更新情報

バージョン 公開日 備考
3.3.7 2020年9月29日
<修正点>
ウェイポイント設定の地図表示がMicrosoft Bing Maps V8に対応しました。
*Epson Run Connect Windows版 Ver.3.3.6以前をお使いの場合
今後地図または地形や住所が表示されないくなることが予想されますので
Ver.3.3.7へのアップデートをお勧めします。
3.3.6 2016年9月7日
<不具合修正>
32⽂字を超えるパスワードを設定されている場合に、ログインができ
ない、または、アップロード時にエラーとなって、アップロードがで
きなくなる不具合を修正しました。
3.3.5 2016年7月6日
<不具合修正>
1)「操作に失敗しました」、「引数が正しくありません」と表示
  される不具合を修正しました。
2)その他、軽微な不具合を修正しました。
3.3.4 2016年6月24日
<不具合修正>
1)計測データがアップロードできなくなる不具合を修正しました。※1
※1 SF-850 シリーズのみ

2)パスワードに記号(&、+、%)を使⽤した場合、エラーになってしまう不具合を修正しました。
3.3.2 2016年5月17日
<不具合修正>
・軽微な不具合を修正しました。
3.3.1 2016年2月10日
・SF-850に対応しました。
・画面デザインを変更しました。
・ファームウェアの自動更新機能を追加しました。
・[PULSENSE View] ボタンによりPULSENSE Viewにアップロードした
 活動量データを確認する機能を追加しました。*
*SF-850の機能になります。
その他の機種ではPULSENSE Viewで計測結果を確認できませんので
NeoRunをお使いください。
  • 1つ前に戻る