高生産性×高画質で、厳しい要求に応える

正確な着弾性能、PrecisionCore 技術

PrecisionCore プリントヘッド技術は、進化した薄膜ピエゾ技術と高精度なMEMS(注1)技術を融合した、次世代のテクノロジー。より真円に近いドット粒をより正確な位置へ着弾可能。高品位なプリントを実現します。

正確な着弾性能、PrecisionCore 技術。

(注1) MEMS(Micro Electro Mechanical Systems):半導体加工技術などを応用して作られる機械駆動要素を有するデバイスのこと。

4.6分/B0を実現する、2.64 インチヘッド

総ノズル数8,000 の新開発2.64 インチヘッドを搭載。従来機(注1)との比較で、約3.8倍の高速印刷を可能にしました。

(注1) 同一サイズの当社機種における比較。比較対象機種:PX-20000。(従来機)
[比較条件] SC-P20050X/SC-P2005PS:B0プロフェッショナルフォトペーパー(きれい600dpi×600dpi)
PX-20000            :B0プロフェッショナルフォトペーパー(きれい720dpi×720dpi)
(注) ドライバー出力時。

4.6分/B0を実現する、2.64 インチヘッド

驚くほど滑らかで、豊かな階調表現

UltraChrome Proインクは、4つのブラックインクを搭載。MSDT(マルチ・サイズ・ドット・テクノロジー)との相乗効果で、より滑らかな階調表現を。要求の厳しい作品プリントにも応えます。

驚くほど滑らかで、豊かな階調表現

(注) マットブラック、フォトブラックは用紙種類に合わせて切替え。

UltraChromeインクテクノロジーについて詳しくはこちら

MSDTテクノロジーの採用

プリントデータに応じてインクドットを打ち分けるMSDT(マルチ・サイズ・ドットテクノロジー)を採用。ベタ印刷部分には大ドット、ディテール表現部分には中・小ドットと、ベタ品質と写真画質を両立しています。

MSDTテクノロジーの採用

高い黒濃度が色空間全体を精緻に

新ブラックインクは顔料粒子の色材配合が従来機比約1.5倍(注1)。従来のPX-K3インク(注2)に比べ用紙の表面付近に定着しやすく(注3)、さらに重厚感のある「黒」の表現が可能になりました。エプソン純正用紙はもちろん、幅広いメディアに対応し表現の自由度が広がります。

高い黒濃度が色空間全体を精緻に

(注1) フォトブラック
(注2) PX-20000(従来機)
(注3) マットブラック

UltraChromeインクテクノロジーについて詳しくはこちら

広いダイナミックレンジでより鮮明に

UltraChrome Proインクは、色の明るさの幅であるダイナミックレンジがさらに拡大。色全体のコントラストがより鮮やかになり、色調豊かに表現します。

広いダイナミックレンジでより鮮明に

UltraChromeインクテクノロジーについて詳しくはこちら

高い耐光性、耐オゾン性

UltraChrome Proインクは空気中の光やオゾンに分解されにくく、耐光性60年、耐オゾン性60年を実現。インクの特長そのままに、優れた保存性で出力を美しいまま長期間残すことができます。