納得の低TCO、高い経済性

色生成の最適化で、低ランニングコストを実現

マンセル色彩研究所とエプソンが生んだLCCS(論理的色変換システム)は、写真データをプリントするためのインク配分を論理的に算出する色生成技術。数ある組み合わせの中から最適で無駄のない、効率的な組み合わせを選び出すことにより、インク効率が向上しました。

色生成の最適化で、低ランニングコストを実現

(注) 同一サイズの当社機種における比較。比較対象機種:PX-20000(従来機)。
[比較条件] SC-P20050シリーズ:B0プロフェッショナルフォトペーパー きれい(600dpi×600dpi)
PX-20000(従来機):B0プロフェッショナルフォトペーパー きれい(720dpi×720dpi)
(注) ドライバー出力時。

連続印刷においても、圧倒的なスピードを

新開発ヘッドによる印刷スピードの向上に加え、ジョブ間のタイムラグを極限まで短縮。連続印刷時においても、印刷スピードの大幅な高速化を実現しました。生産現場における大量出力をサポートします。

連続印刷においても、圧倒的なスピードを

(注) 同一サイズの当社機種における比較。比較対象機種:PX-20000(従来機)。
[比較条件] SC-P20050シリーズ:A1プロフェッショナルフォトペーパー きれい(600dpi×600dpi)
PX-20000(従来機):A1プロフェッショナルフォトペーパー きれい(720dpi×720dpi)
(注) ドライバー出力時。