ビジネスプロジェクター

プロジェクター選びの基礎知識

  • お見積・ご注文
プロジェクター選びの基準は、明るさ 解像度

プロジェクター選びの基礎知識 4つのポイント

明るさ

プロジェクター選びの重要なポイントのひとつです。3000lm(ルーメン)などと表記されます。
数字が大きいほど、明るく投写できることになります。以下を目安に選んでください。

明るさの違いによる見やすさの比較(イメージ)

ビジネスシーンでは真っ暗な部屋で投写することはまずありません。
明るい部屋で投写した場合の、ルーメン数の違いによる見やすさの違いをご確認ください。

  • 3200lm

    3200lm

  • 3600lm

    3600lm

  • 4200lm~

    4200lm

(注) 投写画面はイメージです

<参考>
手のひらサイズで明るさ200~500lm程度のプロジェクターが存在しますが、実使用上、問題がないか確認されることをおすすめします。
(注)投写画像はイメージです

200?500lmの投写イメージ

解像度

プロジェクターに接続するパソコンの解像度に合わせて選びます。
解像度が高いほど投写画面が緻密になり、高精細な図面や表計算シートなどが見やすくなります。
また、表示範囲が広いので一度に多くの情報を伝えることができます。

解像度イメージ SVGA(800x600)とWUXGA(1920x1200)の投写イメージ
解像度 画素数(横×縦)
WUXGA 1920×1200ピクセル
WXGA 1280×800ピクセル
XGA 1024×768ピクセル
SVGA 800×600ピクセル

詳しくはこちら

スクリーンサイズの目安

WUXGA/WXGA(アスペクト比 16:10)対応スクリーン

WUXGA/WXGA(アスペクト比 16:10)対応スクリーンイメージ
WUXGA/WXGA対応
スクリーンサイズ
およその大きさ(横×縦)
300型 6.4×4.0m
200型 4.2×2.7m
150型 3.2×2.0m
120型 2.5×1.6m
100型 2.1×1.3m
90型 1.9×1.2m
80型 1.7×1.1m
70型 1.5×0.9m
60型 1.3×0.8m
40型 0.8×0.5m

XGA/SVGA(アスペクト比 4:3)対応スクリーン

XGA/SVGA(アスペクト比 4:3)対応スクリーンイメージ
XGA/SVGA対応
スクリーンサイズ
およその大きさ(横×縦)
300型 6.1×4.6m
200型 4.1×3.0m
150型 3.0×2.3m
120型 2.4×1.8m
100型 2.0×1.5m
80型 1.6×1.2m
60型 1.2×0.9m
40型 0.8×0.6m

設置方法

机上設置(持ち運び)

机上設置(持ち運び)

会議室のデスクなどに置いて投写します。
持ち運び可能です。

天吊(常設)

天吊(常設)

使用の度に設置の手間がなく、毎回の準備がスムーズです。スペースを広く使えます。

壁掛け(常設)

壁掛け(常設)

設置スペースが不要で、眩しくなく、影ができにくい設置方法です。

ボードスタンド一体型

ボードスタンド一体型

インタラクティブ機能付きプロジェクターと組み合わせると、ホワイトボードとして使えます。キャスター付きで移動も可能です。

テーブル投写(常設)

テーブル投写(常設)

設計図などをテーブルに投写して、書き込みながら議論できます。