導入事例 木村チェーン様

木村チェーン様

木村チェーン様
導入プラン:エプソンのスマートチャージ対応 A4プリンター×9台

POPも帳票もエプソンのスマートチャージで
年間500万円以上の印刷コスト削減!

導入事例TOPへ

導入製品

エプソンのスマートチャージ

高速・高画質を低コストで。大容量インク搭載のA4カラーモデル

エプソンのスマートチャージ対応 A4プリンター×9台
■設置場所:木村チェーン各店舗内

お客様のご紹介

木村チェーン様

木村チェーン様

昭和45年に創業した、愛媛県で全9店舗を展開する食品スーパーマーケット。本社を新居浜市の田所店に置き、地域に根ざした「気さくなスーパー」として東予地方や南予地方に店舗を展開。つねにお客様目線のサービスを追求し、低価格の商品を提案している。

■お客さまデータ

所在地: 愛媛県新居浜市(本社)
従業員数: 180名(正社員)
ホームページ: http://kimurachain.jp/

導入ご担当者に聞きました

全色顔料インク使用と知って導入を決定。年間の印刷コスト大幅に削減できました

株式会社木村チェーン 総務部 赤松茂様

株式会社木村チェーン
総務部 赤松 茂 様

店舗のPOPをはじめカラー印刷が多く、トナーなどの消耗品コストが負担になっていました

私の部署では、従業員が使用するシステムの構築など全店舗の情報処理を行い、パソコンやプリンターなどの資材、備品の選定・購入も担当しています。主な印刷物は、店舗で掲示するPOPや売上などの分析帳票で、全てカラーで印刷しています。また、各店舗で1日1回売上日報をモノクロで印刷しており、印刷枚数は月間でモノクロが約300枚、カラーが約2000枚だと思います。以前、他社製ページプリンターを使用していた頃から、当社の課題は印刷コストでした。そもそもインクジェットプリンターを導入していればコストは削減できたのですが、精肉・鮮魚コーナーなどではPOPをショーケースに貼る必要があり、染料インクでは湿気で滲んでしまうことがあり、ページプリンターを使わざるを得なかったのです。

年間500万円以上の印刷コストを削減。水に強い顔料インクにも満足しています

そんな折、エプソンから水に強い顔料インクを使用していると提案を受け、最初は「え、顔料インクなんですか?」と聞き返してしまいました。エプソンのスマートチャージはテレビCMで知っていましたが、「インクジェットは染料インクだから関係ないな」と思っていたのです。その後、エプソンのスマートチャージの仕組みでコストを試算し、全店で年間500万円以上の削減が見込めたため、計9台の導入を決めました。私ども食品スーパーは、「より安く」商品を提供するためにコスト削減を突き詰めており、印刷コストの大幅な削減にはとても満足しています。また、現場では社員をはじめ機器にあまり詳しくないパートさんも使用するため、シンプルな操作性のプリンターであることにも助かっています。

ビジネスに求められる低ランニングコストを実現にじみにくい全色顔料インクだからキレイが長持ち

(注)インクジェットプリンター/複合機、ページプリンター/ページ複合機のランニングコスト算出方法はこちら
(注1)当社カラーページプリンター(従来機)「LP-S820」との比較。

ご利用者の感想を聞いてみました

消耗品トラブル対応などの業務がなくなり、カラー印刷も気兼ねなくできるようになりました

チラシ

チラシ

POP

POP

消耗品手配の手間がなくなりストレスが激減。機器のトラブルも全くなくなりました

売場では、商品のPOPを1日に約40枚印刷しています。導入当初はページプリンターと比べて発色が薄く感じましたが、お客様からのご意見もなくPOPとしての役割を十分に果たしています。なにより、インク発注の手間がないことがとても助かりますね。以前は3個ほど予備のトナーをストックし、1個使うごとに再注文をしていました。ただ、多忙なときは発注を忘れることが多く管理面のトラブルが絶えなかったのですが、それが全くなくなりました。また、ページプリンターは紙詰まりなどのリカバリーが大変でした。従業員の中には機器に詳しくない者も多く、トラブルのたびに店長が呼び出されていましたが、エプソンのスマートチャージは簡単な構造のため機器トラブルが激減しました。

定額制なのでインク代を気にする必要がなく、気兼ねなくカラー印刷ができるようになりました

カラー印刷を気兼ねなく使えるようになったのもうれしいですね。ページプリンターはトナー代が高く、節約するために、初期設定をモノクロにしてカラーはその都度設定を変えて印刷していました。ただ、現場ではPOPをモノクロで印刷してしまうこともあり(笑)、そのようなトラブルも全くなくなりました。また、売上などの分析帳票は、たとえば目標到達度によって色分けするなど、どうしてもカラーで印刷する必要があるので、設定変更の手間がなくなり気軽に使うことができています。

ご利用いただいた定額制サービスプランは「オール・イン・ワンプラン」

まとめ

ご導入ポイント
  • インクジェットプリンターに切り替えることで、印刷に関する総コストが削減できる
  • 水に強い顔料インクだから、湿気のある売場でも使用できる
ご利用メリット
  • 消耗品の発注・在庫管理工数の削減ができた
  • 紙詰まりが少ない。また、紙詰まり時の処理が簡単にできる
  • 基本印刷枚数までは定額なので、気兼ねなくカラー印刷が使用できる

導入事例PDFダウンロード

PDFダウンロード
(PDF:2.06MB)
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。