導入事例 運送業様

運送業様
導入プラン:A3複合機「スタンダードF」プラン

消耗品発注、在庫管理工数と
メンテナンスフリーで管理工数大幅削減。

導入事例TOPへ

エプソンのスマートチャージ導入で管理工数&コスト削減

導入のニーズ・課題

課題・要望
  • 消耗品の在庫管理工数
  • プリントコスト削減
エプソンのスマートチャージで解決
  • 消耗品自動発送で、発注工数・消耗品在庫管理工数を削減
  • グループ割引でさらにプリントコスト削減

導入後の状況・ご感想

消耗品発注、在庫管理工数とメンテナンスフリーで管理工数大幅削減。

業種 運送業
従業員数 約290名
所在地 東京都多摩市

CMでも知っていましたが、当社車両関連システムを導入しているベンダー(所在地:群馬県高崎市)から面白い試みのサービスがある、ということで紹介を受けました。

従来機は他社複合機でしたが、営業所毎で使い方もまちまちで、トナー交換時期が読めず、どの程度在庫を持てば良いのか分からず管理が面倒でした。エプソンのスマートチャージは自動で消耗品残量をウォッチしてくれて、インク交換作業もサービスマンがやってくれるので非常に便利です。在庫をストックしておく必要もありませんし、管理工数はかなり低減しました。

本社設置状況ポスター

コストもトナー1本あたり1.5~2万円で各営業所に各色手配となると10万円近くとコストもかさんでましたが、1台あたり4、5千円くらいは削減できたと思います。

また、運送業は365日24時間稼働で、深夜ドライバーが営業所に戻ってから日報を印刷して帰宅するわけですが、そうした時にトラブルがあって印刷ができないとなるとドライバーは帰れなくなってしまうので、過去深夜に印刷トラブルで呼び出されることが年に何度かありました。

しかし、エプソンのスマートチャージは初回導入の2014年9月に導入した営業所で約1年たちますが、トラブルで電話したこともなく、正にメンテナンスフリーだと思います。

また、現在累計8台をグループ割引を適用して使用していますが、直近で入れた3営業所はまだ既設機のリースが残っていました。エプソンのスマートチャージでは21時までの延長保守を追加しても月額基本料が2万以内ですし、超過してもカラー1枚5円ですから、そのまま置いておいても結果お得なんですね。

車両数も少なく小規模な営業所は印刷枚数も少ないのですが、その分を規模の大きな営業所で使用できるグループ割引のおかげで、8営業所合算してもほぼ基本規定枚数に収まりさらにお得となっています。今後も全国の営業所へ継続して導入をしてゆくつもりです。

「グループ割引」についてはこちら

主な用途 平均月間印刷枚数 既存設置機材
  • ドライバー日報
  • 報告書
  • 地図
  • 掲示物/ポスター
  • カラー:約900枚
  • モノクロ:約2,000枚
  • 他社A3カラー複合機
  • FAX専用機

エプソンのスマートチャージ・お気に入りのポイント

消耗品管理工数削減

消耗品自動発送で
発注&在庫管理不要

印刷情報遠隔検針システムDevice Status System採用で印刷情報を自動収集し、一定残量以下になるとインクを自動手配。もちろん交換作業もエプソン任せ!

グループ割引

印刷枚数シェアによる
トータルコスト削減

印刷枚数の少ない営業所分を他拠点で振り分け可能。

導入プラン

image

導入プラン:A3複合機「スタンダードF」プラン

  • モノクロ印刷がメイン たまにカラー印刷
  • カセット4段の大容量給紙モデル

基本使用料金(月額):12,000円(税別)(注1)(注2)

基本印刷枚数(注3) モノクロ2,400枚、カラー720枚込み
機器の利用 カセット4段:1,831枚+キャビネット
ご契約期間中は、対象機器を貸与いたします。
保守サービス(注4) 込み
契約年数 5年(中途解約の場合は解約金発生(注5)
超過従量料金 基本印刷枚数を超えても超過従量料金で印刷できます。
モノクロ 1枚1.5円(税別)
カラー 1枚5.0円(税別)
(注) 価格は全て税別です。
(注) プリンタードライバー上でグレースケールを選択した場合とモノクロコピー時に写真用紙等の専用紙を設定した場合、用紙種類と印刷品質の設定によってはカラーインクを使用するため、カラー印刷としてカウントする場合があります。
(注) 契約期間は3年間、4年間、5年間のいずれかになります
(注1) A3複合機「スタンダードFプラン」5年契約の場合。
(注2) 導入時に搬入・設置をご希望される場合は、別途料金がかかります。
(注3) 枚数のカウントは片面印刷で1枚となります。用紙サイズに関わらず、同じ片面1枚としてカウントします。両面印刷の場合は2枚としてカウントします。
(注4) 通常保守対応時間:月曜日~金曜日(祝日除く)9:00~17:30。通常保守時間外・休日の保守サービスなどをご希望される場合は、別途追加保守料金が発生します。
(注5) 中途解約金額:(契約月数(60ヶ月)-支払済月数)×基本使用料金×90%+法定の消費税となります。

導入事例PDFダウンロード

PDFダウンロード
(PDF:1.26MB)
Get Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe® Reader®が必要です。
左のアイコンをクリックしてダウンロードいただけます。

(注):Adobe、Reader、Get Adobe Readerロゴは、Adobe Systems Incorporatedの登録商標または商標です。