エプソンプロセレクション

  • 製品をご利用中の方へ

    サポート情報
  • ご購入はこちら

プリント用紙テクノロジー 適した純正紙で、作品力を高める。初めての紙で、新しい作風に出逢う。

高品質で選べる純正用紙。

エプソンの顔料インクは、用紙表面にインク粒子がしっかり定着するため、幅広い質感の用紙に美しくプリントできます。印画紙タイプの「写真用紙」はもちろん、光沢感と透明感あふれる表現が可能な「写真用紙クリスピア<高光沢>」、また写真を絵画のように表現できる画材用紙や、光沢のない落ち着きのあるソフトな質感のマット紙、品のよいテクスチャーを施した「Velvet Fine Art Paper」など幅広くご用意。写真に紙選びの要素を加えることで、作品の幅が広がります。

マットブラックは、より幅広い用紙での黒の再現力を向上。

ファインアート系の用紙で、より深い黒を再現するマットブラック。SC-PX3V、SC-PX5VIIに搭載された、「Epson UltraChrome K3インク」は、従来のK3インクよりも用紙の表面付近に定着しやすくなり、重厚感のある「黒」とともに、シャープな再現が可能となりました。しかも、エプソン純正用紙はもちろん、幅広いファインアート系用紙でその優れた定着性を発揮。作品の狙いに合わせて最適な用紙を選ぶことで、表現の自由度が広がります。

(注)画像はイメージです。

用紙ラインアップ

光沢紙

用紙の白色度が高く光沢もあるため、黒が引き締まり、さらに鮮やかな発色も得られる用紙です。ビビッドな色合いから、透明感を追求したハイキー調、深みのあるローキー調など、さまざまな作品を美しく再現します。

  • 写真用紙クリスピア<高光沢>

    光沢度が高く、鮮やかで、階調表現が非常に優れた用紙。コシがあり、手に取ったときに高級感があります。

    ご購入はこちら

    クリスピア スペシャルサイトはこちら

  • 写真用紙<絹目調>

    光沢を抑えた、キメの細かい微粒面が特長の用紙。光の反射を抑えられるので、照明を当てる作品展示にも向いています。

    ご購入はこちら

マット紙

光沢がなく、柔らかで落ち着いた表現に適したプリント用紙。モノクロ写真の階調をソフトに表現し、表情豊かに再現します。また、表面にテクスチャーのある独特な風合いの用紙も。オリジナリティ豊かな写真表現を可能とします。

  • Velvet Fine Art Paper

    しっとりとしたファインアート用紙のなかでも、質感と彩度を両立させた最高峰の用紙。ハイコントラストなモノクロ、彩度の高い作品に。

    ご購入はこちら

  • UltraSmooth Fine Art Paper

    用紙の地色がオフホワイトなため、温調な仕上がりに。用紙の厚みとコットンの質感が高級感をかもし出します。

    ご購入はこちら

  • 画材用紙/顔料専用

    重量感のあるテクスチャータイプのマット調コート紙。表現の可能性を広げます。

    ご購入はこちら

エプソンの専用紙はあなたの作品づくりをサポートします。