BT-2000 / BT-2200

  • ご購入はこちら

業務に適した両眼・シースルー

視認性の良い大画面

両眼シースルータイプのMOVERIO Proは、視野内の広いエリアに情報を表示でき、視線移動を最小限に抑えるので、疲労感が少なく、作業中の利用に適しています。また、投写中も周囲を見ることができるので、安全面にも配慮できます。

製品(右ななめ)

製品(左横)製品(背面)

(注)画像はBT-2000です。

視認性の良い大画面

作業支援に適した両眼・シースルー

視野のすみに小さく表示される単眼タイプに対して、両眼タイプは視野の正面に映像や画像を大きく表示できます。視線移動が少なく、疲労感も抑えられます。大画面なので、マニュアルや図面なども見やすく表示します。また、周囲が見えるシースルータイプなので、視野内に映像を重ねたり、周囲を見ながら映像を見ることができます。レンズははねあげ式で、使わない時には片手で簡単に上部にずらせるので、移動や作業もスムーズに行えます。

両眼シースルータイプのイメージ
両眼タイプは映像を大きく表示
単眼タイプのイメージ
単眼タイプは視野のすみに小さく表示

視野に映像を重ねて表示でき、周りも見える

シースルータイプなので、実視野とモベリオが投写する画像や映像を重ね合わせて表示でき、AR(augmented reality : 拡張現実)を使った作業の効率化が可能となります。また、周囲の状況も把握でき、安全面にも配慮しながら使用できます。
ヘッドセット部には、0.42型の高温ポリシリコンTFTカラー液晶パネル「ULTIMICRON」を採用。左右の側部に光学系を内蔵し、投写映像をプリズムで反射させ、前面のハーフミラー層に24bitカラー(1,677万色)の映像を映し出します。

ハーフミラー層(映像光、外界光を瞳に導く) / 導光板 / LDC/バックライト / 投写レンズ / 映像光 / 外界光

明るく見やすい画面

解像度960×540ドットのカラー表示ディスプレイを採用し、高輝度で高い視認性を確保できます。照度センサーにより、環境光の明るさに合わせて輝度を自動調整しますので、見やすい映像を映し出します。
4m先の距離に、64インチ相当の映像を投写します。

ハンズフリーで利用可能

ヘッドセットタイプなので、映像や画像の確認もハンズフリーで使用でき、作業をさまたげません。コントローラーは腕・腰・肩にホルダーで身に着けられます。また、音声でのコマンド機能を搭載しているので、コントローラーに触れなくても操作が可能です。

スマートデバイスの場合MOVERIO Proの場合

関連コンテンツ MOVERIO Proで業務改革

MOVERIO Proで業務改革

仕事の質を向上させ、付加価値を与える。モベリオ プロ(MOVERIO Pro)の活用イメージや、実証実験などを紹介いたします。