インク満タン1年分(注1)。ケタ違い大容量、エコタンク方式。ランニングコストも気にせずプリント

大容量インクタンクとインクボトルでランニングコストを気にせずプリント

インク満タンで1年分(注1)の大容量タンクのエコタンクを搭載。
本体購入時に同梱されているカラーインクで、A4カラー文書をプリントする場合、約14,000ページ(注2)のプリントが可能。インク交換の手間に煩わされることなく大量にプリントできます。

購入時に印刷できる枚数(A4カラー文書)カラーインクで約14,000ページ(注2)

(注1) A4カラー文書をひと月あたり300ページプリントした場合を想定して算出。
(注2) 測定データおよび測定条件はこちら
MyEPSON エコタンク搭載モデルをご購入の上、「MyEPSON」へユーザー登録を行うと・・・

(1)無償保証期間(持ち込み修理)を通常の1年から2年間に延長。(2)引取修理サービス(ドアtoドアサービス)を無償で受付。

「MyEPSON」ユーザー登録はこちら

 
(注) 「MyEPSON」へユーザー情報と購入製品情報を登録の上、「ご登録製品のサポート」ページより修理を依頼された方が対象となります。

一枚あたりの印刷コストはA4カラー文書で約0.6円(税別)(注1)、A4モノクロ文書で約0.3円(税別)(注1)。通常のインクカートリッジモデルに比べて一枚あたりのランニングコストが断然お得!さらに1回のインク交換で、A4カラー文書をカラーインクで約7,500ページ・ブラックインクで約4,500ページの大量プリントが可能です。

一枚あたりの
印刷コスト(注1)
エコタンク搭載モデル(EP-M570T)
A4カラー文書 A4モノクロ文書
0.6円(税別) 0.3円(税別)
一回のインク交換で
印刷できる枚数
A4カラー文書
カラーインク ブラックインク
7,500ページ 4,500ページ

同梱インクを使い終わった後も圧倒的な低ランニングコスト(注1)

(注1) 各色での印刷可能枚数(イールド枚数)、ランニングコスト算出方法についてはこちら。消耗品価格については、エプソンダイレクトショップ掲載価格(税別)(2017年2月8日現在)をもとに算出。

プリントするほど実感の低トータルコスト

(注) 5年間の前提条件 300ページ(1日10ページ×30日)、5年間(60ヶ月)使用。
(注) 当シミュレーション図は、機器本体価格と印刷枚数に係るインクコストの合計値をトータルコストの推移として示したものです。各価格については、エプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)掲載価格(税別)(2017年2月8日現在)、あるいは掲載予定価格をもとに算出。
エプソンダイレクトショップの販売価格はコスト算出のための参考価格として引用したものであり、各販売店での販売価格を拘束するものではありません。1枚あたりの印刷コスト算出方法については、こちらをご覧ください。
(注) 上記のコストシミュレーションはお客様の印刷イメージ、印刷原稿、印刷間隔、印刷環境によって変動します。
関連コンテンツ リモートプリントドライバー

ケタ違い大容量、エコタンク方式。インク満タン、1年分。

ケタ違いの低ランニングコスト。だから、カラープリントを我慢する必要はありません。

関連コンテンツ

ユーザーボイスへ

IT mediaで実施した無料モニターの方々に、実際に10ヵ月間(2016年3月〜12月)使ってみた感想をあらためてうかがいました。