使い方広がる便利な機能

ホーム画面機能

  • プロジェクター上面のHomeボタンを押すとホーム画面が投写されます。プロジェクターの入力状況の確認やソース切り替え、よく使う機能の選択と実行が簡単にできます。

  • プロジェクター上面のHomeボタンを押すとホーム画面が投写

内蔵スピーカーやBluetooth®スピーカーで、シネマもゲームも手軽に楽しめる

  • 5Wスピーカー搭載

    5Wのスピーカーを搭載しているので、別途スピーカーを用意することなくプロジェクター本体だけで音声も再生可能。シネマやゲームを手軽に楽しむことができます。

    (注) 画像はイメージです。
    (注) 画面はハメコミ合成です。
  • スピーカー内蔵だから、シネマもゲームも手軽に楽しめる

Bluetooth®オーディオ対応

  • Bluetooth®のオーディオ機器を簡単に接続できます。

  • Bluetoothのオーディオ機器を簡単に接続

(注) スピーカーの機種や環境により音の遅延が発生することがあります。

2種類の映像を同時に投写

  • HDMI®入力の映像とスクリーンミラーリング経由の映像を、1つのスクリーンの左右に同時に投写できます。

    (注) HDMI®とスクリーンミラーリングの組み合わせのみ可能です。
  • 2種類の映像を同時に投写

HDMI®端子搭載だから、ケーブル1本でシネマもゲームも大画面で

  • テレビやDVD、ブルーレイ、ゲーム機器とも、HDMI®ケーブル1本でカンタンに接続できるので、高画質な大画面映像を手軽に楽しむことができます。

    (注) 画像はイメージです。
  • いろんな機器に接続可能

映すコンテンツや部屋の環境に合わせて選べる、6つのカラーモード

    • ダイナミック:明るい部屋での投写に
    • ブライトシネマ:鮮やかでメリハリがありクリアに
    • ナチュラル:暗い部屋での投写に
    • シネマ:暗い部屋での映画鑑賞を自然な色合いで
    • 3Dシネマ/3Dダイナミック:3D映像の投写時に選択可能
    (注) 画像はイメージです。
    (注) 画面はハメコミ合成です。
  • 映すコンテンツや部屋の環境に合わせて選べる、6つのカラーモード

動きの速い映像でも快適

  • ゲームなどの動きの速いコンテンツを視聴するときは「映像処理」を「速い」に設定することで表示遅延を低減。ゲームを快適に楽しむことができます。

    (注) [映像処理]を[速い]に設定すると、フレーム補間やノイズリダクションの設定は無効になります。
    (注) 画像はイメージです。
    (注) 画面はハメコミ合成です。
  • 動きの速い映像でも快適

スライドショー

USBストレージやデジタルカメラと接続し、大画面でスライドショーを楽しめます。

ファイルタイプ(拡張子) 備考
.jpg
  • CMYKカラーモード形式のものは投写できません。
  • プログレッシブ形式のものは投写できません。
  • 解像度が8192×8192を超えるものは投写できません。
  • JPEGファイルの特性上、圧縮率が高いと画像がきれいに投写されないことがあります。

スライド式レンズカバー

  • プロジェクターを使用しない時はレンズカバーを閉めることでレンズを傷や汚れから守ります。
    レンズカバーはツマミをスライドさせるだけで開閉できます。

    (注) 画像はイメージです。
  • スライド式レンズカバー

HDMI®リンク

HDMI® CEC規格に対応したAV機器であれば、電源オン・オフ連動や再生/早送り等の操作が可能になるHDMI®リンク機能を搭載。プロジェクターのリモコンで接続機器の操作ができます。

可能操作(例)

  • 電源オン連動(接続機器でのコンテンツ再生に連動してプロジェクターの電源オンまたは、プロジェクターの電源オンに連動して接続機器の電源オン)
  • 電源オフ連動(プロジェクターの電源オフに連動して接続機器の電源をオフ)
  • 入力切替連動(接続機器のコンテンツ再生に連動して、入力ソースがHDMI®に切り替わります)
  • 接続機器操作(再生/停止/早送り/巻き戻し/チャプター送り/チャプター戻し/一時停止など)
  • ハイエンド ホームシアタープロジェクター EH-LS10500
  • ハイクオリティーモデル
  • スタンダードモデル
  • DVDプレイヤー内蔵モデル