高精度GPSチップで周回コースやビル街でも高精度に測位

周回コースやビル街でも高精度に測位

周回コースやビル街でも高精度に測位

独自開発の高精度GPSチップを搭載。電波が乱れた環境や、届きにくい場所でも誤差を抑制し、高精度のデータが得られます。

国産の準天頂衛星システム「みちびき」対応の高精度GPSチップで24時間連続稼働(脈拍計測オン時:20時間)

国産の準天頂衛星システム「みちびき」に対応。日本の真上を通過するため、電波が建物などに遮られにくく、しっかりと測位が可能です。さらに、マルチパス(電波が障害物や地形に反射し、複数の電波を受信することで、受信に障害を及ぼす現象)の影響を受けにくい高性能GPSチップを搭載。都市部や山間部でも安定した測位を可能にします。

国産の準天頂衛星システム「みちびき」対応の高精度GPSチップで24時間連続稼働(脈拍計測オン時:20時間)

(注)現在は1基での運用のため、1日の内8時間の補完信号の利用となります。

(注)画像はイメージです。

GPS計測について

GPS衛星からの信号を受信して計測します。精度良く計測するには、GPS衛星からの信号を受信しやすい以下の条件でご使用ください。

GPS計測について

屋内、および以下のような場所ではGPS衛星からの信号を受信できません。

<受信できない場所>

  • 室内やビルの中、地下
  • トンネルの中
  • 水の中

<受信しにくい場所>

  • 工事現場、交通量が多く電波障害がある場所
  • 樹林地帯、高層ビル街、電車の架線の近く、高圧線やテレビ塔
  • 水の上
GPS計測について

(注)以下の場合は屋外の頭上が開けた場所で、GPS受信状態にして、15分置いてからご使用ください。

ご購入後、はじめて使用するとき

数ヶ月間、使用しなかったとき

オートサーチで走りたい気持ちを鈍らせない

オートサーチで走りたい気持ちを鈍らせない

オートサーチで走りはじめるまでの時間を短縮できるので、トレーニング時間を有効に使えます。さらに、走りはじめてからもサーチが可能です。

また、スマートフォン経由でのGPSアシスト情報(AGPS)により、GPS測位時間をさらに短縮します。

A-GPSとは
Assisted GPSの略。衛星情報を事前に取得する機能。計測モードでGPS計測機能を使用する際、スタート状態になるまでの時間を短縮することができます。
(注)GPS測位開始の2時間前まで有効。

使用する環境に応じた、便利なモード

■スキップモード
GPS測位完了前に、計測を強制的に開始させる機能です。すぐに計測を開始したいときやGPS測位に時間がかかるときに便利です。
(注)GPS測位が完了するまでの間は計測されません。
(注)GPS測位が完了するまでの軌跡は記録されません。
■インドアモード
ジムなどの屋内でGPS測位をせずに計測する機能です。
(注)GPS測位が完了するまでの軌跡は記録されません。
(注)標高や累積上昇/下降高度、勾配、緯度/経度は計測されません。

本体内蔵のストライドセンサーが、トンネル内でも距離とラップを刻み続ける

実速度と体振動周波数から、歩幅を絶えず学習するストライドアルゴリズム。GPS信号が入らないトンネル内やスポーツジムなどの室内でも高い精度で走行距離やラップを刻み続けます。

本体内蔵のストライドセンサーが、トンネル内でも距離とラップを刻み続ける