パルセンスで始める!

  • ご購入はこちら
  • エクササイズ
  • “ただ歩くだけ”を卒業したい人へ「PULSENSE PS-600」を使うと何が変わる?

ITmedia ヘルスケア タイアップ記事 “ただ歩くだけ”を卒業したい人へ

PULSENSE PS-600C

PULSENSE PS-600C

「PULSENSE PS-600」を使うと何が変わる?

エプソンの活動量計「PULSENSE」シリーズに新モデル「PS-600」が登場した。腕時計っぽい円形の大きなディスプレイを採用し、容量の大きなバッテリーを搭載した点が大きな進化点。

2014年11月にエプソンから活動量計「PULSENSE」シリーズが登場して1年強。脈拍センサーを搭載して人気を博した「PS-500」の上位モデル「PS-600」が発表された。このたびいち早くPS-600Cを試用する機会を得たので、その特長やPS-500からの進化ポイントを紹介する。

人気のPS-500が、さらに性能アップしてPS-600に

PS-600は、加速度センサーと2つの高精度脈拍センサーを搭載し、歩数や消費カロリー、睡眠といった活動のみならず、こころの状態や運動強度に応じた心拍ゾーンなどを、より高い精度で計測することができる活動量計だ。

大型の円形ディスプレイを備えており、現在の脈拍数は時刻を見る感覚で常に確認できるし、心拍ゾーン(運動強度)も液晶画面のカーブを利用したサークルメーターで一目瞭然。これにより、自分の日常的な活動の詳細を常に把握し、日々の健康生活の向上に生かせる製品となっている。

PS-600シリーズ サークルメーター表示 心拍ゾーン表示
  • (注1)心拍の%は、PULSENSE Viewにてプロフィールに入力した内容を元に、カルボーネン法で算出しています。
    心拍(%)=(心拍数-安静時心拍数)÷(最大心拍数-安静時心拍数)×100

防水性能は5気圧。脈拍センサーを常時稼働させながら、活動量計としてなら5日間の連続計測が可能だ。計測結果はスマートフォンと接続し、アプリ「PULSENSE View」を使って確認できるほか、アップロード用アプリケーション「PS Uploader」とWebアプリケーション「PULSENSE View」を使えば、USB有線接続によりPCでも利用できる。また、通知機能も備えており、スマートフォンの着信、メール、スケジュールなどを本体画面に通知できるため、スマートウォッチ的な使い方もできる。このほか、眠りの浅いタイミングで起こしてくれる起床アラーム機能もある。

腕時計感覚で身につけて意識すれば、普段の歩行がエクササイズになる

腕時計感覚で身につけて意識すれば、
普段の歩行がエクササイズになる

このPS-600で特にチェックしてほしいポイントは、デザイン、画面表示、バッテリー持ち、脈拍センサーの数とワークアウトモードの5つだ。

まるでユニセックスなスポーツウォッチ

スクエアなPS-500と丸いPS-600

スクエアなPS-500と丸いPS-600

左手に付けた状態

左手に付けた状態

手首にしっかりフィットする

手首にしっかりフィットする

PS-500が四角いディスプレイを搭載していたのに対して、PS-600はスポーツウォッチ風のデザインに仕上げてきたところが、まずはわかりやすい大きな特長だろう。「それなに?時計?」という感じだったのが、誰がみても違和感のない腕時計型デザインになったことで、よりスーツなどにあわせやすくなっているのではないだろうか。

違和感のないデザインに自然なフィット感で使用感は上々である。派手さはないが、時計らしい表示なのでむしろ見やすく、脈拍数が自然に目に飛び込んでくる。カラーは「エナジャイズドブラック」と「エナジャイズドカッパー」の2色がある。また、画面背景を黒か白に変更できるのもうれしい。「WristableGPS」に用意された白系のモデルがPULSENSEにもあれば、女性でも大ぶりの時計としてデニムなどに合わせやすそうだ。

WristableGPS SF-850PB/PW
WristableGPS SF-850PB/PW
ランナー向けGPSランニングギア「WristableGPS SF-850」。PULSENSEの機能を搭載し、走りから日常までをフルサポート。
通気性とつけ心地に配慮されたリストバンド。PS-600は穴の位置を確認しやすいように工夫されている

通気性とつけ心地に配慮されたリストバンド。PS-600は穴の位置を確認しやすいように工夫されている

リストバンドはPS-500同様にメッシュ加工が施してあり、蒸れにくさと装着しやすさを両立している。特にPS-600は穴を閉じた部分を作ることで、いつも止めている場所がどこかを把握しやすくしている。

巻いた時のイメージ

巻いた時のイメージ

ベゼルの周辺には表示切替や設定のためのボタンを備えているが、これも2つから4つに増えた。

同時に、表示内容も大きく増えている。右下のボタンを押すと、現在の心拍ゾーンと、その日のエクササイズ、消費カロリー、歩数と移動距離、睡眠時間(合計/深い/浅い)、こころバランス(エキサイト/リラックス)を順に表示する。さらに右上の「TREND」と書かれたボタンは、その日の活動の達成率と、エクササイズ、消費カロリー、歩数、睡眠、こころバランスに関する1週間分の状況をグラフで見られるようになった。つまり、スマートフォンと同期しなくても、過去1週間分なら手首だけで動向をチェックできるのだ。

ボタンは4つに増えた。左上のボタンを押すとバックライトが点灯

ボタンは4つに増えた。左上のボタンを押すとバックライトが点灯

「TREND」ボタンで見られる達成率

「TREND」ボタンで見られる達成率

1週間分の歩数の変動。そろそろウォーキングに行かねばと思わされる

1週間分の歩数の変動。そろそろウォーキングに行かねばと思わされる

消費カロリーが目標に達していないこともすぐ確認できる

消費カロリーが目標に達していないこともすぐ確認できる

ただ、ボタンが2つから4つに増えて操作が複雑になった感はある。慣れてしまえばたいしたことはないのだが、メニューの移動と確定をそれぞれ別に押さなくてはならない。最初の頃は自分が見たい画面、もっといえば、時計付きの表示に戻すにはどうしたらいいのか、といった部分で戸惑うかもしれない。とはいえ、この点は「右下の一番大きなボタンを長押しさえすれば、時刻表示に戻れる」と覚えておけば解決するので、さほど大きな問題ではない。

ワークアウト、活動量計、時計の3モード搭載

表示はモノクロだが、解像度がややアップしているようだ。PS-500は青とオレンジのLEDで心拍ゾーンを表示していたのに対して、PS-600はベゼルのふちの7つのメーターで表示されるように変わった。画面タップで点灯していたバックライトはボタン押下に変更されている。夜間のウォーキング中、LEDや画面タップによるバックライト点灯は便利だっただけに、この変化は好みが分かれそうな気がする。

PS-500にあったLEDがなくなっている

PS-500にあったLEDがなくなっている

PS-600ではデバイスの動作モードそのものを、トレーニングの開始から終了までを計測する「ワークアウト」、日常的に利用できる「活動量計」、脈拍を計測しない「時計」の3つから選べるようになった。

左下のボタンを押すと、3つのモードが現れる

左下のボタンを押すと、3つのモードが現れる

PS-600の脈拍センサー

PS-600の脈拍センサー

バッテリー持ちが5日間に進化!

このバッテリー持ちが、「活動量計」モードのときで、従来の連続36時間から、5日間に大幅に伸びた。これで充電の手間がだいぶ軽減された。しかもボタンを押したときだけ表示する省電力設定を備えており、オンにするとワークアウトなら60時間、活動量計は7日間、時計は18日間の連続使用が可能だ。

充電は相変わらず専用のUSB充電器が必要。ただPS-500なら、2泊もするなら充電器が必要だったが、これからはフル充電していけば、ちょっとした出張くらいなら安心だろう。

フル充電で5日間連続計測できるように!

フル充電で5日間連続計測できるように!

専用のUSB充電器。はめ込むだけなので着脱が楽になっている

専用のUSB充電器。はめ込むだけなので着脱が楽になっている

ちょうど5日目に充電を促された

ちょうど5日目に充電を促された

バッテリー残量を表示してくれるところも親切だ。最近の活動量計はバッテリー残量が少なくなると通知してくれるが、本体をみただけで残量がわかるものはない。外出先で残量が少ないと指摘されると、帰宅までに持つだろうかと不安になってしまうこともあるが、いつも見られるのは安心だろう。いよいよ充電が必要だというときは、画面いっぱいに表示して知らせてくれる。

活動量の先へ行きたい人向けの「ワークアウト」モード

「ワークアウト」中の画面。家の中を忙しく歩き回ったり、ジャンプしても脈拍数は上げられる

「ワークアウト」中の画面。家の中を忙しく歩き回ったり、ジャンプしても脈拍数は上げられる

「ワークアウトモード」は、トレーニングなどの開始から終了までを、普段の活動量とは別に計測

「ワークアウトモード」は、トレーニングなどの開始から終了までを、普段の活動量とは別に計測

PS-600の目玉機能といえば、新機能の「ワークアウト」だろう。ジムのトレッドミルでできることが腕でできるようになった。

トレッドミルとは、フィットネスジムに必ず設置されている、屋内でランニングやウォーキングができるベルトコンベアのようなマシン。耳たぶにクリップ式のセンサーを取り付けるか、マシンのハンドルを握ることで心拍数を計測する。心拍ゾーンを常に監視できるので、ペースオーバーになっていないかなどが分かり、効果的なトレーニングを行えるというもの。

PS-600の「ワークアウト」を使うと、それが手首で計測できる。センサーを耳たぶにつける煩わしさもなければ、ハンドルを握るために腕が振れないといったこともない。好きなところで存分に動き回れるのだ。

「ワークアウト」をスタートさせると、画面には脈拍数を中心に、経過時間と現在時刻、心拍ゾーンが表示される。振動による通知機能も備えており、あらかじめアプリで設定しておいた心拍ゾーンを外れてしまうと画面をみなくても振動で分かる。ペースが落ちて有酸素ゾーンから抜けたら振動するという具合だ。ウォーキングでもペースが落ちてきたなというのは自分でもわかるが、振動が起こることで即奮起できるし、常に数値を凝視しなくて済むのでとても楽なのだ。

ワークアウト中の運動目標を設定可能 (注1)移動距離は推定値です。

ワークアウト中の運動目標を設定可能
(注1)移動距離は推定値です。

ワークアウトの結果。時間、消費カロリー、歩数、移動距離を表示、括弧内は運動目標達成率

ワークアウトの結果。
時間、消費カロリー、歩数、移動距離を表示、括弧内は運動目標達成率

通知ゾーンを選択できる

通知ゾーンを選択できる

振動による通知はPS-500にもある機能だが、PS-600の「活動量計」モードでも有効。ゆえに「ワークアウト」を選ぶ理由に悩むかもしれない。確かに活動量だけ知りたい人にしてみれば、活動量計モードだけで十分便利に使える。ワークアウトモードは、心拍ゾーンの効果を知ったことで、さらに意識が高まった人向けと考えればいいだろう。「日常生活の運動量の計測だけではもの足りない。意識的なエクササイズにより、さらに効果を得たい」という、一歩先に進みたい人に向いたモードなのだ。

わざわざジムなんて行かない。もちろんトレッドミルなんて使わない。という人にしてみたら、ワークアウトモードを使うシーンはあまりないと思うかもしれない。しかし、自宅から駅までの道のりをワークアウトタイムに変えてみてはどうだろう。履歴を見て、昨日15分だったから今日は14分で着いてみせる、と目標を設定してワークアウトのスタートボタンを押せば、それは立派な運動だ。

ワークアウトのカレンダー表示

ワークアウトのカレンダー表示

ワークアウト履歴一覧表示

ワークアウト履歴一覧表示

ワークアウトの履歴から詳細を表示

ワークアウトの履歴から詳細を表示

自然に活動量アップをサポート

PS-500を手にした時、これは便利!これからは脈拍センサー搭載デバイスが増えるんだろうな、と感動したものだが、その後脈拍センサー搭載モデルが他社からも多数登場した。そんな中、第2弾として投入されたのがPS-600。身につけているだけで、生活の中にトレーナーがいるような気分になれる。これはPS-600の大きな魅力だ。

自然と活動レベルを上げられる、それがPS-600の効果。ただ歩くだけを卒業したい人は、買わない理由はないだろう。なお、開発中のアプリとの同期もかなりスムーズで、カレンダーも備えられており、過去のデータにアクセスしやすくなっていた。これもかなり期待できそうだ。

製品ラインアップ