パルセンスで始める!

  • ご購入はこちら

脈拍計測機能付き活動量計 PULSENSEとは。 脈拍を知ることで、毎日はトレーニングになる。

健康のために歩く。階段を使う。ジムに通う。しかし、成果は簡単にはあがらず、つい怠けてしまう。
そんな毎日に、脈拍で体の状態やこころバランスがわかるPULSENSEをプラスする。
脈拍で体の状態をはかり、心拍ゾーンをリアルタイムで表示するので
普段のなにげない動きも、脂肪燃焼や有酸素運動を意識した効率的なトレーニングに変えられる。
歩数や消費カロリーは一目で確認でき、食事のメモを残せば、カロリーの収支も把握できる。
動きの少ない時にはこころバランスを、また、睡眠時には眠りの浅い、深いを可視化。
思い描いた自分になるための毎日を、PULSENSEがナビゲートしてくれる。

  • あなただけのパーソナルトレーナー。 EXERCISE エクササイズ

    目的にあった運動強度を心拍ゾーンで確認。本体上で心拍ゾーンや脈拍数(注1)をお知らせするので、目指すトレーニングを確実に行えます。

  • ダイエットの最短距離を。 WEIGHT CONTROL ウェイトコントロール

    目標体重になるまでの期間、目標体重を設定すると、一日の活動目標(消費カロリー・エクササイズ時間など)が自動計算されます。普段の生活で「脂肪燃焼ゾーン」での活動を心がければ、効率的にカロリーを消費できます。

  • 気持ちの良い目覚めを。 SLEEP 睡眠

    脈拍と活動量から睡眠に入ったことを自動検知。睡眠時の脈拍推移で、睡眠時間と共に眠りの「浅い」「深い」を可視化します。

  • 自分のこころバランスを知ろう。 BALANCE こころバランス

    加速度センサーで体の動きを把握し、運動していないのに脈拍が高ければ「エキサイト」、低ければ「リラックス」として記録します。

(注1)PS-100は脈拍数表示なし。

脈拍と活動量から、活動時、非活動時、睡眠の状態を可視化

脈拍と活動量から、活動時、非活動時、睡眠の状態を可視化

「脈拍」という体の状態と「加速度」という体の動きから、運動強度と消費カロリーを数値化。たとえば同じ1kmの道を進むにも、坂道と平たんな道を歩くのとでは体への負荷は異なります。PULSENSEは人の動きだけでなく、「脈拍」を通じて体の負荷を計測しているため、より高精度で計測します。

エプソンの高精度な脈拍計測テクノロジー

エプソンの高精度な脈拍計測テクノロジー

PULSENSEは高精度脈拍センサーと加速度センサーを搭載。腕に装着するだけで脈拍推移と活動量から、エクササイズ状況やカロリー収支(注1)、非活動時のこころの状態や睡眠といった普段の活動を可視化します。

  • (注1) PULSENSE Viewで食事記録を入力する必要があります。

エプソンが培ってきたセンシング技術にもとづく 高精度な脈拍計測について

本体とアプリケーションで、体のさまざまな状態を可視化

本体とアプリケーションで、体のさまざまな状態を可視化
WEB・スマホ用アプリケーション

最新の対応OSおよび動作確認機種一覧はこちらをご確認ください。

  • (注1)PS-100シリーズは、スマートフォンアプリ経由でデータをアップロードする事でご利用いただけます。

心拍ゾーンを知れば、最適な運動強度がわかる

トレーニングの目的によって最適な心拍ゾーンは異なります。リアルタイムに心拍ゾーンを把握することで、より効率的なトレーニングが可能となります。PULSENSEでは自分の目的にあった運動強度を心拍ゾーンに置きかえて設定することができ、ゾーン入出時に本体のサークルメーターやLEDライトと振動で通知。自分に合ったエクササイズを確実に行えます。また通勤や移動時など普段のなにげない動作も、心拍ゾーンを意識することでトレーニングに置きかえることができます。

心拍ゾーンを知れば、最適な運動強度がわかる
  • (注1)PS-600のサークルメーターは、エクササイズ、消費カロリー、歩数、距離表示の際、あらかじめ設定した活動目安達成率を10段階で表示します。(メーター×1=達成率10%)
  • (注2)心拍「0~40%」時:本体タップにより点滅 心拍「90~100%」時により早い点滅
  • (注3)心拍の%は、PULSENSE Viewにてプロフィールに入力した内容を元に、カルボーネン法で算出しています。
    心拍(%)=(心拍数-安静時心拍数)÷(最大心拍数-安静時心拍数)×100
PS-600シリーズ サークルメーター表示 PS-500B PS-100シリーズ LEDライト表示

毎日の自己管理を6つの基本画面で

PULSENSE本体で計測したデータは、専用アプリケーション「PULSENSE View」で確認。脈拍のリアルタイム表示(注1)に加え、一日の活動や消費カロリー、睡眠、こころバランスなど6つのメーターでわかりやすく表示。1週間ごと、1か月ごとにデータを表示できるので、結果の振り返りも簡単にできます。

  • リアルタイム
    【リアルタイム】(注2)
    脈拍数リアルタイム推移
    心拍ゾーン表示
  • エクササイズ
    【エクササイズ】
    エクササイズ時間
    心拍ゾーン滞在時間
  • カロリー
    【カロリー】
    摂取カロリー/消費カロリー
    カロリー収支
    食事入力(履歴管理)(注3)
  • 歩数/距離
    【歩数/距離】(注4)
    歩数
    移動距離
  • 睡眠
    【睡眠】
    睡眠時間
    眠りの「浅い/深い」を表示
  • こころバランス
    【こころバランス】
    非活動時のこころの状態
    「リラックス」「エキサイト」を表示
  • (注1)リアルタイムメーターは、スマートフォンアプリのみ対応です。
  • (注2)PS-600使用時のアプリケーション画面です。PS-500B/PS-100使用時は表示が異なります。
  • (注3)摂取カロリー表示には食事入力が必要です。
  • (注4)移動距離は推定値です。
  • (注) PULSENSEで計測した脈拍データは、インターネットを経由してPULSENSEクラウドサービスに保存されます。
  • (注) 「PULSENSE View」は、インターネットを経由してPULSENSEクラウドサービスとの通信を行います。
    PULSENSEクラウドサービスに接続する際の通信料はお客様の負担となります。

自己管理の精度を上げる、記録機能とアドバイス機能

食事を簡単に記録できる機能や、目標体重への予測グラフなど、ウェイトコントロールの精度を高め、
やる気を引き出す機能を搭載しています。

食事を簡単に記録してカロリー収支管理
PULSENSE Viewで食事記録を入力すると、摂取カロリーとして数値化。消費カロリーと摂取カロリーの収支がわかるので、
ダイエットの目安に役立ちます。
  • PULSENSE View 食事入力画面
    PULSENSE View 食事入力画面
  • PULSENSE View カロリーメーター
    PULSENSE View カロリーメーター
<体重予測直線><アドバイスメール>
目標達成への進捗をグラフで表示
体重推移とカロリー収支より将来の推移予測をグラフ化。
  • (注) 体重の入力が必要です。
目標達成に向けての改善点などを毎週配信
毎日の活動状況と体重推移から、活動へのアドバイスを毎週メールで配信。
  • (注) 設定画面にてメール配信設定が必要です。

NEWワークアウト機能で、トレーニングを詳細に管理 (注)ワークアウトモードはPS-600のみ対応

ワークアウト機能で、トレーニングを詳細に管理

エクササイズやウォーキングなど、意識してがんばる時間帯には「ワークアウトモード」を活用しましょう。ワークアウト中の活動量を1日の活動量とは別に記録でき、毎回の成果を確認できます。開始前に運動目標を設定し、ワークアウト中や終了後に、手元で達成度を確認。PULSENSE Viewの「ワークアウト履歴」画面で、毎回の履歴や、詳細な心拍ゾーン、脈拍の推移を確認できます。

<本体で>
ワークアウト開始前 運動目標を設定 ワークアウト中 進捗状況を手元で確認 ワークアウト終了 結果をすぐ手元で確認

(注1)移動距離は推定値です。

<専用アプリケーションで>
履歴を管理してやる気をキープ
Webアプリ「PULSENSE View」のカレンダーや履歴一覧で、毎日のトレーニングの実施状況を確認できます。ウォーキング、ランニング、バイク、有酸素運動、筋力トレーニング等の運動アイコンを設定できるので、いつどの運動をしたのか、あとからの振り返りに便利です。
カレンダー表示で、トレーニングをした日を一覧表示 履歴一覧で、運動時間/最高・最低脈拍数を表示 各ワークアウトの脈拍数推移の詳細や、各ゾーンの滞在時間を表示
  • カレンダー表示で、トレーニングを
    した日を一覧表示
  • 履歴一覧で、運動時間/最高・
    最低脈拍数を表示
  • 各ワークアウトの脈拍数推移の詳細や、
    各ゾーンの滞在時間を表示

ワークアウトアイコンの説明

  • ウォーキング

    ウォーキング

  • ランニング

    ランニング

  • バイク

    バイク

  • 有酸素運動

    有酸素運動

  • 筋力トレーニング

    筋力トレーニング

NEW安静時脈拍数を把握して活動計画の参考に

安静時脈拍数

(注)傾向の見え方、現れ方には個人差があります。

「安静時脈拍数」を記録し、グラフで表示します。安静時脈拍数を記録し続けることで、トレーニングの進捗の参考となります。
(注)安静時脈拍数のデータ取得には、睡眠中の装着が必要です。

安静時脈拍数とは?

安静状態での脈拍数のことで、体力などによって変動します。例えば運動を続けて心肺機能が高まってくると、1回の拍動で供給できる酸素量が多くなるため、安静時脈拍数は下がる傾向にあるといわれています。このため、安静時脈拍数を記録し続けることで、トレーニングの成果が出ているかの指標となります。

専用アプリケーション「PULSENSE View」

PULSENSEで計測したデータは、専用アプリケーション「PULSENSE View」で確認。スマートフォン用アプリケーションと、パソコン用Webアプリケーションの2種類をご用意しています。

■スマートフォン
EPSON PULSENSE View
  • Get it on Google Play

対応OSはこちらをご確認ください。

スマートフォン用アプリケーション PULSENSE View

アプリのダウンロードサイトは、Apple Inc.およびGoogle Inc.のページです。
(注) スマートフォンご利用の場合は、Bluetooth®無線接続によりご利用いただけます。
(注) ダウンロードについて「PULSENSE View」はApp Store、Google Playから無料でダウンロードできます。
App Store、Google Playへ接続する際の通信料はお客様の負担となります。
(注) 「PULSENSE View」は、インターネットを経由してPULSENSEクラウドサービスとの通信を行います。
PULSENSEクラウドサービスに接続する際の通信料はお客様の負担となります。
■パソコン
EPSON PULSENSE View
  • Webアプリ
  • ダウンロード
  • Webアプリケーション PULSENSE View
  • PS Uploader
(注) パソコンでご利用の場合はUSB有線接続によりご利用いただけます。
(注) パソコンから計測データをアップロードするには、「PS Uploader」のダウンロードが必要です。
(注) 「PS Uploader」はインターネットを経由してPULSENSEクラウドサービスとの通信を行います。
PULSENSEクラウドサービスに接続する際の通信料はお客様の負担となります。

製品ラインアップ