<Exercise>あなただけのパーソナルトレーナー

トレーニングの目的によって最適な心拍ゾーンは異なります。PULSENSEは常に脈拍を計測し、心拍ゾーンを手元で確認できるので、自身の状態を把握して、トレーニングのコントロールに役立てることができます。

普段の活動をトレーニングに、トレーニングをより効果的に。

腕につけているだけで、LEDライトと振動で運動強度を通知。

PS-100BL/TL/BS/TS

トレーニングの目的によって最適な心拍ゾーンは異なります。心拍ゾーンを把握することで、より効率的なトレーニングが可能となります。
PULSENSEでは自分の目的にあった運動強度を心拍ゾーンに置き換えて設定することができ、ゾーン入出時にLEDライトと振動で通知。自分に合ったエクササイズを安全に行えます。また通勤や移動時などにおいても、心拍ゾーンを意識することで普段の活動もトレーニングに置き換えることに繋がります。

心拍ゾーン表
(注1) 心拍の%は、PULSENSE View にてプロフィールに入力した内容を元に、カルボーネン法で算出しています。
心拍(%)=(心拍数-安静時心拍数)÷(最大心拍数-安静時心拍数)×100
(注2) 心拍「0-40%」時:本体タップにより点滅 心拍「90-100%」時:より早い点滅
(注) 画面はハメコミ合成です

「PULSENSE View」でさらに細かくトレーニング状況を把握

「リアルタイムメーター」で脈拍数と心拍ゾーンをメーターとグラフで分かりやすく表示。
また、スタート / ストップ機能により、指定した時間内の脈拍の推移や消費カロリーの実績がわかります。
運動後は、エクササイズ画面でゾーンごとに活動時間を表示。目的に合った運動ができているか、振り返ることができます。

  • リアルタイムメーター
  • エクササイズメーター
関連コンテンツ

心拍トレーニングとは

目的に合った心拍ゾーンで効率的なトレーニングを。心拍トレーニングの種類や効果をご紹介します。

(注) ご利用時の推奨運動:ウォーキング、ランニング、トレッドミル、サイクリング(上り坂等の高強度のものを除く)
手や腕を激しく動かす、手首をスナップさせる、物を強く掴み動かす、腕を上下に動かす運動では、脈拍が取れにくい場合があります。