EPSON


印刷速度およびコスト測定データ
(2016年1月12日現在)
■印刷スピード測定条件

画像データA
デジカメ画像のL判写真
印刷スピード測定用
L判写真
パソコン接続時の測定条件
PC環境 EP-10VA、EP-978A3、EP-977A3、EP-808AW/AB/AR、EP-807AW/AB/AR、EP-708A、PX-048A、EP-306、PF-70、EP-4004、E-850、PF-71、PF-81 WindowsVista、Core™ 2Duo3GHz、RAM2.0GB、I/F Hi-Speed USB
PX-045A WindowsVista、Core™ 2Duo3GHz、RAM2.0GB、I/F USB
SC-PX3V、SC-PX5VII、SC-PX7VII Windows Vista Home Premium、Core™ 2 Duo、3GHz、RAM 2GB、I/F Hi-Speed USB
使用ソフト E-Photo
(PX-G930はEPSONEasyPhotoPrint、
SC-PX3V/SC-PX5VIIはAdobe Photoshop CS3)
用紙 写真用紙〈光沢〉L判、画像データA(500万画素相当)
測定環境
(ダイレクト
プリント時)
設定
デフォルト設定
(注)デフォルト設定はプリンタードライバーの「標準」モードです。但し、SC-PX3Vは「高精細」、SC-PX5VII/PX-G930は「きれい」、SC-PX7VIIは「標準」モードです。


画像データB
日本規格協会SCIDサンプル「自転車」
A4/A3データ印刷スピード測定用
A4/A3/A3ノビ/A2写真
パソコン接続時の測定条件
PC環境 EP-10VA、EP-978A3、EP-977A3、EP-808AW/AB/AR、EP-807AW/AB/AR、EP-708A、PX-048A、EP-306、EP-4004、E-850、PF-71、PF-81 WindowsVista、Core™ 2Duo3GHz、RAM2.0GB、I/F Hi-Speed USB
PX-045A WindowsVista、Core™ 2Duo3GHz、RAM2.0GB、I/F USB
SC-PX3V、SC-PX5VII、SC-PX7VII Windows Vista Home Premium、Core™ 2 Duo、3GHz、RAM 2GB、I/F Hi-Speed USB
PX-G930 Windows XP、Pentium4 2GHz、RAM 256MB、I/F Hi-Speed USB
使用ソフト Adobe PhotoshopCS3
(PX-G930はAdobe Photoshop7.0J)
用紙 写真用紙〈光沢〉A4/A3/A3ノビ/A2、画像データB
(注)デフォルト設定はプリンタードライバーの「標準」モードです。
ただし、SC-PX3Vは「高精細」、SC-PX5VII/PX-G930は「きれい」、SC-PX7VIIは「標準」モードです。

(注)一部はエプソン自社基準測定値(使用環境・方法により異なります)
(注)印刷スピードは給紙から排紙まで。
(注)お客様がお使いのパソコン/アプリケーション/印刷データなどによってパフォーマンスが変わることがございます。エプソンは測定に公正を期しております。

■インク・用紙合計コスト

「家庭用インクジェットプリンタの印刷コスト表示に関するガイドライン」に準拠し計測

使用用紙 写真用紙<光沢>L判500枚入り2,143円
使用インク EP-10VA用 6色各810円
EP-978A3、EP-808AW/AB/AR、EP-708A用、EP-707A用 6色(増量)各1,260円
6色各680円
PX-437A、PX-045A用 4色各990円
EP-4004用 6色各1,050円
PX-048A用 4色各1,030円
EP-306用 6色(増量)各990円
6色各620円
PF-81、PF-71用 4色一体型4,000円
PX-G930用 8色各1,050円
(グロスオプティマイザは530円)
SC-PX7VII用 9色(8色各1,315円)
(グロスオプティマイザ639円)
SC-PX5VII用 9色各2,315円
SC-PX3V用 8色各4,505円
使用アプリ E-Photo
(PX-G930はEasy Photo Print)

・消耗品価格については、2016年3月1日時点のエプソンダイレクトショップ掲載価格(税別)を元に算出。また、エプソンダイレクトショップ掲載価格は印刷コスト算出のための参考価格として引用、表示しました。
・印刷コスト算出方法は、JEITA(社団法人電子情報技術産業協会)作成発行の「家庭用IJプリンタの印刷コスト表示に関するガイドライン」に準拠。


■L判写真コスト

写真イールドチャート ISO/IEC29103
写真イールドチャート


・印刷コスト算出方法は、JEITA(社団法人電子情報技術産業協会)作成発行の「家庭用IJプリンタの印刷コスト表示に関するガイドライン」に準拠。
(注)写真画像のイールド枚数(各色での印刷可能枚数)算定については、国際標準規格であるISO/IEC29102(測定方法)、ISO/IEC29103(測定画像)に準拠し、初期セットアップに使用したカートリッジでなく2回目以降装着したカートリッジを使用して算出。
(注)使用アプリ:E-Photo(PX-G930はEasy Photo Print)
(注)インクジェットプリンターのイールド枚数(各色での印刷可能枚数)は、印刷モード、印刷原稿、印刷間隔、印刷環境(システムあるいは周囲環境)、ユーザーメンテナンスの種類や頻度、寿命の考え方など、各種要因により変動します。
(注)ヘッドの保護及び印刷品質を保つため、電源投入時並びに印刷中に定期的に各色インクは消費される場合があります。
(注)プリンターを初めてご使用される際、プリンターを印刷可能な状態にするためにもインクが消費されます。
(注)2006年8月に制定された「家庭用IJプリンタの印刷コスト表示に関するガイドライン」の第二版が2011年12月に制定されました。これを受け、2012年8月以降発売する家庭用インクジェットプリンターで、写真印刷コスト表記を行う際には、JBMS-77-2006(測定方法)およびJBMS-78-2006(測定画像)ではなく、国際標準規格のISO/IEC29102、ISO/IEC29103に準拠して計測し、表示しています。そのため、2012年7月以前にカタログ、ホームページなどに表示しておりました印刷コストとは、印刷原稿を始めとした計測方法が異なります。
髢峨§繧