各機種の主な仕様

EB-710UT EB-696UT EB-695WT EB-685WT
明るさ[?] 4,000lm 3,800lm 3,500lm
解像度[?] WUXGA
(1920×1200)
WXGA
(1280×800)
光源 レーザー
(ランプ交換不要)
ランプ
便利な機能 高速起動モード -
指でタッチ操作(注6) -
湾曲補正(注6) 湾曲補正
価格 オープンプライス
エプソンダイレクトショップ
販売価格(税別)
378,000円 278,000円 248,000円 208,000円
(注) エプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)の販売価格(税別)は2017年9月26日現在のものであり、各販売店での販売価格を拘束するものではありません。各販売店における販売価格は、各販売店にお問い合わせください。
(注1) 他の主要方式と比べ。(カラー光束は、プロジェクターの最大明るさモードにてIDMS15.4に従い、第三者機関で測定しています。2015年12月から、2016年11月の間のPMAリサーチデータに基づいて選んだ、3LCD方式のエプソンプロジェクターと1チップDLPプロジェクターの売り上げ上位機種の測定結果に基づく。カラー光束は、使用状況によって異なることがあります)
(注2) 他の主要方式と比べ。(色域は、プロジェクターの最大明るさモードにおけるCIE L*a*b*色空間を、第三者機関で測定しています。2015年12月から、2016年11月の間のPMAリサーチデータに基づいて選んだ、3LCD方式のエプソンプロジェクターと1チップDLPプロジェクターの売り上げ上位機種の測定結果に基づく)

(注3)EB-710UTのみ。

(注4)写真はELPMB46(オプション)を使用した設置イメージです。

(注5)EB-685WTにはタッチユニットは付属していません。

(注6)指でタッチ操作と湾曲補正は併用できません。

電子黒板機能説明を動画で見る

(注) 本サービスはYouTube™のサービスを使って提供いたします。
(注) 映像はEB-696UTです。

使い方ガイド(動画)を見る

1.電子黒板機能
~準備編~

1.電子黒板機能 ~準備編~

動画を見る

2.電子黒板機能
~PCレスで活用編~

2.電子黒板機能 ~PCレスで活用編~

動画を見る

3.電子黒板機能
~デジタル教材活用編~

3.電子黒板機能 ~デジタル教材活用編~

動画を見る

4.電子黒板機能
~iOS/Andoroid™端末活用編~

4.電子黒板機能 ~iOS/Andoroid™端末活用編~

動画を見る

4.電子黒板機能
~Windows®/Mac OS端末活用編~

4.電子黒板機能 ~Windows®/Mac OS端末活用編~

動画を見る
(注) 本サービスはYouTube™のサービスを使って提供いたします。

おすすめリンク

会議や研修の効率化を実現! インタラクティブ機能付き プロジェクター導入事例

インタラクティブ機能搭載プロジェクターを体感できる!体感デモコーナー受付 詳しくはこちら

壁掛け設置について

壁掛け金具を取り付ける壁面は十分な強度が必要です。木造構造等、補強が必要な場合があります。また、超短焦点という特性上、設置した壁に振動が発生した場合、投写画面の揺れが大きく感じる場合があります。詳しくはエプソンサービスコールセンターまでお気軽にご相談下さい。

設置工事の詳細はこちら

(注) お客様の環境により設置できない場合があります。

設置環境について

プロジェクター本体や投写画面に太陽光などの強い光が当たる環境では、インタラクティブ機能が正しく動作しないことがあります。

環境ラベル

  • グリーン購入法適合品

EB-710UT/EB-696UT/EB-695WT/EB-685WTをさらに使いやすくするオプション

  • 壁掛け金具 フットスペースゼロの壁掛けを可能に ELPMB46 標準価格(税別) 30,000円
  • インタフェースボックス 複数の機器との簡単接続と手元の操作を実現 ELPCB02 オープンプライス
  • 書画カメラ(実物投映機) 軽量で持ち運びにも便利なポータブル書画カメラ ELPDC07 オープンプライス

EB-710UT/EB-696UT/EB-695WT/EB-685WTページに記載の商標について

(注)Mac OSは、Apple Incの商標です。

(注)IOSは、米国およびその他の国におけるCisco Systems, Inc. の商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されます。

(注)Windowsは、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。

(注)MHLおよびMHLロゴはMHL, LLCの商標または登録商標です。

(注)HDMI、HDMIロゴ、High-Definition Multimedia Interfaceは、米国およびその他の国々における、HDMI Licensing, LLC.の商標または登録商標です。

(注)Android、YouTubeは、Google Inc. の登録商標です。

レーザー光源機器使用上の注意事項

本機は、レーザー国際規格 IEC60825-1に適合したクラス1レーザー製品です。誤った取り扱いをすると、人が傷害を負う可能性があります。次のことに注意してください。
本機に異常が発生した場合は、すぐに電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いて、お買い上げの販売店、またはエプソンサービスコールセンターにご相談ください。そのまま使用を続けると、感電や火災の原因だけでなく、視力障害の原因にもなります。

・本機の分解・改造は絶対にしないでください。プロジェクター内部には高出力レーザー製品が組み込まれています。重大なけがの原因となります。

・投写中にビームをのぞき込まないでください。また、光学機器(ルーペや望遠鏡など)を使用してレンズをのぞかないでください。視力障害の原因となります。

・本機から離れた場所からリモコンで電源を入れる場合、レンズをのぞいている人がいないことを確認してください。

・小さなお子様には操作させないでください。操作する可能性がある場合は、必ず保護者が同伴してください。

・投写映像に対して、ルーペや反射鏡などの光学機器を当てないでください。そのまま使用し続けると、人体に悪影響を与える可能性があります。また、火災・事故の原因となることがあります。

・投写映像を反射するものが周囲にないことを、投写前に確認してください。

・本機を廃棄する場合は分解しないでください。国や地域の法律や条例に従って廃棄してください。