マイナンバー対応

「マイナンバー制度」に対応。
マイナンバー対応は日本税理士会連合会の「マイナンバー対応ガイドブック」に準拠しています。

1.マイナンバーデータの一元管理と暗号化

個人番号は、マイナンバー専用のデータベースで暗号化して管理されます。会社データとは別に管理されます。

2.マイナンバーのセキュリティ

従業員の登録などの個人番号を使用する処理では、マイナンバーパスワードの入力が必要です。
ユーザー管理を行っている場合は、マイナンバー専用のアクセス権限(マイナンバー取扱権限)を設定できます。

3.マイナンバーデータの操作ログ

従業員の登録などの個人番号を使用する処理では、マイナンバーパスワードの入力が必要です。
ユーザー管理を行っている場合は、マイナンバー専用のアクセス権限(マイナンバー取扱権限)を設定できます。

4.マイナンバーのバックアップ・リストア

マイナンバーデーターベースは、暗号化してバックアップします。

5.マイナンバーの廃棄

Eiボードにて、アプリケーションの種類と関与終了日、最終使用日を指定して廃棄対象の個人番号を廃棄できます。「個人番号廃棄証明書」が印刷できます。