ニュースリリース
2018年4月9日
セイコーエプソン株式会社

プリンター3種とプロジェクターが国際的デザイン賞「2018年レッド・ドット賞:プロダクトデザイン」を受賞


ET-4750


EB-1795F

セイコーエプソン株式会社(社長:碓井 稔、以下エプソン)が海外で販売しているプリンターとプロジェクターが、世界的に著名なデザイン賞「Red Dot Award: Product Design 2018(2018年レッド・ドット賞:プロダクトデザイン)」を受賞しました。

<受賞デザイン>

  • インクジェット複合機「XP-8500/6000」
  • インクジェット複合機「WF-3720/4720/4730/4740」
  • 大容量インクタンク搭載インクジェット複合機「ET-2700/2750/3700/3750/4750」
  • モバイルプロジェクター「EB-1795F」

ドイツのノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンターが主催するこの賞は、1955年に創設されたもので、デザイン分野で最も権威ある賞の一つとして国際的に認知されています。過去2年以内に発表された商品を対象に、革新性、機能性、人間工学、エコロジー、耐久性など9つの基準から卓越したデザインが選出されており、今年は59の国・地域からエントリーがありました。エプソンの商品が受賞するのは昨年に続き2回目です。

また受賞デザインのうち、「WF-3720/4720/4730/4740」は、「iF Design Award 2018」も受賞しています。その際のニュースリリースはこちらをご覧ください。

www.epson.jp/osirase/2018/180202.htm

プリンティングソリューションズ事業部 Pデザイン部長 川原学のコメントは、以下のとおりです。

「エプソンでは、常にお客様の期待を超える商品のデザインを心掛けています。エプソンはこのコンセプトに基づき、今後もお客様の生活や仕事に貢献する商品づくりを行ってまいります。」

参考

■レッド・ドット賞公式ウェブサイト(英語)

en.red-dot.org/red-dot-design-award-home.html

以上

記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに生産、販売を終了する場合や、価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。